岩井志麻子の若い頃の活躍や整形前の昔の顔がヤバイ!?旦那と再婚後の自宅ライフもヤバイ!?

作家として様々な作品を発表しているのが岩井志麻子さんですよね。

岩井さんのホラー小説は日本で大ヒットしました。

そんな岩井さんなのですが、若い頃の活躍や整形前の昔の顔が話題になっているそうです。

さらに、岩井さんと旦那さんの再婚後の自宅ライフにも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:岩井 志麻子(いわい しまこ)
本名:岩井 志麻子(いわい しまこ)
生年月日:1964年12月5日(53歳)
出身地:岡山県
身長:160cm
血液型:A型
所属:ホリプロ

・1986年:「夢みるうさぎとポリスボーイ」で作家デビューする。
・1988年:一般男性と結婚する。
・1999年:「ぼっけぇきょうてぇ」を発表する。離婚する。
・2000年:「スーパーJチャンネル」に出演する。
・2005年:「5時に夢中」に出演する。
・2008年:韓国人男性と結婚する。

岩井志麻子の若い頃の活躍や整形前の昔の顔がヤバイ!?

作家、タレントとして活動しているのが岩井志麻子さんですよね。

岩井さんはTOKYO MXの番組でコスプレなどを披露して話題になっています。

そんな岩井さんなのですが、岩井さんの若い頃の活躍や整形前の昔の顔が話題になっているそうです。

では、岩井さんの若い頃の活躍や整形前の昔の顔とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、岩井さんは若い頃から作家として活動しているのですが、整形をしたので以前と顔が違うとも言われているそうです。

岩井さんは高校生の頃に「第3回小説ジュニア短編小説新人賞」に佳作入選をしていて、そこから作家デビューしたのだとか。

岩井さんの作家デビューは1986年で、デビュー作は「夢みるウサギとポリスボーイ」という作品なのだそうです。

20代前半ながらも作家としてデビューするのは凄いですよね。

ちなみに、この時の岩井さんは「竹内志麻子」という名前で小説を書いていて、他にも1987年に「そこで、そのまま恋をして」、1988年の「青い月の恋人たち」、「人魚たちの子守唄」などの作品を発表していたのだそうです。

若い頃の岩井さんはこのように毎年、小説を発表して大活躍していたそうなのですが、この頃の作品は今で言うライトノベルのような作品を執筆していたのだとか。

しかし、プロの作家として活動していたものの、岩井さんからしてみるとあまり売れなかったと感じていたのだそうです。

そうしたこともあってか、この竹内志麻子時代のことは現在はタブー扱いとなっていて、テレビなどで話されることはほとんどないのだとか。

なので、岩井さんにしてみると当時のことは封印したい過去なのだそうです。

ただ、そんな岩井さんは1999年に岩井志麻子という名前で「ぼっけぇ、きょうてぇ」というホラー小説を発表し、これが大ヒットをしたのだとか。

なので、それ以降は「岡山女」や「夜啼きの森」などを発表して、ホラー小説家として大活躍するようになったのだそうです。

さらに、岩井さんはホラー小説家となってからは徐々にテレビにも出演するようになり、その過激なキャラなども人気になったのだとか。

こうしたことから岩井さんは若い頃からデビューしていたものの、2000年代以降に小説家として大ブレイクをしたと言えそうです。

スポンサーリンク


また、そんな岩井さんなのですが、現在は整形をしていて昔と顔が違うとも言われているのだとか。

下の画像が昔の岩井さんになるのですが、現在とはかなり印象が違うと言われているのだそうです。

特に岩井さんは以前と比べて目がぱっちりとしたと言われているのだとか。

確かに、今の画像を見ると、印象が違いますよね。

なので、岩井さんは目を整形で二重にしたと言われていて、他にも目頭切開を行ったとも噂されているそうです。

ちなみに、目頭切開は25万円、二重に整形するのは25万円ほどかかるのですが、岩井さんの若い頃の活躍や整形前の昔の顔がヤバイですよね。

しかし、岩井さんの顔の整形についてはあくまで噂と言われていて、昔から顔が変わっていないとも言われているそうです。

ただ、以前からよく岩井さんはテレビに出ているので、どうしても以前と目が違う風に見えるので整形をしている可能性は高そうなのだとか。

スポンサーリンク


また、この他にも岩井さんは女性器の感度を上げる「G-shot」という手術も受けているのだそうです。

岩井さんは性についても貪欲であることを公言しているのですが、医師の本田昌毅さんと対談したことがきっかけで「G-shot」という女性器の手術をしてもらったのだとか。

確かに、岩井さんは普段から

「瀬戸内海産のでっかい黒あわびをいつも持ち歩いていますけどね!」

と公言したりしていて下ネタも得意ですよね。

また、この他にも

「やれない美人よりやれるブス」

などの名言などを残しているのですが、セックスに関することなども積極的に発言しているので、よりよいセックスをするために女性器も手術をしたと言えそうです。

このようにいろいろオープンに発言している岩井さんなのですが、今後も性に関する発言などは注目されていきそうですね。

スポンサーリンク


岩井志麻子と旦那の再婚後の自宅ライフもヤバイ!?

岩井志麻子さんは結婚、離婚したことも話題になっていましたよね。

現在は再婚をしているのですが、そんな岩井さんと旦那さんの再婚後の自宅ライフについて注目が集まっているそうです。

では、岩井さんと旦那さんの再婚後の自宅ライフとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、岩井さんは一般男性と結婚して離婚し、その後18歳年下の男性と再婚して一緒に暮らしているのだそうです。

まず、岩井さんは1988年に岡山県の企業に勤める一般人と結婚して、息子さんと娘さんの二人のお子さんを出産しているのだとか。

しかし、1999年に離婚しているのだそうです。

その際、二人のお子さんは旦那さんが引き取り、岩井さんは小説がヒットしたこともあって離婚後にそのまま上京したのだとか。

ちなみに、岩井さんの息子さんと娘さんについてなのですが、息子さんが役者を目指していて、現在は岩井さんと東京で暮らしていると言われているそうです。

ただ、娘さんはタレントとして下ネタや過激な発言を多くする岩井さんに対して口もきいてくれない状態なのだとか。

なので、娘さんとの関係はあまりよくないようですね。

そしてその後は、岩井さんは小説家、タレントとして活躍するようになったのですが、2008年に18歳年下の韓国人の男性と再婚したことを発表したのだそうです。

岩井さんの旦那さんはソウルのカラオケボックスで働いていたジョン・ウォンさんで、ジョンさんのお母さんと岩井さんは同じ年なのだとか。

岩井さんとジョンさんはかなり年齢差があるのですが、美人作家とも言われている岩井さんなので、ジョンさんも年齢差は気にならなかったのかもしれません。

そして、結婚後にジョンさんも日本に来て一緒に暮らしているそうなのですが、ジョンさんは日本に来たものの、仕事をせずにヒモ状態だったのだそうです。

スポンサーリンク


さらに、そんなジョンさんは浮気もかなりしていたのだとか。

なので、岩井さんとジョンさんの結婚生活はかなり特殊なもので、夫婦ながらも二人の関係はかなり変わった関係だとして話題なのだそうです。

また、そんなジョンさんは、他にもお金持ちで独身だと身分を偽って韓国人女性と結婚しようともしていたのだとか。

さらに、ジョンさんは韓国に帰国し、そのまま失踪してしまったこともあるのだそうです。

岩井さんはジョンさんの行方が一切わからなかったことから、殺されてしまったのじゃないかと思って警察に失踪届を出したこともあるそうなのですが、岩井さんと旦那さんの再婚後の自宅ライフもヤバイですよね。

しかし、そんな岩井さんなのですが、ジョンさんが家に帰らなかった時には韓国で出会った男性を愛人にしていたこともあるそうです。

なので、ジョンさんに負けずと岩井さん自身もかなり奔放な生活をしていたようですね。

スポンサーリンク


また、そんな岩井さんの自宅についてなのですが、現在は新宿歌舞伎町にあるマンションに住んでいるのだとか。

このマンションは築16年の2LDKで購入時の値段は6500万円だったのだそうです。

ちなみに、住んでいる物件について、岩井さんは岩井さん自身が長年住んでいることからそれだけで事故物件と言い、あまり高値はつかないと思っていたそうなのですが、不動産鑑定士によると5300万円という査定額が提示されたのだとか。

なので、予想以上の高値に岩井さんも驚いていたそうです。

また、岩井さんの年収についてはっきりとしないのですが、こうした高額なマンションを購入し、作家、タレントとして活躍しているので1000万円以上の年収があると言えそうなのだとか。

もしかすると、岩井さんの年収は数千万円という可能性もあるのですが、いつか岩井さんが年収を明かすことがあるかもしれませんね。

20代の頃から小説家として活躍し、整形をして顔が変わったと言われて話題になった岩井さんなのですが、18歳年下の韓国人の旦那さんが浮気をしたり失踪したりしてその自宅ライフも注目されていて、今後もそんな岩井さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ