元谷芙美子の若い頃のブサイク顔画像や昔の経歴がヤバイ!?帽子にこだわる驚きの理由とは!?

アパホテルの顔とも言えるのが社長である元谷芙美子さんですよね。

全国のアパホテルに元谷さんの大きな顔の看板があることでも有名です。

そんな元谷さんなのですが、若い頃のブサイク顔や昔の経歴が話題になっているそうです。

さらに、元谷さんが帽子にこだわる理由にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:元谷 芙美子(もとや ふみこ)
本名:元谷 芙美子(もとや ふみこ)
生年月日:1947年7月8日(70歳)
出身地:福井県
身長:不明
血液型:不明
所属:アパホテル株式会社

・1970年:元谷外志雄と結婚する。
・1971年:信金開発株式会社の取締役に就任する。
・1994年:アパホテル株式会社取締役社長に就任する。
・2001年:法政大学に入学する。
・2017年:「強運 ピンチをチャンスに変える実践法」を出版する。

元谷芙美子(アパホテル社長)の若い頃のブサイク顔画像や昔の経歴がヤバイ!?

元谷芙美子さんはアパホテルの社長として長年、活躍していますよね。

カラフルな帽子をかぶった元谷さんの姿は多くの人に知られています。

そんな元谷さんなのですが、若い頃のブサイク顔や昔の経歴が話題になっているそうです。

では、元谷さんの若い頃の顔や昔の経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、元谷さんは若い頃、銀行に勤めていて、そこからホテルの経営者になったのだそうです。

まず、元谷さんは福井県の出身で実家は福井にあり、1947年生まれで2018年に71歳になるのだそうです。

元谷さんの血液型や身長など細かなプロフィールは公開されていないそうなのですが、2018年に71歳になるものの年齢を感じさせないほど若く見えますよね。

また、そんな元谷さんは福井県にある藤島高校からお茶の水女子大学に進学していろいろな学問を学んでいたのだそうです。

ちなみに、藤島高校の偏差値は68で、お茶の水女子大学の偏差値は57~65だそうなのですが、元谷さんは学歴もかなり高いのだとか。

そして、そんな元谷さんの職歴についてなのですが、元谷さんは大学卒業後に福井信用金庫に就職したのだそうです。

元谷さんは元々、教員になりたかったそうなのですが、父親が病気で倒れたことなどもあって銀行に就職したのだとか。

スポンサーリンク


そして、下の画像が若い頃の元谷さんになるそうなのですが、当時からブサイク感はあまり変わらない感じがしますよね。

現在の元谷さんはアパホテルの広告塔にもなっているので、様々なところに看板があって元谷さんの顔を見かけるのですが、ブサイクと言われても一切耳を貸さないようにしていて、我が道を行くというスタイルを貫いているそうです。

元谷さんのアパホテルの看板については賛否両論があるのですが、元谷さんのブサイク感全開の看板のインパクトが大きいので、アパホテルの宣伝としては大成功をしているとも言われているそうなのですが、こうしたところはさすがですよね。

また、そんな元谷さんは元谷外志雄さんと結婚して信金開発株式会社取締役となり、1994年にアパホテル株式会社社長に就任したのだとか。

なので、それ以降は社長として活動しているのですが、そうした社長業を行いながら2001年に法政大学人間環境学部に入学し、早稲田大学大学院公共経営研究科にも入学して卒業しているのだそうです。

なので、大人になってからも大学で学んでいるそうなのですが、元谷さんの若い頃の顔や昔の経歴がヤバイですよね。

スポンサーリンク


そして、そんな元谷さんはアパホテル社長ということで大きく注目されていることもあってか、韓国人ということなども噂されているそうです。

ただ、これについてはあくまで噂で元谷さんは実際には日本人だと言われているのだとか。

また、元谷さんは統一教会などの宗教とも関係していると言われているそうです。

ただ、これについても実際にどこまで関係しているかはわかっておらず、あくまで噂に過ぎないのだとか。

アパホテルの社長として様々な人に会うことから多くの人と関係を持っていて、そうしたこともから宗教関係の人とも交流を持っているのかもしれません。

人気ホテルの社長ということで様々な噂が出てしまうようなのですが、今後もそんな元谷さんは大きく注目されていきそうですね。

スポンサーリンク


元谷芙美子が帽子にこだわる驚きの理由とは!?

元谷芙美子さんはアパホテルの社長として有名ですよね。

元谷さんの派手な洋服と帽子がトレードマークなのですが、そんな元谷さんが帽子にこだわる理由について注目が集まっているそうです。

では、元谷さんが帽子にこだわる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、元谷さんは帽子をかぶることによって社長としての自分をプロデュースしていて、強いこだわりがあるのだそうです。

元谷さんは全国にあるアパホテルの看板やCMなどにも、帽子をかぶってカラフルな洋服を着て出演していますよね。

アパホテルと言えば元谷さんの帽子をかぶった姿を思い出す人も多いのですが、元谷さんはアパホテルの社長に就任した時から帽子をかぶるようになり、それ以降は帽子がトレードマークになっているのだそうです。

元谷さんにとって帽子とは「威厳や知性を演出する元」で、なくてはならないものだそうなのですが、元谷さんが帽子をかぶるのはファッションということの他にもしっかりとした理由があって帽子をかぶっているのだとか。

社長ということもあって帽子を使って上手く自分をプロデュースしているとも言えそうなのですが、元谷さんが帽子にこだわる驚きの理由ですよね。

元谷さんが所有する帽子の数ははっきりとわからないほど多いそうなのですが、一度に一年間分の30個ほどの帽子を購入しているそうです。

スポンサーリンク


なので、かなりの数の帽子を所有しているようなのですが、元谷さんは普通の帽子の他にも花のついた帽子などデザイン的にも様々なものを所有しているようですね。

元谷さんがかぶっている帽子の値段についてもはっきりとはわからないそうなのですが、かなり高額なものなのは間違いなさそうです。

このように元谷さんにとって帽子というのはなくてはならないものとなっていそうですが、元谷さんの帽子には様々な意味が込められているということで、今後も元谷さんと帽子の関係には大きな注目が集まっていきそうですね。

福井県の出身でお茶の水女子大学を卒業して銀行に就職していたことがあるなど昔の経歴などが話題になった元谷さんなのですが、トレードマークとなっている帽子には様々なこだわりがあるということでも注目されていて、今後もそんな元谷さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・元谷芙美子(アパホテル社長)の旦那の正体や息子と自宅がヤバイ!?水やカレーなど副業の驚きの実態とは!?

このページの先頭へ