小泉孝太郎の彼女とCHIEが霊視した相手がヤバイ!?母との衝撃エピソードとは!?

画像1小泉純一郎元首相の息子であることでも知られる小泉孝太郎さん。

爽やかで見るからに育ちの良さそうなルックスを武器に、ドラマやバラエティでも活躍していますよね。

ただ、そんな孝太郎さんをスピリチュアルタレントのCHIEさんが霊視したところ、驚きの結果になったのだとか。

また、孝太郎さんとお母さんの衝撃のエピソードとはいったい何なのでしょう?

ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう)
生年月日:1978年7月10日(37歳)
出身地:神奈川県
身長:177cm
血液型:AB型
所属:イザワオフィス

2000年:「21世紀の石原裕次郎を捜せ」オーディションに落選するが父親が内閣総理大臣になり話題に。その話題性で芸能事務所が動きイザワオフィスと契約、すぐにCM契約が決まる。
2002年:ドラマ『初体験(フジテレビ)』でドラマデビュー。
2012年:オーディオブック『鈍感力』発売。
2013年:ドラマ『杉村三郎シリーズ(TBS)』で連続ドラマ初主演。

小泉孝太郎の彼女とCHIEが霊視した相手がヤバイ!?

「21世紀の石原裕次郎を捜せ」オーディションに落選したものの、総理大臣だった小泉純一郎元首相の息子がイケメンらしいという話題性で所属事務所が決まり、本格的に俳優としての道を歩き出したという小泉孝太郎さん。

このように、孝太郎さんはいっそ清々しいくらいの親の七光りデビューだったようですね。

画像2

ただ、スタートは親の七光りでも、にじみ出る育ちの良さや爽やかさが女性に受け、また出演作品に恵まれていたこともあり、徐々に俳優としての人気と地位を確立することができたみたいです。

その他、バラエティにも積極的に出演していることもあり、政治一家に生まれながら親しみやすいと好感度も抜群のようですね。

そんな爽やかキャラで女性にもモテるのだろう孝太郎さんですが、何度か彼女らしき人と一緒のところを写真に撮られはしても、はっきりとした女性関係は表に出てこなかったとか。

ただ、2013年に放送された深夜バラエティ「おしかけスピリチュアル」で、スピリチュアルタレントのCHIEさんが、孝太郎さんの彼女や将来の結婚相手を霊視し話題になったようですね。

画像3

ちなみに、CHIEさんといえば、オーラや霊が見えるスピリチュアル女子大生として一時話題になった方のようです。

なんと、オーラの色や守護霊が見えて、その人の性格や未来を霊視してしまえるそうですね。

そんなCHIEさんが、孝太郎さんの結婚相手と霊視した方は、

「すでに出会っている人で、クールビューティ。

目鼻立ちがしっかりしているけど派手ではない」

という20代の女性で、結婚はすぐだと言われていたとか。

そして孝太郎さんには思い当たる人がいたらしく、撮影終了後にはCHIEさんと2人になり、本気で確認をしていたとか。

また、CHIEさんがお相手のイラストを描くことを断ったそうで、孝太郎さんが思い当たりがある人というのは芸能人ではないか?と噂になったようです。

とはいえ、小泉家は結婚相手にはシビアで家柄などを重要視しされているようですから、そんな小泉家に嫁ぐ方は大変かもしれませんね。

ただ、CHIEさんに「結婚はすぐ」と言われたものの、こちらの番組が放送されたのは2013年のため、もうそろそろタイムリミットが近付いているような気がします。

孝太郎さんがいつ、どんな方と結婚されるのかは分かりませんが、そのときはCHIEさんの霊視結果と合わせて注目したいですね!

スポンサーリンク

小泉孝太郎と母との衝撃エピソードとは!?

小泉孝太郎さんの父親が、小泉純一郎元首相であることは有名ですが、母親のことはあまり聞かれないようですね。

どうも、孝太郎さんの母親は宮本佳代子さんと言って、エスエス製薬創始者の孫娘に当たる方なのだとか。

画像4

なんでも、かなりのお嬢様のようで、現在は鎌倉で暮らしているらしいです。

ちなみに、純一郎さんと佳代子さんは1978年に結婚し、孝太郎さんが4歳だった1983年に離婚したのだとか。

また、孝太郎さんには政界に進んだ進次郎さんという弟がいることは知られていますが、実はもう1人佳長さんという小泉家の3男に当たる方がいるようです。

ただ、純一郎さんと佳代子さんが離婚したとき佳長さんはまだお腹の中だったらしく、小泉家は親権を巡って裁判をしたものの結局佳代子さんが佳長さんだけ引き取ったのだとか。

その後、純一郎さんと佳代子さんが絶縁状態になってしまったため、孝太郎さんはずっと母親に会うことができなかったそうです。

まだ幼い孝太郎さんや進次郎さんが母親と会えなくなってしまうなんて、よほど離婚のときに揉めたのでしょうか…。

どうも、離婚の理由は明らかにされていないようですが、純一郎さんの母親や姉と折り合いが悪かったのではないかと言われているようですね。

なんでも、幼かった進次郎さんは、佳代子さんが家を出るときに泣きながら後を追いかけたそうで、お兄さんであった孝太郎さんは唇を噛んで堪えていたのだとか。

画像5

なんだか、今にもドラマになりそうなドロドロした愛憎劇が繰り広げられそうな気がします。

しかし、孝太郎さんが尊敬する人が「父親」であり、進次郎さんも父の跡を継ぐ形で政界入りするあたり、親子関係は決して悪くはなさそうですよね。

また、2人からにじみ出る育ちのよさからも、愛情を受けて育ったことは間違いないように思えます。

その後、純一郎さんは政界を引退し、政治と家を進次郎さんに後継したそうですが、なんとその際、三男の佳長さんに触れ息子達の再会を促したのだとか。

そして、孝太郎さんと進次郎さんは、25歳になった弟の佳長さんと初めて顔を合わせることになったのだそうです。

しかも、最終的に父親の純一郎さんを含めた4人で食事をすることになったそうですから、親子の縁とは不思議なものですよね。

その上、2013年11月の佳長さんの結婚式では、とうとう母の佳代子さんも揃い、30年ぶりの家族再会となったのだとか。

画像6

あの爽やかさからは想像もできないような複雑な家庭環境ですが、孝太郎さんも進次郎さんも、ひねくれた感じがしないことがすごいですよね。

ただ、孝太郎さんには、このような複雑な家庭でなく、いわゆる普通の家庭を築いて幸せになってほしいような気もします。

もしかしたら、もうすぐ孝太郎さんは結婚されるかもしれませんし、俳優としてますますの活躍を期待したいですね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ