染谷将太が子役時代に出演した相棒での演技がヤバイ!?菊地凛子との驚きの年の差とは!?

画像123歳で映画やドラマなど120本以上の作品に出演している染谷将太さん。

どことなく眠そうな「非・目力系男子」でありながら、独特の存在感を放ち、その確かな演技力は国内外で高く評価されています。

そんな染谷さんですが、実はすでに子役の頃からズバ抜けた演技力を発揮していました。

また、年上の奥様、菊地凛子さんとの仲はうまくいっているのでしょうか?

そこで、ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:染谷将太(そめたに しょうた)
生年月日:1992年9月3日(23歳)
出身:東京都
身長:172 cm
体重:54 kg
血液型:A型
デビュー:2001年
事務所:トイズファクトリー

2001年:9歳の時に『STACY』で映画初出演。
2002年:映画『ピンポン』に出演。
2007年:映画『14歳』に出演。
2009年:映画『パンドラの匣』で長編映画初主演。
2011年:映画『ヒミズ』で主演しヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)受賞。
2012年:映画『悪の教典』に出演し、『ヒミズ』とともに日本アカデミー賞新人俳優賞。
2015年:元日に女優の菊地凛子さんとの結婚を発表。

染谷将太が子役時代に出演した相棒での演技がヤバイ!?

今や、話題作への出演オファーが絶えないイケメン俳優の染谷将太さん。

役者としてのキャリアは7歳の頃から始まりました。

役者になったきっかけは、父親が演技が好きだった事と、友達が子役をしていて自分も興味を持つようになった事だそうです。

ただ、当初の興味は演じる側ではなく映像を作る事全般にあったようですが、出演してみると演じる事が自分に一番合っていると思ったと後に語られています。

そんな幼少期の染谷さんが圧倒的な演技力を世に知らしめた作品がこちら。

画像2

2002年11月6日放送のテレビドラマ『相棒』season1の第5話「目撃者」です。

『相棒』史上最年少の10歳の小学生の犯人を演じていたのですが、染谷さんの当時の年齢も役柄と同じく10歳の頃でした。

そして、「亡き母親と重なる、自分の慕う教師を傷つけた教師を天才的なトリックで殺す少年」というショッキングな役柄で背筋が凍るような演技を見せました。

つまり最初は、実は犯人でありながら目撃者の振りをし、まるで「人生を悟っている」と言わんばかりに人を食ったような態度で大人を見る、頭が良く、可愛げの無い少年で、人を殺した事に対して罪の意識がありませんでした。

しかし、最後に「何人もの人を殺めた」という死刑囚と引き合わされ、やがて少年は自分の犯した過ちの大きさに気付き、まだあどけなさのある10歳の表情になって涙を流します。

画像3

染谷さんは、当時まだ無名の子役であったにもかかわらず、この感情の変化の演じ方が本当に見事で、少年犯罪という難しい題材をテーマにしているという事もあり、相棒の作品の中ではかなりのインパクトを残し、語り継がれる回となりました。

わずか10歳にして、役に入り込む集中力が並外れていたことがわかるエピソードなのですが、若手の中でも演技力に定評のある今の染谷さんの実力がすでにこの頃から発揮されていたようですね。

スポンサーリンク

染谷将太と菊地凛子の驚きの年の差とは!?

俳優として順調にキャリアを積んでいる染谷将太さんですが、2015年元日に女優の菊地凛子さんとの結婚を発表しました。

意外なカップルなように感じた方も多いかもしれませんが、役者という仕事に対してストイックな姿勢で取り組み、出演したいと思った作品には監督に自らアピールする所が2人に共通しており、そんな2人ですから意気投合するのに時間はかからなかったようですね。

画像4

しかし、驚いたのは2人の年の差ではないでしょうか。

菊地さんが1981年生まれですから、2人の年の差はなんと11歳ということになります。

芸能人の年の差夫婦は、もはや当たり前のようになってきましたが、女性のほうが10歳以上年上というケースはあまり聞かないですよね。

また、「年の差婚」は世間ではうまくいかないのではと囁かれる事も多いですが、この2人の場合はどうなのでしょうか?

アメリカのエモリー大学が3000組のカップルを対象に行った調査では、同じ年のカップルの離婚率を0とした場合、1歳差で離婚率は3%多くなり、10歳差では39%も離婚率が上がるそうです。

特に女性がかなり年上の場合、最初は女性を「頼りたい」という気持ちが強い男性が、自分も経験を重ねていくにつれ「自立したい」という気持ちが芽生え、女性のリードが窮屈に感じるようになるケースが多いそうです。

ちょっと昔のケースなら、大澄賢也さんと小柳ルミ子さんの結婚から離婚のパターンもこれに当てはまるかもしれません。

そこで、染谷・菊池夫妻ではというと、どうやら菊地さんは才能のある染谷さんと過ごす事が楽しいようで、時間を見つけては染谷さんの仕事現場に付き添っているようなのです。

なので、菊地さんの方が積極的でちょっと危険な感じがしますよね。

ちなみに、年の差が大きい夫婦の場合はいつも話し合いを重ね、自分が相手の望みに応えお互いに尊敬しあえるように努力する事でいつも良い関係でいられるようです。

しかし、意志が強くしっかり者の染谷さんの事ですから、精神的にはあまり年の差を感じていないのかも知れませんね。

そんな2人ですが、5月7日に染谷さんの公式ホームページで菊地さんが妊娠5ヶ月である事が発表されました。

2015年の結婚報告の際に、染谷さんは「結婚したんですが、些細な幸せを大切に、子供はまだいないのですが、今後は家長として頑張っていこうと思います」とコメントを出されていましたので、お子さんの誕生を望んでいた事がわかります。

画像5

この2人のお子さんなら豊かな才能に恵まれそうですが、パパになった染谷将太さんがどんな演技を見せてくれるのか、今後もますます目が離せませんね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ