サバンナ高橋が嫌いと言われる理由がヤバイ!?生放送でキレられた扇町の悲劇の驚きの真相とは!?

画像①バラエティ番組において、数多く見かけるひな壇芸人の中でも異才を放っているお笑いコンビ、サバンナの高橋茂雄さん。

独特の笑いのセンスと、話題の豊富さから多数のバラエティ番組に出演し、存在感をアピールしていますよね。

そんな高橋さんですが、なんでも一部の人からは嫌われてしまっているようですね。

そして、その理由がとんでもないとのことですが、その真相とは!?

また、生放送中にキレられた扇町の悲劇の驚愕の事実とは!?

そこで、いろいろ気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:高橋 茂雄 (たかはし しげお)
生年月日:1976年1月28日(40歳)
出身地:京都府
血液型:A型
身長:176 cm
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

1994年:立命館大学在学中に学祭にきた千原ジュニアが高橋の漫才を見て、褒めたことが漫才を始めるきっかけとなる。4月に大学の先輩の八木真澄とコンビを結成し、デビューを果たす。
1997年:第18回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞受賞。
2009年:BGO上方笑演芸対象2008年度大賞受賞。

サバンナ高橋が嫌いと言われる理由がヤバイ!?

人気お笑いコンビ、サバンナのボケを担当している高橋茂雄さん。

画像②

バラエティ番組でひな壇芸人として出演し、独特の笑いのセンスで多くの人の笑いを誘っていますよね。

そんな高橋さんですが、実は一部の人から結構嫌われているとの情報があるようですね。

そこで調べてみたところ、その要因というのが自他ともに認めている高橋さんの芸風の

「太鼓持ち」

にあるようです。

太鼓持ちと言うのは、自分より年上や立場が上の存在に対して持ち上げたり、おだてたりと言う行為を頻繁に行うことを指します。

聞くところによると、芸能界というのは上下関係や先輩後輩の関係をかなり重視する場であるため、先輩を立てるという行為はごくごく自然にすべての芸能人が行っているわけですが、高橋さんのは度が過ぎたレベルとまで認識されているようですね。

また、高橋さんの場合、先輩を立てる代わりに後輩には厳しく接しているとの情報もあり、それが原因で嫌われているとの情報もちらほら見受けられます。

例えば、そのエピソードの一つとして、宿泊先のホテルで後輩が用意したコーヒーが、高橋さんの好みのコーヒーではなかったことに激怒して、暴力を振るったとのエピソードがあります。

この他にもいくつかエピソードがありますが、これだけを見るとあまりいい印象は持てないのかもしれません。

そのため、ネット上でも高橋さんの性格の悪さを批判するアンチスレッドが立ち上げられていたり、何かニュースになるたびに批判的なコメントが目立ってしまうようです。

しかし、そんな風に思われがちな高橋さんにも、いいエピソードがあるようで、他の先輩芸人に失礼な態度をとってしまった後輩芸人たちを率先して叱り、先輩芸人の怒りを鎮めるという後輩思いな一面もあるようですね。

なので、悪い噂の方が広まりやすいと聞きますし、実際の高橋さんは噂通りの人柄ではなく、優しい一面も兼ね備えた人なのかもしれません。

スポンサーリンク

サバンナ高橋が生放送でキレられた扇町の悲劇の驚きの真相とは!?

コンビの八木さんとお笑い番組に出演するだけでなく、バラエティ番組でソロとしても活躍をしている高橋茂雄さん。

画像③

そんな高橋さんですが、どうやらとある大御所にキレられた過去があるみたいです。

そこで調べてみたところ、その事件はお笑いの歴史に刻まれるほどの大事件と言われており、通称「扇町の悲劇」と語り継がれているとの情報があります。

なんでも、年始特番の「オール吉本芸人100人!」という番組の中で、多くの吉本芸人が騒いではしゃぐ番組だったようですが、その中で西川きよしさんがはしゃいでるものの少しスベリ気味だったみたいですね。

そして、そのことを高橋さんがいじったみたいなのですが、師匠をいじられたことに腹を立てた西川のりおさんが番組中にも関わらず高橋さんを叱りつけてしまったようなのです。

画像④

その後、50人の芸人がボタンを押して行うゲームのようなものをした際に、一人だけボタンを一度も押していない人がいたようで、それが西川のりおさんその人だったようですが、そのことで西川きよしさんから逆に叱られるという状態になったとのことですね。

後輩にキレた先輩がさらに先輩にキレられるという、なかなかに複雑な状況ですが、この扇町の悲劇には実は隠された事実があるようです。

どうやら、西川のりおさんが叱られるきっかけとなった、ボタンを押さず、ゲームに参加していないという事態を引き起こしたのは、なんと西川のりおさんではなかったというのです。

つまり、その人物というのが関西方面では有名なお笑い芸人の前田五郎さんで、実は彼がこのゲームがつまらないという理由から全くボタンを押していなかったようなのです。

つまり、西川のりおさんは怒られ損ということになりますし、あくまでパフォーマンスだったということがわかります。

今となっては、どこまでが事実で事実じゃないのかは分からなくなってしまっていますが、もしかしたら、扇町の事実自体が無かった話なのかもしれませんね。

多くの逸話を残している高橋さんですが、現在でも継続的にバラエティ番組に出演し、欠かせない芸人の一人として活躍をしていますので、高橋さんの今後の活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ