田村ゆかりが引退を決意した本当の理由がヤバイ!?年齢公表に至った驚きの経緯とは!?

幅広い声質で色々なタイプの声を演じわけ、ゆかり姫としてファンから慕われる声優・田村ゆかりさん。

そんなゆかりさんが引退したと青ざめるファンの間でその理由が話題になっていました。

また「永遠の17歳」として活躍していたゆかりさんが実年齢を公表するに至ったある経緯も注目を集めています。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:田村 ゆかり
本名:田村 由香里(たむら ゆかり)
生年月日:1976年2月27日(41歳)
出身地:福岡県
血液型:A型
所属:アミュレート

1997年:シングル「勇気をください」でCDデビュー。
1999年:堀江由衣とユニット「やまとなでしこ」を結成。
2001年:公式ファンクラブ「Mellow Pretty」を設立。
2008年:日本武道館コンサートを開催。

田村ゆかりが引退を決意した本当の理由がヤバイ!?

アイドル的な人気を誇り歌手としても活躍する有名声優の田村ゆかりさんは、自身をゆかり王国のお姫様とし彼女のファンは「ゆかり王国民」と呼ばれています。

そんなゆかりさんが、2016年2月10日に自身の公式サイトで突然予定していたライブの開催中止・ラジオ番組の終了・STAFF Twitterの閉鎖など一斉に活動を中止する事を発表しました。

この報道がされた時にはファンの間で、

・田村ゆかり引退するってこと?!

・ゆかりん引退って涙が止まらない…

・田村ゆかり結婚とか妊娠で引退なら良かったのかな

と、突然の活動中止の発表に王国民の間で引退や結婚、妊娠など様々な憶測が飛び交い、本当の理由を知りたがる人がネット上にあふれかえりました。

そこで、当時のゆかりさんの所属事務所だったアイムエンタープライズと専属契約を交わすキングレコードが、説明不足でファンに不安と心配をかけたとして契約途中にもかかわらず異例の専属契約終了になった理由は、ゆかりさん自身の意向による契約終了だったことを数日後に追加説明する事態となりました。

さらに、ゆかりさんは

「私が自分らしくあるために、たくさん悩んで、いっぱい考えて出した答えです」
「契約は終了しますが、歌を歌うことをやめるわけではありません」

と付け加え、レコード会社側の意向よりもゆかりさん本人の意向を尊重した結果の契約終了で引退するワケではなかったことが分かったのです。

スポンサーリンク


ただ、その説明がなされた後も、キングレコードにはゆかりさんの他にも水樹奈々さんや堀江由衣さんも専属契約していて、そちらの2人を優遇しているのが不満だったとか、ゆかりさんが格下に扱われることをイヤがっていたなどと言われていましたが、実際には、ゆかりさんは水樹さんを「カッコイイ」と言っていたり、堀江さんとは家族ぐるみの付き合いをしているので、ただのウワサにすぎなかったようです。

そして、それから約半年後に、ゆかりさんのオフィシャルサイトで「おしらせ」と題し、事務所をこれまで所属していたアイムエンタープライズからアミュレートへ移籍したことを発表し、王国民からは

・ゆかりんアイムさんでの9年間お疲れ様でした!

・新しい場所でも頑張って!

・ゆかりさんを全力全開で支えさせていただきます

と激励の声が上がっていました。

実は、ゆかりさんが専属レコード契約していたキングレコードは昨年の2月1日付で組織改編を行っており「スターチャイルドレコード」と「第三クリエイティブ本部」の2部署が「キング・アミューズメント・クリエイティブ本部」へと統合したことで、何らかの契約内容の変更があり、その内容ではゆかりさんらしい活動ができないと判断したことでの移籍だったとか。

スポンサーリンク


ちなみに、ゆかりさんの新たな所属先のアミュレートはドワンゴの子会社MAGES.のマネジメント事業部で、MAGES.が制作したゲームやアニメ、音楽レーベルにゆかりさんが声優や歌手として出演することもでき、もしかしたら大手のキングレコードよりもゆかりさんの意図が反映されやすいのかもしれないですね。

また、移籍決定と同時に「田村ゆかりファンクラブイベント2016」の開催が名古屋と東京で行われましたが、ゆかりさんの人気は相変わらずで大盛況だったようです。

昨年の2月にゆかりさんがキングレコードとの専属契約終了が発表されたことで引退騒動へと発展してしまいましたが、実際は、ゆかりさんが自分らしく音楽活動をするための苦渋の選択だったようで、新しい環境での活動がどうなっていくのか見守っていきたいですね。

スポンサーリンク

田村ゆかりが年齢公表に至った驚きの経緯とは!?

田村ゆかりさんと言えば「王国民」と呼ばれる熱狂的ファンらに支持されていることで有名ですが、王国民からは「ゆかり姫」と呼ばれ、王国の姫という扱いになっているんですよね。

そして、ゆかりさんの年齢については「永遠の17歳」と設定されていて王国民ルールで「17歳+日数」でゆかりさんの年齢を表記するようになっていましたが、年齢を重ねるごとに無理を感じるようになったのか、2014年2月15日、16日にさいたまスーパーアリーナでご本人からの実年齢公表をし、ライブに当日参加したファンらがTwitterを通じ、

・田村ゆかりって37歳なんだ

・田村ゆかりさんじゅうななさい…37さい…

・田村ゆかりがライブで37歳と公表

と、その状況を報告したため周知の事実であったとはいえ、かなりな勢いで拡散されました。

なぜ、急に実年齢を公表することにしたのかゆかりさんの口から語られてないのですが、「永遠の17歳」という設定をする必要もないほど、ゆかりさんは声優や歌手としての認知も高く、今後の仕事にも自信があるので、無理な年齢設定を続ける必要がなくなったのかもしれませんね。

また、公式サイトに実年齢は書かれていないものの、かつての資料やWikipediaでは生年月日も書いてあり、ネット上で実年齢と検索すると実年齢が出てくることもあって、実際のところ実年齢は多く人が知っていたので、実年齢を公表したところで影響は少ないという思いもあったのかもしれません。


スポンサーリンク


でも、王国民やゆかりさん自身もネタとして楽しんでいた部分もあった「永遠の17歳」だったのですが、このライブで何と実年齢を公表され腹をたてた1人のファンが、ラジオを会場に投げつけ逮捕されるという事件が起こってしまったのです。

そのラジオを投げつけたファンも17歳というのがキャラ設定だということを理解していたのかもしれませんが、ゆかりさん自身が設定を解除したことに裏切られたと感じてしまったのかもしれませんね。

ちなみに、ゆかりさんが実年齢を公表したことに対し同じように裏切られたと思っているファンと、「周知の事実だったのだから良いじゃないか?」と気にならないファンの賛否両論があったようですよ。

「永遠の17歳」として活躍していたゆかりさんですが、年齢を重ねたこととキャラ設定をする必要もないほど人気声優になったからなのか2014年のライブでそのキャラ設定を解除し、昨年の2月にはキングレコードとの契約終了で引退騒動などもあったゆかりさんでしたが、自分らしく音楽活動をするための選択だったようで、今後はゆかりさんらしさ全開で多くのファンを魅了し続けてほしいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ