坂田利夫の現在の活動状況や病気の状態がヤバイ!?ギャグや歩き方などの驚きの由来とは!?

吉本新喜劇などで大活躍しているのが坂田利夫さんですよね。

坂田さんはアホの坂田とも言われて人気です。

そんな坂田さんなのですが、現在の活動状況や病気の状態が話題になっているそうです。

さらに、坂田さんのギャグや歩き方などの由来にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:坂田 利夫(さかた としお)
本名:地神 敏夫(じがみ としお)
生年月日:1941年10月7日(76歳)
出身地:大阪府
身長:159cm
血液型:B型
所属:吉本興業

・1961年:吉本興業に入る。
・1967年:コメディNo.1を結成する。
・1970年:第5回上方漫才大賞 新人賞を受賞する。
・1972年: 第1回 上方お笑い大賞金賞を受賞する。
・1996年:映画「こんど逢うとき」に出演する。
・2009年:コメディNo.1を解散する。
・2015年:第10回おおさかシネマフェスティバル助演男優賞を受賞する。

坂田利夫の現在の活動状況や病気の状態がヤバイ!?

坂田利夫さんは長年、芸人として大活躍していますよね。

かつてはコメディNo.1という漫才コンビでも活躍していました。

そんな坂田さんなのですが、現在の活動状況や病気の状態が話題になっているそうです。

では、坂田さんの現在の活動状況や病気の状態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、坂田さんは現在も芸人として活動しているものの、病気で入院したとも言われているそうです。
坂田さんは1961年に芸人としてデビューし、現在も芸人として活動しているのだとか。

坂田さんは2017年12月にもなんばグランド花月が再オープンしたことを記念して行われた劇団間座のクリスマスイブ公演に、間寛平さんなどの芸人と一緒に出演していたのだそうです。

坂田さんは2017年に76歳になるのですが、ステージ上でも往年のギャグを繰り出して大ウケしていたのだとか。

なので、現在も坂田さんは芸人として大活躍しているそうです。

また、坂田さんはここ数年は俳優としても活躍しているのだとか。

坂田さんは2015年に映画「0.5ミリ」に出演し、第10回おおさかシネマフェスティバルで助演男優賞を受賞しているのだそうです。

さらに、2018年に公開予定の「嘘八百」で中井貴一さんとも共演するなどしていて、俳優として活躍の場をさらに広げているみたいですね。

芸人としてのイメージが強い坂田さんなので、そのように俳優として活躍し、さらに賞を受賞しているのは意外に思われた人もいるのではないでしょうか。

しかし、坂田さんはそのキャラクターや存在感なども含めて芸人、俳優の双方で大活躍しているということなので、今後も芸人、俳優として楽しませてくれそうですね。

スポンサーリンク


また、そんな坂田さんなのですが、病気なども噂されたことがあるのだそうです。

実は坂田さんは2015年に入院をしているのだとか。

坂田さんは自宅で転倒をして右足を骨折し、そのまま入院したのだそうです。

坂田さんが入院したのは骨折のせいということで、内臓などの病気ではありませんでしたが、坂田さんにとってこれが初めての入院になったのだとか。

坂田さんは入院したことでなんばグランド花月での出演をキャンセルするなどしていたそうなのですが、坂田さんの現在の活動状況や病気の状態がヤバイですよね。

ただ、そんな坂田さんなのですが、現在は骨折も完治して元気なのだそうです。

なので、現在は病気や健康については特に問題なく過ごせているのだとか。

ちなみに、そんな坂田さんは現在も独身なのだそうです。

坂田さんは吉本の芸人の中でも独身を貫いていることで知られているのですが、未だに結婚をする予定はないのだとか。

ただ、そんな坂田さんなのですが、今後は身の回りの世話をする女性なども必要になるかもしれないので、もしかすると電撃婚などもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


坂田利夫のギャグや歩き方などの驚きの由来とは!?

坂田利夫さんは吉本興業の芸人の中でも1、2を争うベテラン芸人ですよね。

芸人としてのキャリアはもちろん、そのギャグなども多くの人から人気なのですが、そんな坂田さんのギャグや歩き方などの由来について注目が集まっているそうです。

では、坂田さんのギャグや歩き方などの由来とは一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、坂田さんはかつて漫才コンビを組んでいて、そこから様々なギャグが生まれたのだそうです。

まず、坂田さんは高校卒業後に吉本新喜劇の研究生として芸人になったのだとか。

そして、そのように吉本興業に入った坂田さんは1967年に前田五郎さんとコメディNo.1を結成してコンビでも活動するようになったのだそうです。

坂田さんはコメディNo.1として1970年に第5回上方漫才大賞新人賞を受賞し、1971年には第1回NHK上方漫才コンテスト最優秀話術賞を受賞しているのだとか。

さらに、1972年には第1回上方お笑い大賞で金賞を受賞しているのだそうです。

このように多くの賞を獲得したことから、坂田さんは芸人として自信をもって活動するようになったと言われているのだとか。

ちなみに、売れる前の坂田さんは、西川きよしさんと西川ヘレンさんと一緒に暮らしていて、先に売れっ子になっていた西川ヘレンさんに食べさせてもらっていたのだそうです。

坂田さんが新喜劇から漫才に転向したのも、西川きよしさんから「漫才の方が儲かる」と言われたからだそうなのですが、そうした経緯もあって現在も西川さん夫妻とは仲が良いのだとか。

そして、その後の坂田さんはコメディNo.1としてリリースした「アホの坂田」が大ヒットをして、その後ピンとしても活動するようになったのだそうです。

ただ、坂田さんはそのように芸人としてブレイクをしたものの、逆にコメディNO.1としてコンビで活動することは徐々に少なくなっていったのだとか。

コメディNo.1はそうしたこともあって吉本の中でも「仲が悪いコンビ」として知られていたのですが、坂田さんの相方の前田五郎さんは、2009年に中田カウスさんに脅迫状送付事件を起こしたとして警察から事情聴取を受けて、その事がきっかけとなってタレント活動を休止しているのだそうです。

それに伴ってコメディNo.1も解散しているようですね。

長年、仲が悪いコンビと言われていたコメディNo.1なのですが、こうした事からついに解散してしまったということで残念に思う人も多くいたそうです。

スポンサーリンク


そんな坂田さんなのですが、ピンクレディーのUFOに乗せて「アッホ」と言うギャグや「あ~り~が~とさ~ん」などのギャグが有名ですよね。

実は、こうした坂田さんのギャグは坂田さん自身が考えたものではなく、他の人が考えたネタをそのままマネしたり、考案者から購入したと言われているそうです。

坂田さんの「アッホ」というギャグは、清水アキラさんが「オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦」でやっていたものをマネしたと言われていて、「あ~り~が~とさ~ん」というギャグは他の芸人から500円で購入したものなのだとか。

なので、坂田さんのギャグは意外と他の人が考えたものが多いようですね。

ただ、坂田さんの代表的なギャグの手足をクネクネさせながら横歩きするギャグは、吉本新喜劇で行ったものが由来と言われているそうです。

この横歩きは独特の衣装と共に坂田さんのトレードマークともなっているのですが、これは坂田さんのキャラなども考えて新喜劇で作り出されたものと言えそうですね。

他にも坂田さんは「あんたばかね、オホホ~」などのギャグも他の人のギャグを拝借したと言われているそうです。

現在はこうしたギャグも完全に坂田さんのものになっているのですが、坂田さんのギャグや歩き方などには、こうした驚きの由来が隠されていたわけですね。

そう考えると、坂田さんは他人のギャグを自分の得意技にしてしまう能力が高いと言えるので、今後もお馴染みのギャグはもちろん、新しいギャグなども披露してくれそうで、まだまだ活躍が期待できそうです。

現在は芸人、俳優として活動していて、骨折して入院したことからその病気なども話題になった坂田さんなのですが、かつて漫才コンビを組んでいてギャグは他人からもらったり、新喜劇で作り上げたものも多くてその由来なども注目されていて、今後もそんな坂田さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ