高嶺ふぶきの改名理由や本名と今現在の病気や退団理由がヤバイ!?宝塚時代の驚きの伝説とは!?

80年代から宝塚歌劇団で活躍していたのが高嶺ふぶきさんですよね。

高嶺さんは雪組でトップスターにまで上り詰めています。

そんな高嶺さんなのですが、改名理由や本名と今現在の病気や退団理由が話題になっているそうです。

さらに、高嶺さんの宝塚時代の伝説にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:高嶺 ふぶき(たかね ふぶき)
本名:浅田 幸姫(あさだ ゆき)
生年月日:1965年12月4日(52歳)
出身地:京都府
身長:167cm
血液型:A型
所属:赤坂マネージメント

・1983年:宝塚歌劇団に入団する。
・1985年:「愛のカレードスコープ」で初主演を務める。
・1996年:雪組トップスターに就任する。
・1997年:宝塚歌劇団を退団する。
・2015年:カバーアルバム「麗人REIJIN」に参加する。

高嶺ふぶきの改名理由や本名と今現在の病気や退団理由がヤバイ!?結婚の有無も

高嶺ふぶきさんは宝塚音楽学校時代から注目されるなど、新人の頃から大活躍していましたよね。

なので、新人の頃から主演を務めるなど、数多くの舞台に立っています。

そんな高嶺さんなのですが、改名した理由や本名と今現在の病気や退団理由が話題になっているそうです。

では、高嶺さんの改名理由や本名と今現在の病気や退団理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高嶺さんは女優活動20周年を機に改名し、病気や退団理由が大きく話題になっているそうです。

高嶺さんは2018年にこれまで高嶺ふぶきとして活動してきた芸名を「たかね吹々己」(たかねふぶき)という芸名に改名することを発表したのだとか。

というのも、2018年に高嶺さんは宝塚歌劇団で15年、女優として20年の記念の年になったということで、それを機に改名をしたのだそうです。

読み方は変わらないものの、長年、使用してきた芸名が変わったので驚いたファンも多かったそうなのですが、驚く気持ちもわかりますよね。

なので、今は「たかね吹々己」となって活動しているのですが、高嶺さんなりに色々と考えて改名したのかもしれません、

ちなみに、そんな高嶺さんの本名は浅田幸姫(あさだゆき)というのだそうです。

高嶺さんは本名にちなんで高嶺ふぶきと名付けたそうなのですが、タカラジェンヌらしくて良い名前ですよね。

スポンサーリンク


そして、このように改名したことが大きな話題になった高嶺さんなのですが、現在は病気を患っているということも噂されているのだとか。

ただ、これは高嶺さんが少し太ったように見えていることから病気なのじゃないかという噂が出ただけで、実際に病気かどうかはわかっていないそうです。

高嶺さんは女優として精力的に活動しているので病気というのはあくまで噂に過ぎないのですが、現在も結婚はしておらず、独身だと言われている高嶺さんなので、病気はもちろん結婚など様々なことで注目されてしまうようです。

しかし、今でもこのように注目度が高いのはさすが元宝塚のトップスターですよね。

スポンサーリンク


また、そんな高嶺さんなのですが、宝塚を退団した理由も注目されているそうです。

まず、高嶺さんは1996年に雪組のトップスターに就任し、1997年に宝塚歌劇団を退団しているのだとか。

高嶺さんはトップスターに就任してからわずか1年ほどしか活動していないのですが、トップスターに就任した時から退団について決まっていたということや、高嶺さんが辞めるという噂が出てしまい、それに合わせて退団をしたということなどが言われているのだそうです。

これについてはどちらも噂に過ぎないのですが、高嶺さんの改名理由や本名と今現在の病気や退団理由がヤバイですよね。

高嶺さんは退団後も女優として活動しているのですが、30歳を過ぎてトップスターに就任したので、あらかじめ早くに退団することが決まっていた可能性も高そうです。

なので、今後は高嶺さんの退団理由について詳しいことが明かされるかもしれませんね。

参考⇒まだ見ていない高嶺ふぶきの姿がそこにある!過去の宝塚出演作品を高画質動画で見るならコチラ!【高嶺ふぶきで検索!】

スポンサーリンク


高嶺ふぶきの宝塚時代の驚きの伝説とは!?

宝塚歌劇団には様々なスターがいて大活躍していますよね。

高嶺ふぶきさんも現役のタカラジェンヌの頃には多くの舞台に出演して活躍していたのですが、そんな高嶺さんの宝塚時代の伝説について注目が集まっているそうです。

では、高嶺さんの宝塚時代の伝説とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高嶺さんは宝塚音楽学校の時代から伝説と呼ばれるものが多くあったのだそうです。

まず、高嶺さんは1981年に宝塚音楽学校に入学しているのですが、首席で合格しているのだとか。

そして、そこから1983年に宝塚歌劇団に入学して、雪組で男役として活動していたのだそうです。

高嶺さんは1985年に「愛のカレードスコープ」で新人公演初主演を務めているのですが、このように新人の頃から主演を務めるなど大活躍していたのだとか。

そして、1989年に新人公演を卒業して男役3番手として活躍し、多くの舞台に出演していたのだそうです。

また、高嶺さんは「風と共に去りぬ」や「たまゆらの記」、「ツーロンの薔薇」などに出演し、ニューヨーク公演にも出演しているのだとか。

さらに、高嶺さんは男役ながらも「ヴァレンチノ」で女役を演じるなどしていて、歌、踊り、演技の三拍子が揃ったタカラジェンヌとも言われているのだそうです。

なので、宝塚時代の高嶺さんは若い頃からその実力の評価は高く、大注目されるのも当然と言える存在だったのだとか。

スポンサーリンク


そして、そんな高嶺さんは花總まりさんとのツーショットがお似合いで、現在もそんな二人が共演した姿が忘れられないという人が多くいるのだそうです。

高嶺さんと花總さんの仲なども話題になったのですが、舞台上の相性がピッタリで最も相性が良いとも言われていた二人だけに、普段もかなり仲が良かったのかもしれません。

高嶺さんは他にも轟悠さんと「風と共に去りぬ」など、90年代から多くの舞台で共演しているのですが、このように他のタカラジェンヌとの共演も注目されているそうです。


スポンサーリンク


ちなみに、そんな高嶺さんの身長は167cmで、性格についてははっきりしないものの、男役と女役をこなすことができるということで、かなりの努力家と言えそうなのだとか。

また、そんな高嶺さんは元タカラジェンヌの汐美真帆さんのお兄さんが高嶺さんの妹さんと結婚しているのだそうです。

なので、汐美さんとは親戚関係となっているそうなのですが、かなり意外な感じがしますよね。

このように高嶺さんは新人の頃から宝塚時代の活動については様々なことで話題になっているのですが、高嶺さんの宝塚時代の驚きの伝説ですよね。

汐美さんは宝塚退団後は「エリザベートガラコンサート」や、「ヴィクターヴィクトリア」などの話題作に多く出演しているのですが、今後もそんな高嶺さんは大活躍していきそうです。

改名をしたことや病気や退団理由が話題になった高嶺さんなのですが、宝塚時代には新人の頃から伝説が多くあって注目されていて、今後もそんな高嶺さんに注目していきたいですね。

参考⇒高嶺ふぶきと花總まりの共演作は必見!過去の宝塚出演作品を高画質動画で見るならコチラ!【高嶺ふぶきで検索!】

スポンサーリンク

このページの先頭へ