リトグリかれんが太いと言われる体重がヤバイ!?父親とダンスのうまさの驚きの関係とは!?

歌うま集団として知られる「Little Glee Monster(リトル グリー モンスター) 」の中でお姉さんキャラでグループを支えるかれんさん。

そんなかれんさんを太いと思う人たちが「体重が気になる」というコメントを多く残しているようなのです。

また、かれんさんの父親はある有名人で、かれんさんのダンスもその父親の影響で「うまいらしい」と話題になっています。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:かれん
本名:古賀 かれん(こが かれん)
生年月日:1998年6月8日(18歳)
出身地:静岡県
所属:ワタナベエンターテインメント

2008年:フジテレビ系『ハモネプリーグ』にユニット「やきそば☆SOUL」のメンバーとして出演。
2010年:やしきたかじんのラストシングル『その時の空』に子供コーラス隊として参加。
2014年:シングル『放課後ハイファイブ 』でメジャーデビュー。
2017年:初の日本武道館コンサートを開催。

リトグリかれんが太いと言われる体重がヤバイ!?

人気急上昇中の本格派歌手グループ「Little Glee Monster(リトル グリー モンスター) 」の中で穏やかな性格の持ち主として知られるかれんさんなのですが、メンバーと一緒に並んで立っていると「でかい」「太い」 という印象をもつ人が多いようです。

リトグリの場合、センターにいることの多い芹奈さんやmanakaさんは拒食症をウワサする人もいるほど細身で40kg前後の体重だと言われていて、一方、かれんさんは身長も他のメンバーよりも約10cm位高い164cmで体重も平均体重なのではないか、と言われています。

ちなみに、身長164cmの平均体重は59kgです。

また、可愛く写るコツとして立ち位置はセンターがベストで、カメラのレンズは両サイドが湾曲しているため、端は顔や身体が横に伸びて少し太って見えたりするんですよね。

そういったことからも、ただでさえ大柄なのにリトグリでの立ち位置が端であることが多いかれんさんは「ブサイク」と言う人もいたりして不利な感じもしてしまいます。

あと、かれんさんの父親はスポーツ選手ということもあって、骨の太さや骨格のフレームが父親譲りで、その骨格の中に内臓がプラスされるので身体のつくりが華奢な人に比べると比重も大きくなってしまうのかもしれません。


スポンサーリンク


ちなみに、タレントの梅宮アンナさんもアメリカ人の母親とのハーフだったので、骨格のつくりが大きかったために体重が少し増えるだけでも太って見えることを悩んでいたことがあったそうです。

やはり、スポーツ選手や欧米の人は骨格が大きく出来ているので、華奢なつくりの人が多い日本の芸能界だとガタイが大きく見えてしまい肩身が狭く感じてしまうかもしれません。

スポーツ選手の父親譲りの骨格でガタイが良く見えてしまい太っているとウワサされるかれんさんですが、華奢なメンバーの中で体格が良く見えるだけで体重は平均体重のようなので、決してデブというわけではないようですよ。

スポンサーリンク

リトグリかれんの父親とダンスのうまさの驚きの関係とは!?

リトグリのかれんさんの父親はある有名人で、そのスポーツ業界を今も支えている貢献者でもあります。

そんなかれんさんの父親は、静岡県のサッカーチーム・ジュビロ磐田がJリーグに昇格した時期にディフェンスのレギュラー格として活躍した古賀琢磨選手だったのです。

そして、同じく元サッカー選手の古賀正人さんは、古賀琢磨さんの弟で、かれんさんの叔父にあたります。

今の古賀琢磨さんはミャンマーのチームに所属しながら上海ラッキースター(中国)U-13の監督として出向していて、叔父の古賀正人さんは清水エスパルスサッカースクールのコーチをしています。

また、幼い頃のかれんさんは、父親の琢磨さんの遺伝なのか身体を動かすことが大好きで、3歳の頃にミュージカルスクールに通いだし、その先生の勧めでダンスと並行して5歳からバレエも習い始めたのだそうです。

ちなみに、かれんさんがミュージカルスクールに通い始めたきっかけは、音楽好きな両親の影響でミュージカル映画をよく観ていて、特に「レ・ミゼラブル」の世界に衝撃を受けたからなのだとか。

幼い頃からダンスやバレエを習う中で最終的に歌うことが1番好きだと気づき、小学1年生の時には本格的に歌のレッスンも開始し、天性の通りのいい声質の特徴を活かす技術を身につけたようです。

そして、ダンスやバレエでも活躍しながら、10歳の時に「ハモネプリーグ」(フジテレビ系)という番組の中で「やきそば☆SOUL」というユニットのメンバーとしてダンスと歌を披露していました。

このときも、幼い頃からダンスやバレエを習っていたので、身体も柔らかく「やきそば☆SOUL」のダンスもうまいと評判だったのだとか。

スポンサーリンク


やはり、運動神経の良い父親のDNAを受け継いだことが影響しているのかもしれませんね。

また、父親の琢磨さんがかつてシンガポールチームの代表監督を務めていたことから、かれんさんも海外在住経験があり、いわゆる帰国子女で英語の発音はネイティブばりにうまいと言われていて、英語の曲を歌わせるとメンバーも驚くほどのクオリティなのだそうです。

なので、リトグリがいずれ海外進出をするような時は、非常に心強い戦力になりそうですね。

元プロサッカー選手の父親譲りの骨格でガタイが良く見え、「太い」と言われつつも平均体重のかれんさんは、そんな父親の遺伝なのか運動神経が良く幼い頃からダンスやバレエが上手で、今後、歌以外にもリトグリの活動の幅を広げるきっかけのひとつになるかもしれません。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・リトグリ小林アサヒのポテト愛の深さがヤバイ!?性格がかわいいと言われる驚きの理由とは!?

・リトグリ福本まなかの彼氏の正体がヤバイ!?私服に隠れたカップ数もヤバイ!?

・リトグリ福本まなかの目が整形でヤバイことに!?モノマネや中学などの驚きの経歴とは!?

・リトグリ荒井麻珠が脱退に追い込まれた理由がヤバイ!?彼氏との結婚や指輪との驚きの関係とは!?

・リトグリ長谷川芹奈のあごのしゃくれの角度がヤバイ!?嫌いと言われる驚きの理由とは!?

・リトグリMAYUの声出ない下手さと喉の病気の関係がヤバイ!?彼氏と私服で写る画像がヤバイ!?

・リトグリメンバーの人気順位と脱退の関係がヤバイ!?ブサイクと言われる本当の理由とは!?

・リトグリヘッドホンの色やメーカーとAmazon等での安い通販はどこ?

このページの先頭へ