GACKTが薬で逮捕と囁かれる衝撃の理由がヤバイ!?腹筋が変だと言われる驚きの理由とは!?

thumbnailセレブなイメージとミステリアスな雰囲気、そして独特な気だるさを持ち味にして多くの人を虜にしているGACKTさん。

そんなGACKTさんが、またもや薬物で逮捕されるかもしれないという情報が出ていました。

歌手のASKAさん、元野球選手の清原和博さんに続き、次はGACKTさんではないかというのです。

はたしてその根拠や理由は何でしょうか。

また、GACKTさんは美しい肉体美でも有名ですが、その腹筋が「変だ」と言われてしまっているそうなのです。

今回もいろいろ気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:GACKT(ガクト)
生年月日:1973年7月4日(42歳)
出身:沖縄県
身長:180 cm
血液型:A型
所属:G-PRO

1995年:ヴィジュアル系バンド「MALICE MIZER」の2代目ボーカルを務める。
1999年:「 MALICE MIZER」を脱退。
2003年:映画「MOON CHILD」と、ドラマ「生放送はとまらない!」(朝日テレビ)で俳優デビュー。
2005年:自身初の東京ドームライブを行う。
2008年:「BUNRAKU」の準主役としてハリウッドに進出。
2009年:名称をGacktからGACKTに変更。

GACKTが薬で逮捕と囁かれる衝撃の理由がヤバイ!?

そのミステリアスな雰囲気と類まれなる美貌で、男女問わず注目を集めてしまうシンガーソングライターで俳優のGACKTさん。

2009年まで年齢を非公開にしていたり、いろいろと謎の多いタレントさんでもありますよね。

また、「芸能人格付けチェック!」(朝日テレビ)のお正月SPには、なくてはならない常連でもあります。

そんなGACKTさんですが、常に怪しい噂が付きまとい過ぎていて、もはやそれらも含めて「GACKT」のキャラクターが成り立っているような不思議なカリスマ性まで持っている気がしました。

no1

とはいえ、その怪しい噂の中には笑い事ではないヤバイものも存在しています。

その1つが、「薬疑惑」なのですが、さかのぼっていくとGACKTさんに薬物使用疑惑の噂が立ち始めたのは、けっこう古くからでした。

調べた中で最も古い噂は、GACKTさんが1999年にヴィジュアル系バンド「MALICE MIZER」を辞めた後、歌手の槇原敬之さんが覚せい剤で逮捕されたことで、「怪しい人」のリストにGACKTさんを入れている情報がありました。

その後も2007年、2009年、2010年にはGACKTさんのバックダンサーが薬物で逮捕、なのに2014年がなぜか一番GACKTさんへの「薬疑惑」が騒がしくなり、その後は定期的に(?)噂が絶えていないように感じます。

おそらく2014年からの疑惑報道が増えた理由には、2012年に脱税疑惑でGACKTさんの自宅へ査察が入ったことで、「犯罪」への現実味を一般の人へ感じさせてしまったのではないでしょうか。

それにしても、GACKTさんに「薬疑惑」騒動が出るのは、決まって芸能界の有名人が覚せい剤で逮捕された年に重なっているのが特徴的だといえるでしょう。

・2007年

元野球選手の野村貴仁さん(2006年10月31日逮捕)や、光GENJIメンバーだった赤坂晃さんが覚せい剤で逮捕されています。

・2009年

今は芸能界を引退した加勢大周さん(2008年10月5日逮捕)に始まり、2009年は元グラドルでAV女優だった小向美奈子さん、歌手で女優だった酒井法子さん、赤坂晃さん(2回目)などが列挙されています。

・2014年

CHAGE and ASKAのASKAさんが愛人と共に逮捕されました。

no2

・2016年

元野球選手の清原和博さんが逮捕されたことは、まだ記憶に新しいことでしょう。

このように、覚せい剤で逮捕者が出ると必ずと言っていいほどGACKTさんにも、疑いの目が向けられ「次に逮捕されるのは?」の質問にまで、その名前が出てくる始末。

というのも、芸能界の複雑に絡み合った人間関係や、一般社会に暮らす人たちよりも薬物が身近にありそうな環境という背景が、GACKTさんに限らず売れている個性的なタレントさんには「薬疑惑」を関連付けやすいのだと感じました。

実際、GACKTさんのバックダンサーだった人の逮捕や、GACKTさんが美容クリームを注文していた先が、偶然にも押尾学さんに薬物を渡していた先と同じらしいということなど、疑いだしたらキリがない人間関係があります。

そんな中、GACKTさん自身は「薬や酒におぼれる人間は二流だ」と、言い切っているそうです。

さすが「格付けチェック!」の常連だけのことはある発言だと思いました。

スポンサーリンク

GACKTの腹筋が変だと言われる驚きの理由とは!?

「自分のライバルは一歩前を歩いている自分」、これはGACKTさんが言ったとされる名言のひとつなのだそうです。

そんな言葉からもGACKTさんのストイックさを感じることができるのですが、実際のGACKTさんの肉体は驚くほどバキバキに鍛え上げられていました。

これは2015年11月5日、自身のInstagramにアップされた自撮り画像です。

no3

これはマジ、すごいですよね!

とても42歳の肉体とは思えないのですが、いかがでしょうか。

GACKTさんにとって、自分の肉体を自分でコントロールするということは、人生においてとても重要なことのひとつなのだそうです。

というのも、身体は魂の入れ物であり、その入れ物をないがしろにするような人は、その魂も磨かれていないというような考え方があるようなんですよね。

それはそうだろうとは思いますが、実はGACKTさんが肉体メンテナンスに掛ける労力は、おそらく常人では不可能ではないかと思われるレベルだということも分かりました。

・常に体脂肪率を8~9%に保つ

・筋トレは週に5日、1日5時間~3時間行う

・腕立て伏せと腹筋を200回ずつ、

・武術にも精通、テコンドーは黒帯保持者

・1日1食、炭水化物の他に牛肉や鶏肉まで断っている(専門家の指導あり)

そしてこんな情報もありました。

(以下引用)
『腹筋そのものもすごいのですが、驚いたのはそのトレーニング方法。

メディシンボールと呼ばれるものを腹筋の上に落としてもらって、そのボールを腹で受け止めて、投げ返すというトレーニング。』
(引用元:http://outinlook.com/2016/01/26/post-1778/)

しかも、そのメディシンボールの重量は7kgで、「落として投げ返して」を120回も繰り返すのだそうです。

ここまで過激とも言える鍛え方をGACKTさんが追及している裏には、単なるナルシストではない、自身のファンへの熱い想いがあることが分かりました。

「もし自分が一日でも妥協していいと思ってしまったら、それは自分を見に来ている人に対して失礼だし、そういう姿を見せることで、自分を否定することになってしまう。」

「僕は年間に20本くらいしかライブができないんだけど、自分ができるギリギリのところを妥協して、たとえば40本50本のライブをやるようなことはやりたくない。

いつも今日が最初で最後だという気持ちで一日一日のライブをやっている。」

「¨分かってくれる¨は、ただの甘え。

¨相手に気持ちを届けたい¨という想いを忘れちゃ終わりだ。」

これらは、GACKTさんが発言したとされる言葉です。

まだまだたくさんネット上にはあるのですが、GACKTさんが自分のファンのことを「LOVERS」と呼んでいる意味がなんとなく理解できるような気がしました。

けれど、それなのに、GACKTさんがほぼ限界まで鍛え上げた腹筋が「変だ」と一部の人たちから言われてしまうのも、また事実のようなのです。

その「腹筋が変だ」と言われる理由とは、「顔つきと腹筋が似合わない」「もっと華奢な身体の方が好き」という、なんとも個人の好みによるところが大きかったので、日々鍛錬しているだろうGACKTさんには、少々気の毒な意見だと思ってしまいました。

それでも、そんな意見にもきっとGACKTさんなら耳を向けるのだろうと感じられるのは、その厳しさが生み出したGACKTさんならではの優しさがにじみ出ているからでしょう。

そんな厳しさと優しさを兼ね備えたミステリアスなGACKTさんを、これからもますます熱く追いかけていきたいと思いました!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・GACKTが隠し続けた年齢や本名がついに明らかに!?緒形拳との知られざる関係がヤバイ!?

・GACKTの昔のすっぴん画像と現在のギャップがヤバイ!?釈由美子との不適切な関係の驚きの真相とは!?

このページの先頭へ