キンタローの本当の顔の大きさ(cm)や整形の実態が明らかに!?社交ダンスの驚きの実力とは!?

キンタローさんは芸人として活動し様々なものまねネタが人気ですよね。

最近は社交ダンスに力を入れていて世界大会にも出場しています。

そんなキンタローさんなのですが、本当の顔の大きさ(cm)や整形の実態が話題になっているそうです。

さらに、キンタローさんの社交ダンスの実力にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:キンタロー。(キンタロー)
本名:小杉 志保(こすぎ しほ)
生年月日:1981年10月24日(35歳)
出身地:愛知県
身長:152cm
血液型:B型
所属:松竹芸能株式会社

・2011年:松竹芸能タレントスクールに入学する。
2013年:「ゴゴスマ -GO GO!Smile!-」の木曜レギュラーに就任する。
・2014年:TVディレクターの小杉隆史と結婚する。
・2016年:「つかこうへい 七回忌追悼特別公演『リング・リング・リング2016』」に出演する。
・2017年:キンタロー。初単独ライブ「kintalo。TV」に出演する。

キンタローの本当の顔の大きさ(cm)や整形の実態が明らかに!?

キンタローさんはAKB48やハリウッド女優のものまねで人気となりましたよね。

さらに、キンタローさんのトークなども大人気です。

そんなキンタローさんなのですが、本当の顔の大きさ(cm)や整形の実態が話題になっているそうです。

では、キンタローさんの本当の顔の大きさ(cm)や整形の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、キンタローさんは顔が大きいことが知られていて、整形をしたということも言われているそうです。

キンタローさんは以前から顔が大きいことをネタにしていて、キンタローさんの顔が大きいというのは広く知られていますよね。

自ら顔が大きいことをネタにするのはもちろん、テレビ番組でも顔の大きさをネタにイジられたりしています。

確かに、小顔と言われる橋本環奈さんと並ぶとキンタローさんの顔がいかに大きいかはっきりわかりますよね。

そして、そんなキンタローさんはテレビ番組の中で顔の大きさを計ったことがあるのだそうです。

キンタローさんの顔を計ってみた結果、生え際からアゴまで23cmもあることがわかったのだとか。

キンタローさんは身長が152cmなので顔だけでも23cmもあるということで、キンタローさんの顔は体と比較してかなり大きいと言えますよね。

顔が大きいと言われている人は体つきや髪形などで顔が大きく見えるだけで、実際にはあまり顔が大きくないことがほとんどなのですが、キンタローさんは本当に顔が大きいようです。

ちなみに、女性の顔の大きさは平均で18.5cmと言われていて、平均から見てもキンタローさんは顔が5.5cmも大きいようです。

さらに、キンタローさんの頭周りは57.5cmになるそうですが、女性の頭周りの平均も54.57cmなのでキンタローさんは頭そのものが大きいのだとか。

また、一般的な顔の大きさの計り方は頭頂から顎先までとなっていて、キンタローさんのように髪の毛の生え際から顎先までとは異なるのだそうです。

なので、一般的な顔の大きさの計り方をするとキンタローさんは23cmよりもさらに顔が大きくなってしまい、26cm近くになっていしまうのだとか。

実際にキンタローさんは27歳の時に社交ダンスをしていたものの、顔が大きいことからヘルニアになってしまったことがあるのだそうです。

こうしたことからキンタローさんの顔の大きさはかなりもので、体にも大きな負担がかかっていることがわかりますよね。

ちなみに、キンタローさんのすっぴんは下のようなものになるそうです。

そして、キンタローさんの顔が大きい理由についてなのですが、一説には何かの病気じゃないかということも噂されているのだとか。

ただ、これについてはあくまで噂で、キンタローさんが何かの病気で顔が大きくなってしまったということはないのだそうです。

なので、キンタローさんは生まれつき顔が大きいだけなのだとか。

スポンサーリンク


また、そんなキンタローさんなのですが、整形疑惑が持ち上がったこともあるのだそうです。

顔が大きいと言われているキンタローさんなのですが、最近は顔が小顔になったことから整形したということが言われているのだとか。

下の画像が現在のキンタローさんになるのですが、かなり顔がほっそりとしているように見えますよね。

こうしたことからキンタローさんは整形で骨を削ったということなどが言われているそうです。

ただ、これについてもあくまで疑惑となっていて、実際にはキンタローさんが社交ダンスに打ち込んでいるので、それで痩せて顔が小さくなったのじゃないかと言われているのだとか。

キンタローさんはここ数年テレビの番組でかねてから得意だった社交ダンスで大会に出場するなどしていて、2017年には海外の大会にも出場しているのだそうです。

なので、そうしたことから連日練習に励んでいるので、それによって顔や体の肉が落ちたと言われているのだとか。

そうしたことでキンタローさんは小顔になったのだそうですが、それが整形をして小顔にしたと言われてしまっているのだそうです。

また、キンタローさんはかつて韓国の小顔矯正のコルギを受けたこともあって、それによって顔全体が2cmも小さくなったのだとか。

なので、そうしたこともあって整形をしたということが言われてしまうようになったようですね。

ちなみに、下の画像がキンタローさんの学生時代の写真になるそうなのですが、今と顔そのものは変わっていないようです。

なので、顔の肉が落ちたために顔が小さくなっただけで、整形についてはあくまでガセネタということになるそうなのですが、キンタローさんの本当の顔の大きさや整形の実態がヤバイですよね。

現在は社交ダンスのおかげで小顔になったと言われるキンタローさんなので、今後も小顔の状態を保てるか注目したいですね。

スポンサーリンク

キンタローの社交ダンスの驚きの実力とは!?

キンタローさんは以前から社交ダンスが得意ということが知られていますよね。

テレビなどでも社交ダンスの腕前を披露しているのですが、そんなキンタローさんの社交ダンスの実力に注目が集まっているそうです。

では、キンタローさんの社交ダンスの実力とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、キンタローさんは以前社交ダンスの講師として活動していて、現在は世界大会に出場するほどの腕前なのだそうです。

まず、キンタローさんは芸人になる前に社交ダンスの講師をしていたことがあるのだとか。

キンタローさんは大学時代に社交ダンスを始めて、全国大会で4位になったこともあるのだそうです。

さらに、大学卒業後も社交ダンスを続けて名古屋で社交ダンスの講師として活動しながらロンドンで行われる世界大会の日本代表に選ばれたこともあるのだとか。

ただ、その時に父親の病気によって実家が稼業を辞めるなどしたことから、世界大会には出場せずに辞退したのだそうです。

さらに、キンタローさんは顔と頭が大きいので、その影響でヘルニアになってしまって社交ダンスができなくなってしまったのだとか。

なので、その頃に社交ダンスを辞めて元からお笑い好きだったこともあって、お笑い芸人になろうとZIP-FMナビゲーター&ナレータースクールや松竹芸能タレントスクールに通っていたのだそうです。

そしてその後、芸人となって一気に大ブレイクしたのだとか。

スポンサーリンク


芸人になったキンタローさんは社交ダンスはほとんど行っていなかったのですが、2013年に「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の中の「金スマ社交ダンス」でTBSアナウンサーの山本匠晃さんとぺアを組んで大会に出場するようになったのだそうです。

そして、キンタローさんは山本さんとのペアで社交ダンス ラテンアメリカの部でA級昇格をするなどしていたのだとか。

ただ、その後はキンタローさんの相手は山本さんからロオペことお笑いコンビぱいんはうすの岸英明さんに交代し、再び大会に挑戦するなどしているのだそうです。

そして、そんなキンタローさんとロペスさんのペアは2016年には社交ダンスの2016 ダンススポーツグランプリin 北海道に出場して見事優勝をして日本代表に選ばれたのだとか。

芸人ながらも社交ダンスの日本代表に選ばれてしまうということで、キンタローさんとロペスさんは凄いですよね。

さらに、大会前にはキンタローさんとロペスさんが合宿をするなどしてその光景も番組で放送されていたのですが、二人についてコーチを務めた塚田真美さんは

「2人のパートナーシップが弱い」

ことなどを指摘していたのだそうです。

そうしたことがあったので、それを克服しながら努力する姿が放送されてキンタローさんの社交ダンスはかなり注目されているのだとか。

そして、キンタローさんとロペスさんは2017年の6月に行われたイタリアの大会で見事に準優勝したのだそうです。

また、そんなキンタローさんとロペスさんは2017年の10月にアメリカで開催されるWDSFラテンシニア1世界選手権に出場する予定なのだとか。

ちなみに、キンタローさんとロペスさんはWDSFラテンシニア1世界選手権大会に出場する前に、ドイツで行われた「ジャーマン・オープン」に出場し1次予選で10位、2次予選で6位となったのだそうです。

キンタローさんとロペスさんのコンビは最終的に16位となって最終予選の通過はできなかったのですが、これまでの日本人コンビの最高位は22位ということで、これまでの日本人選手の記録を大きく上回る結果を残したのだとか。

なので、芸人ながらもキンタローさんは社交ダンスで世界に通用するレベルの実力の持ち主ということが証明されたそうなのですが、キンタローさんの社交ダンスの驚きの実力ですよね。

ちなみに、そんなキンタローさんとロペスさんの社交ダンスの様子は下の動画で確認できます。

キンタローさんもロペスさんも動きがキレキレなのですが、今後もキンタローさんとロペスさんのコンビは先生の塚田さんと一緒に世界大会に向けて特訓を行っていくようです。

スポンサーリンク


ただ、そのように社交ダンスで大きな結果を残したキンタローさんなのですが、やらせということも言われてしまっているのだとか。

キンタローさんとロペスさんのコンビが大会に出ると、毎回良い結果を残していることからやらせなのじゃないかと言われるようになってしまったのだそうです。

確かに、テレビだとやらせなどが多いと言われているので、キンタローさんの社交ダンスについてもやらせがある可能性はありますよね。

ただ、キンタローさんは元々社交ダンスで日本代表に選ばれるほどの実力の持ち主で、相方のロペスさんも学生時代に全日本競技ダンス大会で準優勝するなど社交ダンスはもちろん運動が得意で、そんな二人が特訓をすれば現在のような結果になるのはおかしくないと言われているそうです。

また、キンタローさんは社交ダンスのカリスマとも言われる山本英美さんにコーチをしてもらって指導を受けるなどしてその実力を高めていたのだとか。

山本さんの指導によってキンタローさんとロペスさんの実力は大幅にアップしたとも言われていて、そうしたことからもキンタローさんとロペスさんのコンビは社交ダンスの大会で優勝してもおかしくないと言われているそうです。

なので、そうしたことからやらせ説についても否定的な声が多いのだとか。

ただ、キンタローさんはかつてTBSの山本さんと社交ダンスのぺアを組んでA級ランクを獲得したことがあるのですが、これについてもキンタローさんと山本さんが獲得したのはJDSFという団体のA級ランクなのだそうです。

そして、このJDSFという団体のA級ランクは他のJBDFやJDCなどの団体のA級ランクと比べるとあまりレベルは高くないと言われているのだとか。

なので、社交ダンス経験者のキンタローさんと社交ダンス初心者の山本さんのペアでもA級ランクを獲得することは難しくないと言われているそうです。

なので、こうしたことからもやらせはないと言われているそうです。

このように様々なことが言われているキンタローさんなのですが、今後は世界選手権大会が控えているとのことで、世界大会でのキンタローさんの活躍に期待したいですね。

顔の大きさだけで23cmもあったことからその顔の大きさや整形の実態が注目されたキンタローさんなのですが、イタリアやドイツの社交ダンス大会で優勝や準優勝をするなど、その社交ダンスの実力も注目されていて、今後もそんなキンタローさんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・キンタローの消えた理由と現在の悲惨な状況がヤバイ!?旦那との馴れ初めや驚きの結婚生活とは!?

このページの先頭へ