井上雄彦の現在の病気の状態や本当の休載理由がヤバイ!?画力や絵の驚きの値段とは!?

井上雄彦さんは漫画家として90年代から大活躍していますよね。

しかも、井上さんの描く漫画は日本のみならず海外でも大人気です。

そんな井上さんなのですが、井上さんの現在の病気の状態や本当の休載理由が話題になっているそうです。

さらに、井上さんの画力や絵の値段にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:井上 雄彦(いのうえ たけひこ)
本名:成合 雄彦(なりあい たけひこ)
生年月日:1967年1月12日(51歳)
出身地:鹿児島県
身長:不明
血液型:B型
所属:無所属

・1980年:第35回手塚賞を受賞する。
・1990年:「SLAM DUNK」を連載開始する。
・1998年:「バガボンド」の連載を開始する。
・2000年: 第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞する。
・2010年:日本バスケットボール協会から表彰される。

井上雄彦の現在の病気の状態や本当の休載理由がヤバイ!?

井上雄彦さんはバスケ漫画などが大人気ですよね。

井上さんの作り出す物語はもちろん、その見事な画力なども大注目されています。

そんな井上さんなのですが、井上さんの現在の病気の状態や本当の休載理由が話題になっているそうです。

では、井上さんの現在の病気の状態や本当の休載理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、井上さんは休載が多いことから、病気を患っているのではないか、と言われているそうです。

ちなみに、井上さんは90年代から「SLAM DUNK」や「バガボンド」などを連載していましたよね。

しかし、「SLAM DUNK」が終了し、その後に「バガボンド」や「リアル」などの作品の連載が始まったものの、現在はどちらも休載しているのだそうです。

特に、井上さんは2000年代に入ってから休載することが多くなっていて、それは病気のためだとも言われているのだとか。

そして、井上さんの現在の病気の状態については様々なことが言われているのですが、病名は「うつ病」だとも言われているのだとか。

ちなみに、「うつ病」とは

「気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。」

(Wikipediaより)

という病気なのですが、作家や漫画家には「うつ病」になる人も多いと言われていますよね。

なので、「うつ病」を患っていることから、現在の井上さんはあまり仕事ができずに休載しているとも言われているのだとか。

スポンサーリンク


また、他にも井上さんは腱鞘炎を患っているので休載しているとも言われているそうです。

ただ、これらについてはあくまで噂となっていて、こうした病気が休載の真相なのかどうかはわかっていないのだとか。

ちなみに、井上さんは、漫画を描いていないものの、うつ病などを抱えていると噂されているわりには、かなり精力的に活動をしていて、日本バスケットボール協会から表彰された時には以前と変わらない元気な姿を見せていたのだそうです。

さらに、井上さんは漫画の連載は中断しているものの、寺院に屏風絵を奉納したりして芸術活動を行っているので絵が描けなくなったということはないのだとか。

なので、一説には、井上さんは現在は漫画を描くよりも屏風絵などを描く芸術活動が忙しいので、漫画を休載しているとも言われているのだそうです。

そうしたことから、井上さんは「バガボンド」も「リアル」も休載していて、これが休の載理由だとも言われているのですが、井上さんの現在の病気の状態や本当の休載理由がヤバイですよね。

また、「バガボンド」については内容が複雑になりすぎて井上さん自身も終わり方がわからなくなったのではないか、とも言われているのだとか。

なので、井上さんとしては連載をストップし、少し時間をおいてから再開しようと考えているのかもしれません。

また、そんな井上さんなのですが、その収入は印税などから年収2億2000万円くらいあるとも言われているそうです。

ちなみに、内訳としては、井上さんは単行本やグッズの売り上げなどを含めて2億円は超えていると言われているのですが、「SLAM DUNK」だけで1億冊を超えるセールスを記録しているとも言われているので井上さんがそれだけの年収を得ているのも納得ですよね。

今後もそんな井上さんは引き続き芸術活動を続けていきそうなのですが、再び「バガボンド」などの漫画の連載を再開してくれることを期待したいですね。

スポンサーリンク


井上雄彦の画力や絵の驚きの値段とは!?

井上雄彦さんは漫画家ながらもその高い画力が注目されていますよね。

それに、井上さんはデビュー時から並外れた画力を持っていると話題になっていたのですが、そんな井上さんの画力や絵の値段について注目が集まっているそうです。

では、井上さんの画力や絵の値段とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、井上さんの画力は相当なものだと言われていて、絵の値段もかなりのものと言われているそうです。

井上さんは漫画家としてその画力はトップクラスと言われているのだとか。

井上さんの漫画は漫画ながらも髪の毛やシワなども細かく書き込まれていて、よりリアルな絵が描かれているのだそうです。

なので、その画力は漫画家の中でもダントツだと言われているのだとか。

また、井上さんは筆入れをする時にはペンじゃなくて筆を使っていることを明かしているそうなのですが、ペンを使わずに筆を使って絵を描くことに驚く漫画家もいるのだとか。

なので、井上さんの絵は漫画というよりもまるで絵画や墨絵のようだとも言われているそうです。

さらに、そんな井上さんはその画力を買われて2013年に伊勢神宮に「承」という水墨画を奉納しているのだとか。

スポンサーリンク


他にも、井上さんは、2014年に「特別展 ガウディ×井上雄彦 – シンクロする創造の源泉 」というコラボを行い、見事なガウディ像を描いているのだそうです。

このように、井上さんのこれらの芸術的な活動も高く評価されているのですが、これも画力の高い井上さんだからこそできることですよね。

さらに、井上さんは他にもBリーグのイラストなども描いているのですが、こちらも見事なイラストです。

他にも、井上さんは親鸞の屏風を描くなどしているのですが、こうした井上さんの絵はかなりの値段がするとも言われているのだそうです。

そこで詳しく調べたところ、井上さんの絵を手に入れるには一般販売されている原画集などを購入するといいのですが、これは千円~数千円するものが多いのだとか。

ただ、井上さんが描いた原画そのものを購入することはできないと言われているそうです。

そのため、井上さんが描いた原画の値段については正確な値段はわからないのだとか。

そうなると、井上さんの原画は一枚数百万円するとも予想できるのですが、もしかするとそれ以上の値段がするのかもしれません。

このように、井上さんはあらゆる面において漫画家という範疇を超えているのですが、井上さんの画力や絵の驚きの値段ですよね。

現在は、芸術家としての活動の方が多いとも言われているので、今後も井上さんは漫画家であるなりながら、芸術家としても活動していきそうです。

うつ病と言われたり、芸術活動が忙しいと言われて、その病気や休載している理由が話題になった井上さんなのですが、漫画家としてトップクラスの画力で、絵の値段が相当なものだと言われて注目されていて、今後もそんな井上さんの活動に注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・井上雄彦の結婚相手と椎名林檎との不倫キス画像がヤバイ!?悲報の衝撃の内容とは!?

このページの先頭へ