リンドコーチの結婚した嫁の正体やイケメンエピソードがヤバイ!?激怒した理由や契約にいたる驚きの経緯とは!?

平昌オリンピックでカーリング女子代表のコーチとしてチームを引っ張っていたのが、リンドコーチですよね。

リンドコーチはイケメンコーチとしても話題になりました。

そんなリンドコーチなのですが、リンドコーチの結婚したお嫁さんの正体やイケメンエピソードが話題になっているそうです。

さらに、リンドコーチが激怒した理由や契約にいたる経緯についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:ジェームズ・ダグラス・リンド(じぇーむす だぐらす りんど)
本名:ジェームズ・ダグラス・リンド(じぇーむす だぐらす りんど)
生年月日:1985年2月19日(32歳)
出身地:カナダ
身長:176cm
血液型:不明
所属:日本カーリング協会

・2007年:CAAジュニアチームのコーチに就任する。
・2013年:北海道女子カーリングアカデミーのヘッドコーチに就任する。
・2016年:一般女性と結婚する。カーリング日本女子代表のナショナルコーチに就任する。

リンドコーチの結婚した嫁の正体やイケメンエピソードがヤバイ!?

平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子代表と一緒に注目されたのがリンドコーチですよね。

リンドコーチはカナダ出身で、日本やカナダ、中国のコーチを務めた経験があります。

そんなリンドコーチなのですが、結婚したお嫁さんの正体やイケメンエピソードが話題になっているそうです。

では、リンドコーチの結婚したお嫁さんの正体やイケメンエピソードとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、リンドコーチは結婚をしていてお嫁さんも外国人と言われているのだそうです。

リンドコーチは名前をジェームス・ ダグラス・リンドといい、カナダの出身なのだとか。

1985年生まれの33歳だそうなのですが、そんなリンドコーチは結婚して奥さんがいるのだそうです。

リンドコーチがいつ結婚したのかというと2016年で、奥さんはカナダ人なのじゃないかと言われているのだとか。

ただ、リンドコーチがお嫁さんと一緒にいる画像などは公開されていないとのことなので、どのような女性なのかはわかっていないそうです。

なので、奥さんがカナダ人というのもあくまで推測になるのだとか。

ただ、カナダ人のリンドコーチなので、カナダ人の女性と結婚したと言われるのも信ぴょう性がありますよね。

イケメンと言われているリンドコーチなので、奥さんもかなりの美人と予想できるのですが、いつか2人のツーショットを見てみたいものです。

また、リンドコーチはイケメンということだけじゃなくて、コーチとして日本やカナダなどでコーチを務めていてコーチとしての実力もかなりのものなのだとか。

カーリング女子日本代表のコーチになってからもリンドコーチのカーリングの的確なアドバイスや戦術は絶賛されていて、試合以外でも海外で試合を行う時には練習用のホールやリンクを自ら手配したり、大型バスをレンタルして選手を空港まで送迎するなどしていたのだそうです。

こうしたリンドコーチの気配りや手際の良さなどから、リンドコーチは見た目に加えてかなりデキる男だと評判なのだとか。

なので、そうしたところからリンドコーチはモテるとも言われているそうです。

確かにデキる男は女性からもモテますよね。

リンドコーチは私生活でもかなりのモテエピソードを持っていそうなのですが、今後バラエティー番組などに呼ばれた時にはそうしたエピソードも披露されるかもしれません。

このようにカーリング女子日本代表のメンバーと同じくらいリンドコーチに注目が集まったのですが、リンドコーチの結婚した嫁の正体やイケメンエピソードがヤバイですよね。

今後はお嫁さんも含めてリンドコーチのプライベートについても様々な情報が明るみになるかもしれません。

スポンサーリンク


リンドコーチが激怒した理由や契約にいたる驚きの経緯とは!?

リンドコーチはカーリング日本女子代表を陰で支えていますよね。

リンドコーチは2016年頃に日本のナショナルコーチに就任したと言われているのですが、そんなリンドコーチが激怒した理由や契約にいたる経緯について注目が集まっているそうです。

では、リンドコーチの激怒した理由や契約にいたる経緯とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、リンドコーチはカナダなどでコーチとして活躍し、日本で一度契約が終了したものの、再び契約をして現在に至るのだそうです。

まず、リンドコーチの経歴についてなのですが、リンドコーチは2007年にカナダカーリング協会のナショナルトレーニングセンター代表強化選手のスタッフとして活動し、そこでジュニアチームのヘッドコーチを務めていたのだそうです。

この時にリンドコーチが指導したチームは世界ジュニア選手権で優勝し、そのまま連覇しているのだとか。

なので、リンドコーチはその実力が認められて、中国のカーリング男子代表のコーチに就任していたこともあるのだそうです。

そして、2013年に北海道女子カーリングアカデミーのヘッドコーチに就任し、北海道のカーリング選手の強化をしていたのだとか。

本橋麻里さんや小笠原歩さんなどがリンドコーチから最新の戦術などを学んでいて、その時の指導の成果もあってカーリング日本女子代表が2014年のソチオリンピックで5位に入賞しているのだそうです。

なので、そこから日本カーリング協会はリンドコーチにナショナルコーチのオファーを出したのだとか。

ただ、リンドコーチの契約は2016年にいったん終了したと言われていて、その後に再契約をしてナショナルコーチとして活動するようになったのだそうです。

この時の契約についてはリンドコーチに問題があったり、契約についてモメたということじゃなくて、元々2013年で契約が切れる予定だったと言えそうなのだとか。

ただ、リンドコーチの指導などはカーリング日本代表がこれから世界と戦っていくのに必要ということで、再契約をしてリンドコーチはナショナルコーチとしてチームを指導するようになったのだそうです。

リンドコーチも日本のカーリング選手を強化するために、引き続き日本のために力を尽くすことを決意してくれたようですね。

そして、そのようにリンドコーチが日本のナショナルコーチとなり、2018年の平昌オリンピックでカーリング日本女子代表は銅メダルを獲得することができたのだとか。

at the Opening Ceremony #pyeongchang2018

J.D. Lindさん(@j.d.lind)がシェアした投稿 –

このように銅メダルを獲得できたのもすべてリンドコーチの指導のおかげとも言われているのですが、リンドコーチは平昌オリンピックで韓国代表との準決勝が行われた時には10エンドでTラインをストーンが超えた時に藤澤五月さんと吉田知那美さんがスイープをするために構えていたものの、反応が少し遅れてしまったことがあり、その時はかなり激怒したのだそうです。

藤澤さんと鈴木さんは予想以上に韓国のストーンが動いたことに気をとられてぼーっとしていたそうなのですが、試合中にもかかわらずぼーっとしていた藤原さんと鈴木さんにリンドコーチもつい激怒してしまったようですね。

また、試合会場は韓国のファンが多くいて、日本のコールはすべてかき消されるほど韓国チームへの声援が多かったのだそうです。

なので、そうした試合環境なども影響したことに加えて、勝てば銀メダル以上が確定する試合だっただけに、普段は温厚なリンドコーチもつい激怒してしまったのかもしれません。

ただ、それだけリンドコーチも試合中はコーチとして本気で勝利を狙っていたと言えそうですね。

また、平昌オリンピックで最終的に銅メダルを獲得したカーリング日本女子代表なのですが、JOCから一人100万円という賞金に加えて、全農から米100俵が贈られたのだとか。

これはリンドコーチも含めたチーム7人で分けるそうなのですが、一人当たり14年分のお米という量なのだそうです。

ただ、外国人のリンドコーチなので、報酬としてそれほどお米をもらっても困るだろうと言われているのだとか。

日本人でも食べきれない量のお米をもらってリンドコーチがそれをどのように食べるのかも注目されているのですが、驚きの報酬ですよね。

また、実際のリンドコーチの報酬や契約などについてははっきりとわかっていないそうです。

ただ、見事カーリング日本女子代表を銅メダルに導いたということで、リンドコーチは今後も契約が延長されて、報酬も高くなるかもしれません。

なので、選手と合わせてリンドコーチはこのように様々なことで話題になっているのですが、リンドコーチの激怒した理由や契約にいたる驚きの経緯ですよね。

カナダ人の女性と結婚したと言われて、お嫁さんの正体やイケメンエピソードが話題になったリンドコーチなのですが、カナダのジュニアチームを世界一に導いて中国や日本でコーチとして活躍するなど、その契約やこれまでの経緯も注目されていて、今後もそんなリンドコーチに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ