安田美沙子が嫌いと言われる理由がヤバイ!?旦那のVICTIMの驚きの実態とは!?

画像1スレンダーなスタイルと健康的な笑顔で、かつてはグラビアで絶大な人気を得た安田美沙子さん。

バラエティ番組や女優としても活躍しましたが、2014年の結婚後にはレシピ本を出版したり、テレビ番組などで旦那様との結婚生活のエピソードを披露し、主婦タレントとして定着しはじめています。

そんな安田さんは、男性からの人気が高く、女性からは嫌われるという両極端な評価をされてしまいがちなのですが、原因はどこにあるのでしょうか?

そして、安田さんの旦那様が実業家として、かなりのやり手だというのですが、その実態はどのようなものなのでしょうか?

そこで、いろいろ気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:安田 美沙子(やすだ みさこ)
生年月日:1982年4月21日(34歳)
出身地:北海道札幌市
身長:161cm
スリーサイズ:B82 W60 H85cm
血液型:O型
高校:京都府立東宇治高校 卒業
大学:摂南大学 中退
事務所:株式会社アーティストハウス・ピラミッド

2002年:「ミスマガジン2002」コンテストに於いて、「ミスヤングマガジン」受賞。
2003年:『週刊プレイボーイ』の第6回トレカ大賞で新人賞受賞。
2004年:「サントリービールキャンペーンガール」。
2006年: 第43回ゴールデン・アロー賞“グラフ賞”を受賞 (3月)。
2008年:第2回ブライダルジュエリープリンセス賞を受賞 (1月)。ジュエリーメーカー「Crossfor」イメージガール( 2008年8月-2009年8月)
2010年:アメトーーク大賞グランプリ。
2012年:日本スイミングクラブ協会主催の第13回ベストスイマー賞を受賞。

安田美沙子が嫌いと言われる理由がヤバイ!?

一人称は「うち」であり、京言葉もかわいい、ほんわか系女子の安田美沙子さん。

画像2

男性から見れば非の打ちどころがない可愛さのようで、こんな声があがっています。

・方言が可愛い。

・明るくて、純粋で彼氏一筋っぽい。

・スタイル抜群だし、性格がメチャクチャ良さそう。

・顔や雰囲気もそうだけど、ちょっと間抜けな感じがたまらん。

しかし、これが女性の目から見るとまったく違ったふうに見えてしまうようなのです。

実は安田さん、テレビに出はじめた頃には標準語を話していたのですが、今から数年前に「方言女子」という言葉が流行はじめたタイミングで「京言葉」にチェンジしたという経緯がありました。

この「京言葉」は、2016年のマイナビニュースによる男性会員対象の「女性の方言が最もかわいいと思う都道府県」という調査では1位を獲得し、その理由が品が良くやわらかい感じがするということで、男性ウケが良いようです。

つまり、すごく美人という訳ではないけれど自分より見た目が良くて、「京言葉」という武器を巧みに使い、男性から好感を持たれる安田さんに対して、世の女性達が嫉妬してしまっているのかもしれません。

ただし、安田さんの「京言葉」については行き過ぎな感も否めず、京都出身者からは

「強調し過ぎて嘘臭い」

「いけず(意地が悪いこと)に見えてしまう」

と言われています。

そして、安田さんは旦那様であり青年実業家の下鳥直之さんを射止めた「幸せをつかんだ婚活テク」4か条の

「1.かもしれへん攻撃」

「2.ちょっとテンパれ」

「3.声を裏返らせろ」

「4.男友達の数をチェックしろ」

をテレビのトーク番組で公開しました。

ちなみに「1.かもしれへん攻撃」とは相手に同調して、趣味が合うとさりげなくアピールするというもので、

安田さん:「ご趣味は?」

相手:「プロレスを見るのが好き」

安田さん:「プロレス、私もすごく好きなんですよ。趣味、合うかもしれへん!」(笑顔で!)

といった具合だったので、共演者からは共感を得られず、世の女性達からはさらに反感を買ってしまい

「あざとい」

「腹黒い」

と散々な言われようで、火に油を注いでしまう結果になってしまいました。

こんな風に自分を偽ってまで結婚して、結婚生活はうまくいくのかと、ちょっと心配になってしまうのですが、テレビで安田さんがこんな奔放な発言をしても許してくれるような包容力のある旦那様なので、案外、安田さんが旦那様の手のひらの上で、心地良く転がっている状態なのかも知れませんね。

スポンサーリンク

安田美沙子の旦那のブランドVICTIMの驚きの実態とは!?

安田美沙子さんの旦那様、下鳥直之さんは「VICTIM」というブランドのデザイナー兼、経営者で現在36歳です。

この「VICTIM」は、シンプルなアメカジ、ワーク、ミリタリーをブランドカラーの軸とし、「着心地とシルエットにこだわり長く着られる洋服」をテーマに、洋服やそれ以外の小物アイテムも提案し続けています。

例えば、

RADWIMPSの野田洋次郎さん

ストレイテナーのホリエアツシさん

BUMP OF CHICKENの藤原基央さん

など、沢山の人気アーティストが気に入って着用しているので、彼らを広告塔としてターゲットである20代をうまく取り込むことに成功しました。

そのようなことから、年商が4億、年収レベルでも3,000万円は超えると言われていて、業績が右肩上がりなのは間違いなさそうです。

そんな下鳥さん、中学生の頃からビンテージの洋服が好きで、すでに洋服の売買をしていたのだとか。

そして、高校生になり、遊びに行った東京でスカウトされ、高校卒業後すぐにコレクションのウォーキングモデルとして活動していたので、専門学校や大学には通わず、アパレルショップのスタッフを経て服飾業界に入ったそうです。

画像3

実際、元モデルなだけあって、なかなかのイケメンですよね。

その後は独学で洋服作りを始めたため、自分の感性だけを頼りに現場で知識を身に付けて、23歳で「VICTIM」を立ち上げ、原宿にVICTIM TOKYOというお店をオープンしました。

そして、ブランドが10周年を迎えたことを記念し、神宮前にWhite Galleryをオープンさせましたのですが、現在の店舗数は、国内に40店舗、海外に2店舗ですので、早くから経営者としての素質があったのでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし「お店で扱っている商品のデザインがネット上の画像をプリントしたもの」や「ドメスティックやインポートの流行もののパターンをコピーしている」といった気になる噂も見かけます。

ただ、そもそも「VICTIM」はシンプルなテイストのブランドですし、流行のカラーなどは海外のコレクションから発信されるのがファッション業界の常識ですので、境界線は微妙なのかも知れません。

しかし、本人が「独学で」と言っている限りは他の商品を参考にしている可能性はあり、それが洗練されて独自のブランドになっているのかもしれませんね。

いずれにしても、「VICTIM」はオシャレ好きの人達から絶大な支持を受ける魅力的なブランドなので、下鳥さんは出身地の新潟県上越市では英雄扱いなのだそうです。

画像5

すばらしい才能があり日本と海外を行き来し、多忙な日々を送る下鳥さんを射止めた、安田美沙子さんですが、「ありあまる幸せ」はそろそろ胸の内に閉まって、私生活を切り売りせずに、旦那様を支える良き妻に徹する方が、幸せが長続きするのかも知れませんね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・安田美沙子のすっぴんとメイクのギャップがヤバイ!?城田優との驚きの破局理由とは!?

・安田美沙子のマラソンのベストタイムがヤバイ!?結婚式で起こった和田アキ子の衝撃の暴走とは!?

このページの先頭へ