岸谷五朗のヤンキー時代の武勇伝がヤバイ!?嫁との驚きの馴れ初めとは!?

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f1テレビ、映画、舞台で俳優として活躍し、さらに演出家としての評価も高い岸谷五朗さん。

そんな岸谷さんは、若い頃、多くの武勇伝を持つ伝説のヤンキーだった、というウワサが囁かれているそうです。

また、岸谷さんと奥様の馴れ初めエピソードが衝撃的すぎる、と話題になっているようです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:岸谷 五朗(きしたに ごろう)
生年月日:1964年9月27日(52歳)
出身地:東京都
身長:175 cm
血液型:O型
所属:アミューズ

1983年:劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。
1994年:劇団を退団し、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。
1996年:プリンセスプリンセスのボーカル奥居香と結婚。
2009年:「キラー・ヴァージンロード」で初の映画監督を務める。

岸谷五朗のヤンキー時代の武勇伝がヤバイ!?

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f2

2016年10月から日本テレビ系で放送している「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」に出演中の岸谷五朗さんは、主演の石原さとみさんが働く出版社の良き上司役を好演されています。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f3

そんな岸谷さんは、東京都武蔵野市内の団地で育ち、子どもの頃から家の中で遊んだ記憶が無いほど外にばかり居たのだそうです。

そして、成長するにつれ舞台に興味を持つようになり、“舞台俳優になりたい”という夢を追うために、演劇未経験でありながら、当時、人気小劇団のひとつだったスーパー・エキセントリック・シアターのオーディションを受け合格しました。

ちなみに、この劇団の主宰を務める三宅裕司さんは、岸谷さんについて

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f4

ダンスやアクションはすごく良いけど粗削りで、だんだん洗練された動きに変わっていくのを近くで見ていて楽しかった。

舞台に出演してもらったお給料も、様々なダンススクールに通うための費用にあてるほど真面目だった。

と語っていて、舞台俳優として活躍したいという熱い思いに好感を抱いていたようでした。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f5

それから、舞台俳優として人気が出てきたものの11年後に退団をし、役者としての新境地を開拓するため、寺脇康彦さんと共に演劇ユニット「地球ゴージャス」を旗揚げし、今、最もチケットの取りにくい劇団として活躍しています。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f6

岸谷さんと寺脇さんは、「地球ゴージャス」の舞台告知で、2人そろってトーク番組やバラエティ番組に出演することが多く、以前、TOKIOの番組に出演した時、「最強の男は誰?」という質問に対し、寺脇さんがあるエピソードを教えてくれたのです。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f7

それは、2人が20代の頃、当時すでに有名だった小倉久寛さんと共に渋谷のセンター街を歩いていたところ、酔っ払ったヤンチャな若者が大暴れしていて、小倉さんにわざとぶつかって絡んできたのだそうです。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f8

それを見かねた岸谷さんが「君、ちょっとこっちに来て。いいからこっち来いよ」とその若者たちと一緒に、一人路地裏へと消え、残された寺脇さん達が「五朗ちゃん、大丈夫かな…」と心配して待っていると、しばらくして岸谷さんが若者を従え戻ってきたそうです。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f9

すると若者は、「すみませんでした!」と別人のように平謝りして、すぐにその場を立ち去っていったのですが、岸谷さんは、何を話したのか、寺脇さん達に、詳細を説明せず、この番組内でも岸谷さんは、ヤバすぎて「全然言えない」と多くを語りませんでした。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f10

実は、ネット上でも、岸谷さんが、「三多摩の五朗」と呼ばれる多摩地区全域で恐れられた伝説のヤンキーで多くの武勇伝を持つ男だ、というウワサが流れているのです。

もし、このウワサが本当なのであれば、センター街で暴れていた若者たちを、いとも簡単に大人しく出来た、という寺脇さんの話にもうなずけますよね。

さらに、テレビ番組でも幼少期の写真は披露してるのですが、学生時代の写真を見かけることがないので、もしかしたら、ヤンチャなスタイルをしていたのかもしれません。

多くの武勇伝を持つ伝説のヤンキーというウワサが囁かれる岸谷さんですが、舞台俳優という夢を志してからは、真剣に稽古に取り組み、今では俳優としても活躍し、演出家としても高く評価され、多くの人を楽しませていますよね。

スポンサーリンク

岸谷五朗と嫁の驚きの馴れ初めとは!?

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f11

岸谷五朗さんの奥様は、プリンセスプリンセスのボーカリストで、現在は、シンガーソングライターとしても活動している岸谷香さん(旧姓・奥居香)です。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e7%94%bb%e5%bb%8a%e7%94%bb%e5%83%8f12

プリンセスプリンセスと言えば、80年代に一大旋風を巻き起こしたガールズバンドでアラサー、アラフォー世代は、みんな熱狂した大スターバンドですよね。

そして、岸谷さんも数々の舞台やドラマ、映画で活躍していて、有名な2人の結婚は当時、話題になりましたが、そんな2人の馴れ初めは何だったのでしょうか。

実は、岸谷さんと香さんの出会いは、岸谷さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「レディオクラブ発射寸前」に、香さんがゲスト出演したことで、番組が始まる前は香さんのファンだと公言していた岸谷さんだったのに、なんと番組中に「このアマ!」と言い始め、大喧嘩になってしまったのです。

出会いが喧嘩、というのは衝撃ですが、初めにお互いをさらけ出せたのが良かったのか、友達として6年ほど付き合っていく中で、2人でお酒を飲みながら舞台や音楽の話をしたり、岸谷さんがプロデュースする芝居が好きだから、という理由で芝居の音楽を香さんが手がけるなど関係を深めていったようです。

ちなみに、岸谷さんのプロポーズの言葉は、

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f13

一緒に記者会見を開きませんか

というもので、香さんの返事は、

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f14

あ~やっときますか

というサッパリした感じで、結婚してからも甘い雰囲気は一切無い男気あふれる妻なのだそうです。

%e5%b2%b8%e8%b0%b7%e4%ba%94%e6%9c%97%e7%94%bb%e5%83%8f15

また、香さんは、とても料理上手で、お酒好きな岸谷さんのために素早く美味しいつまみを常に8品ほど作ってくれるのだとか。

岸谷さんと香さんとの出会いは衝撃的でしたが、今は年をとってもずっと隣りでお茶を飲んでいられるような居心地の良い関係のようで、いつまでも仲が良い様子が伝わってきます。

今の奥様とはラジオ番組のゲストに来てもらいながら大喧嘩になる、という驚きの馴れ初めエピソードを持つ岸谷さんは、若い頃「三多摩の五朗」と呼ばれる伝説のヤンキーだった、というウワサもありますが、今は、俳優として活躍しながら、様々な舞台のプロデュースも手がけるなど常に新しい表現を求め続ける姿勢が素敵ですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ