神取忍が性同一性障害と言われる理由がヤバイ!天龍との一戦の衝撃の裏側とは!?

2016-11-24_010044女子プロレスラーとして実力No1とも言われ、大活躍していたのが神取忍さんですよね。

プロレスラーを引退した後は政治家としても活動していました。

そんな神取さんなのですが、性同一障害と言われていて、その理由が話題になっているそうです。

さらに、神取さんと天龍源一郎さんとの一戦の裏側についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:神取 忍(かんどり しのぶ)
本名:神取 しのぶ(かんどり しのぶ)
生年月日:1964年10月30日(52歳)
出身地:神奈川県
身長:170cm
血液型:B型
所属:LLPW-X

・1986年:ジャパンプロレスに入団する。
・1988年:フリーになる。
・1995年:総合格闘技L-1に挑戦する。
・2000年:天龍源一郎とシングルマッチを行う。
・2006年:国会議員に就任する。
・2014年:天龍源一郎と再戦する。

神取忍が性同一性障害と言われる理由がヤバイ!

柔道で大活躍し、その後女子プロレスラーとなって大活躍していたのが神取忍さんですよね。

2016-11-24_010140

神取さんの男性顔負けのプロレススタイルは、女子プロレスの世界では特出していました。

そんな神取さんなのですが、性同一障害ということが言われていて、その理由が話題になっているそうです。

では、神取さんが性同一障害と言われてしまう理由とは、一体、どのようなことなのでしょうか。

そこで調べてみると、神取さんは以前から男性のような格好をすることが多く、普段の言動や振る舞いなども男性のようなものなので、性同一障害なのではないかと言われているそうです。

2016-11-24_010233

まず神取さんについてなのですが、神取さんは15歳から柔道を始めていて、世界柔道選手権で2位を獲得するなど10代の頃から柔道少女として知られていたのですが、その後プロレス界入りしているのだとか。

そして、プロレスの世界に入った神取さんは男子とスパーリングをさせられるなど、当時から女性ながらも扱いは男性と同じだったそうです。

また、プロレスラーとしての神取さんは、時には本気の試合も行うストロングスタイルを貫いていたのですが、そうしたプロレスラーとしての姿勢なども神取さんが性同一性障害と言われる理由となっているそうです。

ちなみに、性同一性障害とは、

「出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識(Gender identity、性同一性)を持つために、自らの身体的性別に持続的な違和感を持ち、自己意識に一致する性別を求め、時には身体的性別を己れの性別の自己意識に近づけるために医療を望むことさえある状態』をいう医学的な疾患名。」

(Wikipediaより)

というものなのだとか。

さらに、普段の神取さんのファッションも金髪にシャツやジーンズ、パンツスーツなどの姿が多く、まるで男性のような格好をしていることから性同一性障害なのではないかと言われてしまっているそうです。

2016-11-24_010543

さらに、神取さんは現在も独身で、浮いた話などはこれまで一切ないのですが、そうしたことなどからも性同一性障害と言われているのだとか。

なので、こうしたことなどから神取さんは性同一性障害なのではないかと言わているそうなのですが、神取さんが性同一性障害と言われる理由がヤバイですよね。

ただ、そのように言われているものの、神取さんのプロレスラーとしてのファイトスタイルやファッション、髪型が男性っぽいからといって性同一性障害と言うのは少し飛躍し過ぎなのではないかとも指摘されているそうです。

特に神取さんの場合は柔道家として10代の頃から活躍し、プロレスラーとして男性顔負けの活躍をしてきたので、言動などがどうしても男らしくなってしまっているだけで、中身は普通の女性だとも言われているのだとか。

2016-11-24_010652

実際に神取さんが性同一性障害ということを告白しているわけではないので、これについては何とも言えないのですが、今後神取さんが性同一性障害ということをカミングアウトすることもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

神取忍と天龍の一戦の衝撃の裏側とは!?

神取忍さんは女子プロレスラーの中でも、その実力は男子にひけを取らないと言われていましたよね。

なので、男子プロレスラーの天龍源一郎さんと対戦するなどして大きな話題となりました。

2016-11-24_011027

そんな神取さんがなのですが、天龍さんとの一戦の裏側が注目されているそうです。

では、神取さんと天龍さんとの一戦の裏側とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、神取さんと天龍さんは2000年にシングルマッチを行っているそうです。

2016-11-24_011128

女子プロレスラーの神取さんと男性プロレスラーの天龍さんが対戦するということで、プロレス界でも前例のない試合ということで話題になったのですが、この試合で神取さんは天龍さんにボコボコにされてしまったそうです。

天龍さんにかなり殴られてしまったので試合後の神取さんは顔を大きく腫らしていて、プロレス界でも珍しいほどの壮絶な試合となったのだとか。

2016-11-24_013100

このように天龍さんが神取さんをボコボコにしたことについてなのですが、実は対戦が始まってもあまり本気にならなかった天龍さんに神取さんが激高して、

「なめんな!本気で来い!」

と言ったことから天龍さんも本気になって神取さんのことを殴りつけたそうです。

2016-11-24_011323

神取さんもそのように天龍さんに言った手前、一歩も引かずに天龍さんに立ち向かっていってボコボコにされてしまったのですが、神取さんは女子プロレスの看板を背負っていたこともあって、絶対に逃げられないということで真正面からぶつかっていったのだとか。

こうした壮絶な天龍さんとの一戦を経て神取さんは、

「あれ以来怖いものがなくなった。」

とも明かしているそうです。

一方の天龍さんも神取さんとの対戦の話が来た時から神取さんとはプロレスではなくて本気で戦うことを宣言していたものの、試合後に神取さんが自分の足で歩いて控え室に戻っていった時には、やり方が甘かったとも反省したのだとか。

あれだけ激しくボコボコにしても天龍さんはそのように感じていたそうなのですが、それでも男性プロレスラーとしての意地を見せることができたとも語っていたそうです。

2016-11-24_011746

そして、神取さんは、そのように天龍さんが女子プロレスラーの自分に本気で向かってきてくれたことがたまらなく嬉しかったそうなのですが、壮絶な戦いを通して二人だけが感じ合うものがあったようです。

2016-11-24_011447

現在も神取さんと天龍さんの一戦は伝説の試合と言われているのですが、神取さんと天龍さんの一戦の裏側がヤバイですよね。

男性のような服装や髪型をし、男性顔負けのファイトスタイルから性同一性障害が噂される神取さんなのですが、女子プロレスラーとして天龍さんと本気で戦い、天龍さんもそれに応えて神取さんをボコボコにするなどその裏側が話題となっていて、今後もそんな神取さんはプロレスラーとして大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ