チャドマレーンの現在の彼女の正体や結婚がヤバイ!?大学などの学歴の驚きの実態とは!?

オーストラリア出身の芸人として知られているのがチャドマレーンさんですよね。

チャドマレーンさんのシュールなネタは大人気となっています。

そんなチャドマレーンさんなのですが、現在の彼女の正体や結婚が話題になっているそうです。

さらに、チャドさんの大学などの学歴の実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:チャドマレーン(ちゃどまれーん)
本名:チャドマレーン(ちゃどまれーん)
生年月日:1979年11月28日(37歳)
出身:オーストラリア
身長:169cm
血液型:O型
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

・1997年:留学生として来日する。
・1998年:大阪NSCに21期生として入所する。
・1999年:お笑いコンビ・モーニングコールを結成する。
・2005年:「ゼベック・オンライン」に出演する。
・2008年:朝ドラ「瞳」に出演する。
・2009年:コンビ名をチャドマレーンに改名する。

チャドマレーンの現在の彼女の正体や結婚がヤバイ!?

チャドマレーンさんは吉本所属の芸人として大活躍していますよね。

純粋なオーストラリア人ながらも日本語がペラペラで独自のネタが人気となっています。

そんなチャドマレーンさんなのですが、現在の彼女の正体や結婚が話題になっているのだとか。

では、チャドマレーンさんの現在の彼女の正体や結婚とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、チャドマレーンさんは村上ショージさんの娘のバターぬりえさんが彼女と言われているそうです。

芸人のチャドマレーンさんは多くのテレビ番組に出演しているのですが、そんなチャドマレーンさんは番組の中で告白をされたことがあるのだそうです。

そして、番組の中で告白された相手というのが同じ吉本所属で芸人のバターぬりえさんだったのだとか。

そもそもバターぬりえさんは父親が芸人の村上ショージさんということが知られていますよね。

なので、親子でテレビに出演することもあるのですが、かつてバターぬりえさんがNSCでお笑いを学んでいた頃にチャドマレーンさんが講師としてやってきて、そこで一目ぼれしてしまったのだとか。

そして、父親の村上さんと共演している番組の中でバターぬりえさんがチャドマレーンさんに告白をしたのだそうです。

バターぬりえさんがチャドマレーンさんに告白するということでスタジオ内はかなり異様な雰囲気に包まれたそうなのですが、そのように告白されたチャドマレーンさんはあっさりとその告白を受け入れたのだそうです。

ただ、チャドさんはすでに彼女がいるので、二番目の彼女ならいいということで半ばジョークとしてバターぬりえさんの告白を受け入れたのだとか。

芸人ということで番組の事なども考えてチャドマレーンさんはそのようにボケながら告白を受け入れたそうなのですが、こうしたとろはさすが芸人さんですよね。

また、そうしたことがあったことから、バターぬりえさんはチャドマレーンさんの彼女と言われているそうです。


スポンサーリンク


しかし、当時のチャドマレーンさんには本命の彼女がいたので番組の中で冗談ながらも告白を受け入れただけで、バターぬりえさんがチャドマレーンさんと交際している事実はないのだとか。

また、そんなチャドマレーンさんの本命の彼女についてなのですが、彼女の名前などは一切明かされていないそうです。

恐らく一般人ということで名前などを明かしていないと思うのですが、そんな彼女とはまだ結婚もしていないと言われているのだとか。

なので、チャドマレーンさんは現在も独身だと言われているそうなのですが、チャドマレーンさんの現在の彼女の正体や結婚がヤバイですよね。

チャドマレーンさんがバターぬりえさんに告白された時に付き合っていた彼女と現在も交際しているのかはわからないのですが、仮りに現在も交際しているとするとかなり長い間交際しているということになるのでそのまま結婚することもあるかもしれません。

ちなみに、現在のチャドさんの活動状況なのですが、芸人として活動しながら映画「表と裏最終章」や舞台「残響のテロル」などに出演し、映画「珍遊記-太郎とゆかいな仲間たち-」や松本人志さんの映画などの翻訳をしているのだそうです。

芸人としての収入だけだと食べていくことができないので翻訳の仕事をしていると言われているのですが、得意の英語を生かして様々な仕事を行っているのだとか。

なので、今後もそんなチャドマレーンさんは様々な活動をして活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

チャドマレーンの大学などの学歴の驚きの実態とは!?

チャドマレーンさんはオーストラリア出身ということが知られていますよね。

生まれも育ちもオーストラリアなのですが、そんなチャドマレーンさんの大学などの学歴の実態に注目が集まっているそうです。

では、チャドマレーンさんの大学などの学歴の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、チャドマレーンさんは交換留学生として日本に来て、それ以来日本に住んでいるのだそうです。

ちなみに、チャドマレーンさんの生い立ちについてなのですが、チャドマレーンさんはオーストラリアのパースで生まれ育っていて、そこから日本に留学をしたのだとか。

そして、兵庫県の大学に留学したそうなのですが、具体的にどこの大学に留学したのかはわかっていないそうです。

また、チャドマレーンさんの学歴についてなのですが、オーストラリアで通っていた大学などについても詳しいことはわかっていないのだとか。

日本には1997年頃に来たと言われているそうなのですが、このように意外とわからないことが多いということでチャドマレーンさんの大学などの学歴の驚きの実態ですよね。

なので、チャドマレーンさんについては詳しいことはほとんど明かさていないのですが、兵庫県の大学に留学したチャドマレーンさんは大阪弁を話すようになり、さらにお笑いが大好きになったのだそうです。

なので、そうしたことから芸人になったのですが、大阪弁がペラペラなことから先輩芸人からは大阪ラリア人とも言われているのだとか。

オーストラリア人ながらも関西弁を話すというギャップを見事に表現している言葉ですよね。

スポンサーリンク


そして、そんなチャドマレーンさんは1999年頃から加藤貴博さんとお笑いコンビ・モーニングコールを組んで芸人として活動をするようになったのだとか。

また、そんなチャドマレーンさんは映画「禅と骨」の中でウエンツ瑛士さんの兄を演じたことがあるそうです。

「禅と骨」は日系アメリカ人の禅僧のヘンリミトワさんの生涯を映画化したもので、ウエンツさんはヘンリミトワさんの青年期を演じたのだとか。

芸人ながらも俳優として出演したチャドマレーンさんは、ウエンツさんとも顔が似ているのでウエンツさんの兄という役柄がピッタリですよね。

顔も似ているので本物の兄弟と勘違いしてしまいそうなのですが、もちろん二人は全くの赤の他人で血のつながりはないのだとか。

チャドマレーンさんについては詳しいプロフィールなどが明かされていないのですが、このように映画などにも出演しているということで今後は徐々に様々なことが明らかになっていくかもしれません。

テレビ番組で告白されたことからバターぬりえさんが彼女と言われるなどその彼女の正体や結婚が話題となったチャドマレーンさんなのですが、90年代後半に留学生として兵庫県の大学に留学に来てその学歴の実態も注目されていて、今後もそんなチャドマレーンさんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ