AYA(トレーナー)が嫌いと言われる理由がヤバイ!?大学などの経歴の驚きの実態とは!?

女優の土屋太鳳さんやモデルの中村アンさんなど、今をときめく有名芸能人の美ボディを作り上げるカリスマトレーナーのAYAさん。

そんなAYAさんは、意外な理由で嫌いと言われているそうです。

また、AYAさんの大学や家族、トレーナーになるまでの経歴も話題になっています。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:小山内 あや(おさない あや)
生年月日:1984年12月27日(32歳)
出身地:兵庫県
身長:175cm
血液型:O型
所属:株式会社ワイエムエヌ

2012年:クロスフィットと出会う。
2016年:書籍「AYAボディメソッド」を出版。
2017年:書籍「Aya Body 体を鍛えるファンクショナル・トレーニング」を出版。
2017年:AYA監修HMBサプリ「BBB」発売。

AYA(トレーナー)が嫌いと言われる理由がヤバイ!?

カリスマトレーナーとして今、最も注目を浴びているAYAさんは、プロのモデルとしてランウェイを歩いていた経験を活かして、多くの有名女優やモデルのパーソナルトレーナーを務めるなど絶大な信頼を得ています。

ただ、そんなAYAさんを嫌いと思う人もいるようで、ネット上では

・最近よく見るトレーナーのAYAさん、筋肉ありすぎで女性の魅力なくてダメっていうか嫌い。。。

・クロスフィットトレーナーのAYAって鍛え過ぎてニューハーフに見えるし、見た目が怖いよね。

・AYAって人、トレーニングする為に生きてるって感じがしてスゴイかもしれないけど、そもそも筋肉あり過ぎってキライだわ

・AYAって腹筋の6パックとかが人気かもしれないけど、自分ならあそこまで筋肉いらないなぁ。

と、有名人も認めるAYAさんのその筋肉が苦手だと思う人が多いようでした。

また、関西出身ということも影響しているのか、話し方からハッキリした性格のように思われたり、男性顔負けのトレーニング風景から強さを感じたりしてしまうのかもしれません。

特に、男性の立場からすると引き締まった筋肉が女性らしさを失わせてると感じてしまうようで、「男っぽい」という意見が多数を占めていましたね。


スポンサーリンク


ただ、AYAさんはモテたい、とこか女性らしくあるためにトレーニングをして筋肉をつけているわけではなく、“自分らしさ”を追求していた結果が今のスタイルに結び付いたようですよ。

実は、運動神経が良くスポーツが大好きなAYAさんは、モデルの仕事を始めてからはモデルは「細ければ細いほどいい」と言われ、無理なダイエットを続け必要以上の筋肉をつけないようにしていたそうです。

そして、そんなAYAさんの転機となったのがアメリカ発の女性ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーを見た時のことで、細いだけでなく筋肉質な体でランウェイを歩くモデルたちの姿を見て迷いが吹っ切れ、無理して痩せることをやめて「自分らしくいられればいいや」という思いに至ったようです。

引き締まった筋肉がたくましく男っぽく見えて嫌いと思う人もいるAYAさんですが、自分らしくいられることを重視したことで、トレーナーとして現代の女性美のアイコンとして絶大な支持を集める存在になっていてスゴイですよね。

スポンサーリンク

AYA(トレーナー)の大学などの経歴の驚きの実態とは!?

引き締まったウエストにキュッと上がったヒップなど、どこから見てもパーフェクトボディのトレーナーAYAさんが今をときめく有名芸能人のパーソナルトレーナーを務めるようになるまでには様々な経緯があったそうです。

まずは、AYAさんの出身大学について調べてみたのですが、詳しい大学名は分からず「体育教師になりたい」という理由で体育大学へ進学したことのみ公表していました。

ただ、兵庫県出身ということから関西周辺で進学したのなら大阪体育大学かもしれない、と言われていましたね。

また、AYAさんの名前が英語表記なのとクールな見た目から「国籍は?」「ハーフ?」などと訊かれるそうですが日本人なのだそうです。

ちなみに、生まれつき運動神経の良かったAYAさんは、そのセンスを活かし中学時代は陸上に励み、高校ではバレー部に所属し、個人競技と団体競技の両方を経験したことで身体を動かす楽しさを存分に味わってきたそうですよ。

また、175cmという高身長のAYAさんは、中学時代から背が高くモデルにスカウトされるような目立つ存在だったようです。

あと、高身長なのはご両親ゆずりで、画像は無いですが弟さんも背が高いのだとか。

それから、体育教師になろうと体育大学へ進学しスポーツ科学などを学んでいる中で、運動に関わる様々な職業を知り、特に若い人から年配の方まで大人数の前で教えるフィットネスインストラクターに魅力を感じたそうですよ。

スポンサーリンク


ちなみに、「面白そうだな」という理由で乗馬のインストラクターをしていたこともあるそうですが、馬のお世話が思った以上に大変で研修期間中に辞めてしまったこともあるそうです。

その後、モデルとインストラクターというジャンルの異なる職業を両立しようとするのですが、運動が好きで筋肉のある身体のAYAさんは、「筋肉を落としなさい」というモデル業になかなか馴染めず苦悩することもあったようですね。

そんな中で筋肉質なモデルの存在を知ったり、1時間以内に体全体を使うことが出来るフィットネス「クロスフィット」に出会ったりしたことでAYAさんの世界は大きく広がり、今ではエクササイズが日常と共にあるヘルシーでハッピーな社会になるよう、トレーナーとして「クロスフィット」を広めていきたいのだそうです。

引き締まり過ぎた身体は男っぽいので嫌いという人もいるようですが、32歳という年齢にはとても見えないAYAさんは、体育教師になりたくて体育大学を卒業後、モデルとフィットネストレーナーを両立し、今では美ボディトレーナーとして多くの女性の憧れの的となっていますね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

このページの先頭へ