佐野史郎の現在や嫁や娘との私生活がヤバイ!?野際陽子との冬彦伝説の驚きのエピソードとは!?

映画、ドラマなどで様々な役柄を演じているのが佐野史郎さんですよね。

佐野さんは少し変わった役柄を演じることが多く、個性派の俳優として知られています。

そんな佐野さんなのですが、現在や、お嫁さんや娘さんとの私生活が話題になっているそうです。

さらに、佐野さんと野際さんの冬彦伝説のエピソードにも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:佐野 史郎(さの しろう)
本名:佐野 史郎(さの しろう)
生年月日:1955年3月4日(62歳)
出生地:山梨県
身長:176cm
血液型:B型
所属:アベベネクスト

・1980年:劇団状況劇場に在籍する。
・1986年:女優の石川真希と結婚する。
・1987年:大河ドラマ「独眼竜政宗」に出演する。
・1992年:ドラマ「ずっとあなたが好きだった」に出演する。
・2010年:ドラマ「科捜研の女」に出演する。
・2017年:映画「なりゆきな魂、」に出演する。

佐野史郎の現在や嫁や娘との私生活がヤバイ!?

佐野史郎さんは俳優、映画監督として活躍していますよね。

70年代から舞台などで活躍し、これまでに舞台、映画、ドラマと様々な作品に出演してきました。

そんな佐野さんなのですが、現在や、お嫁さんや娘さんとの私生活が話題になっているそうです。

では、佐野さんの現在の活動状況や、お嫁さんや娘さんとの私生活とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、佐野さんは現在も俳優として活躍し、お嫁さんは劇団の先輩だった女性で娘さんが一人いるのだそうです。

最近の佐野さんは以前に比べると露出が少なくなったと思われがちですが、現在も映画やドラマに多く出演しているのだとか。

2010年代以降も多くのドラマに出演していて、最近だと「地方紙を買う女」や「ウルトラマンオーブ」、「下剋上受験」、「三匹のおっさん」などに出演しているのだそうです。

また、映画も毎年のように出演していて「禁忌」、「媚空-ビクウ-」、「なるゆきな魂、」などに出演しているのだとか。

なので、ヒット作品に多く出演していて、俳優として変わらずに活躍しているそうです。

さらに、そんな佐野さんはEテレで「てれび絵本~水木しげるの妖怪えほん~」で語りとして参加していたり、舞台女優の白石加代子さんとの朗読劇「笑った分だけ怖くなるvol.2」を行っているのだとか。

他にも佐野さんは代官山で行われた「晴れたら空に豆まいて」 SKYE(鈴木茂、小原礼、林立夫)meets 佐野史郎/マイカ・ルブテに参加するなどミュージシャンとしても活動しているのだそうです。

以前からギターが趣味の佐野さんなのでライブハウスで友人のミュージシャンと一緒に演奏することも多いようですね。

スポンサーリンク


また、そんな佐野さんの私生活についてなのですが、現在は吉祥寺に住んでいて奥さんと娘さんがいるのだとか。

ちなみに、佐野さんの奥さんは状況劇場の女優だった石川真希さんで、現在も女優として活動しているのだそうです。

佐野さんと石川さんは状況劇団で知り合い、そこから親しくなって交際するようになって1986年に結婚しているのだとか。

そして、現在も夫婦として暮らしているのだそうです。

ちなみに、石川さんは映画「呪怨」などにも出演していて、かつて佐野さんと夫婦でCMの出演したこともあるのだとか。

また、そんな佐野さんと石川さんなのですが、娘さんが一人いて名前を八雲さんというのだそうです。

佐野さんが小泉八雲が好きなことから八雲と名付けたらしいのですが、こうしたところは佐野さんらしいですよね。

佐野さんは以前から「小泉八雲 朗読のしらべ「夢幻—夢とうつつのあわいに現れるものたち」などにも参加しているのですが、このように現在も小泉八雲に関連するイベントに参加するほど小泉八雲が好きということで娘さんに八雲と名付けるのも納得ですよね。

ただ、そんな佐野さんの娘の八雲さんについては一般人ということもあって、詳しいことは明かされていないそうです。

このように佐野さんは現在の活動と共に家族も注目されているのですが、佐野さんの現在や、嫁や娘との私生活がヤバイですよね。

今後は佐野さんが奥さんや娘さんとの生活などについて詳しく明かしてくれることがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

佐野史郎と野際陽子の冬彦伝説の驚きのエピソードとは!?

佐野史郎さんはその高い演技力が注目されていますよね。

役になりきる姿が絶賛されているのですが、そんな佐野さんと野際陽子さんの冬彦伝説のエピソードに注目が集まっているそうです。

では、佐野さんと野際さんの冬彦伝説のエピソードとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、佐野さんはかつて「冬彦さん」というマザコンの役柄を演じて、それが社会現象を巻き起こすほどの大ブームとなったことがあるのだそうです。

佐野さんは1992年にドラマ「ずっとあなたが好きでした」に出演して桂田冬彦という役柄を演じたのだとか。

この桂田冬彦はかなりのマザコンで、その母親役を野際さんが演じていたのだそうです。

妻役の賀来千香子さんも含めて三人の家族模様などが描かれたドラマなのですが、佐野さんの演じた冬彦さんのマザコンぶりが大注目されてドラマも大ヒットしたのだとか。

佐野さんが冬彦さんを演じた姿はあまりにリアル過ぎて、視聴者からは佐野さんが本物のマザコンだと思われたり、街を歩いていると石を投げられることもあったのだそうです。

それだけ佐野さんの演技は迫真のもので本物のマザコンに見えていたようですね。

また、このドラマは初めは賀来さん演じる妻が主人公で、佐野さんが演じる冬彦さんはただの身勝手な夫という脇役だったのだとか。

しかし、佐野さんと野際さんが一緒に歩くシーンで佐野さんが転んでしまい、手を怪我した時に野際さんがその手を舐める演技をしたところ、その親子の関係や冬彦さんのマザコンぶりが一気に注目されたのだそうです。

冬彦さんの指を舐める演技は野際さんのアドリブだったそうなのですが、とっさにこうした演技ができるのはさすが野際さんですよね。

さらに、佐野さん演じる冬彦さんは下唇を突きだしてうなったり、木馬に乗ったりするシーンもあって異常とも言える行為を多くするようになったのだとか。

そして、こうしたシーンがさらに話題を呼んでそれ以降はどちらかというと冬彦さんのマザコン具合と野際さん演じる母親との関係がメインのドラマになったのだそうです。

スポンサーリンク


また、ドラマの中で佐野さんと野際さんのキスシーンもあってさらに注目されたのだとか。

成人になった息子と母親のガチのキスシーンはド迫力ですよね。

なので、このドラマは初回放送の視聴率は13%だったのが、最終回には34.1%もの高視聴率を記録したのだとか。

なので、「ずっとあなたか好きでした」は90年代を代表するマザコンドラマと言われるようになったのですが、佐野さんと野際さんの冬彦伝説の驚きのエピソードですよね。

さらに、ドラマ終了後も「冬彦さん現象」としてマザコンの男性を指す言葉が流行ったり、年末には「マザコン」、「冬彦さん」という言葉が流行語大賞に選ばれたのだそうです。

流行語大賞の授賞式には佐野さんと野際さんが出席しているのですが、この社会現象は佐野さんと野際さんが二人で作り上げたものとも言えますよね。

佐野さんは野際さんが亡くなった時には、野際さんが亡くなったことが体で実感できていないとも語っていたそうなのですが、それだけ佐野さんにとって野際さんは女優としては大きな存在だったようです。

なので今後も佐野さんが野際さんとの隠れたエピソードなどを明かしてくれるかもしれません。

現在は映画やドラマに出演し、劇団の先輩だったお嫁さんや娘さんとの私生活が話題になった佐野さんなのですが、かつて野際さんと共演したドラマでの冬彦伝説のエピソードが注目されるなどしていて、今後もそんな佐野さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・野際陽子の若い頃の経歴や昔の美貌がヤバイ!?病気の現在や死去までの余命がヤバイ!?

こんな記事も読まれています!!

このページの先頭へ