銀粉蝶の読み方や本名と韓国との関係がヤバイ!?子供や若い頃の驚きの経歴とは!?

女優として活躍しているのが銀粉蝶さんですよね。

銀粉蝶さんは女優の他に歌手としても活躍しています。

そんな銀粉蝶さんなのですが、読み方や本名と韓国との関係が話題になっているそうです。

さらに、銀粉蝶さんの子供や若い頃の経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:銀粉蝶
本名:吉田 輝子(よしだ てるこ)
生年月日:1952年5月13日(65歳)
出身地:神奈川県
身長:161cm
血液型:O型
所属:フライングボックス

・1981年:劇団「ブリキの自発団」を結成する。
・1983年:映画「竜二」に出演する。
・1986年:ドラマ「妻たちの課外授業Ⅱ」に出演する。
・1990年:映画「べナルタ・アルバの家」に出演する。
・2000年:ドラマ「スタイル」に出演する。
・2006年:ドラマ「女の一代記」に出演する。
・2016年:映画「ぼくのおじさん」に出演する。

銀粉蝶の読み方や本名と韓国との関係がヤバイ!?

銀粉蝶さんは80年代から女優として活動していますよね。

民放を中心に様々なドラマに出演しています。

そんな銀粉蝶さんなのですが、読み方や本名と韓国との関係が話題になっているそうです。

では、銀粉蝶さんの読み方や本名と韓国との関係とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、銀粉蝶さんは本名を吉田輝子といい、韓国人なのじゃないかということが言われているそうです。

銀粉蝶さんは女優として大河ドラマに出演するなどして活躍しているのですが、そんな銀粉蝶さんは名前もかなり独特なですよね。

まず、銀粉蝶さんの読み方は「ぎんぷんちょう」と読み、22、23歳の頃に金鳥蚊取り線香を体に巻き付ける金粉蝶という役名のある作品に参加し、銀粉蝶さんはその妹役を演じたのだそうです。

そして、その時の思い出として銀粉蝶と名乗って活動をするようになったのだとか。

それだけ銀粉蝶さんにとってその役柄は印象深かったようなのですが、かなり珍しい芸名のつけ方ですよね。

ちなみに、そんな銀粉蝶さんの本名は吉田輝子(よしだてるこ)というそうです。

なので、芸名はかなり変わっているものの、本名はいたって普通の名前なのだとか。

スポンサーリンク


そして、そのように芸名と本名が注目された銀粉蝶さんは韓国人なのじゃないかということも噂されているそうです。

銀粉蝶さんが韓国人なのじゃないかと言われるようになったのは、ネットで銀粉蝶さんの名前と共に銀粉蝶さんの国籍についてもよく検索されていて、そこから銀粉蝶さんは韓国籍なのじゃないかということが噂されるようになったのだとか。

芸能人はこのようにネットの検索が影響して様々な噂が出てしまうことがあるのですが、銀粉蝶さんの場合もネットから韓国籍だということが言われるようになったようです。

ただ、これについてはあくまで噂で、銀粉蝶さんは純粋な日本人で国籍も日本なのだそうです。

銀粉蝶という名前から韓国人かと勘違いしてしまう人が多くいたのかもしれませんが、これはあくまで芸名なので韓国籍というのはまったくのデマなのだとか。

なので、このように銀粉蝶さんの名前や国籍などが注目されているのですが、銀粉蝶さんの読み方や本名と韓国との関係がヤバイですよね。

ただ、そんな銀粉蝶さんは女優として日本人ながらも無国籍な雰囲気をしていると言われていて、そうしたところからドラマのオファーが来ることもあるのだとか。

なので、名前に加えて銀粉蝶さんの雰囲気などから無国籍風な感じを受けるので、銀粉蝶さんの国籍がどこなのか検索する人が多くいると言えそうです。

どこかミステリアスな感じがする銀粉蝶さんなので、今後も様々な噂が立ちそうですね。

スポンサーリンク

銀粉蝶の子供や若い頃の驚きの経歴とは!?

銀粉蝶さんは女優として長年、活躍していますよね。

アングラ舞台にも多く出演しているのですが、そんな銀粉蝶さんの子供や若い頃の経歴に注目が集まっているそうです。

では、銀粉蝶さんの子供や若い頃の経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、銀粉蝶さんはお子さんがいて、若い頃から女優として活動しているのだそうです。

銀粉蝶さんは演出家の生田萬(いくたよろず)さんと結婚をしていて、お子さんがいることを明かしているのだとか。

ただ、銀粉蝶さんのお子さんについてははっきりとしたことが分かっておらず、何人お子さんがいるかもわからないのだそうです。

しかし、銀粉蝶さんは2012年にテレビ番組に出演した時にお子さんが高校三年生で、何でも手をかけすぎてしまって、自分で何もしない子に育ってしまって失敗したということを明かしているのだとか。

なので、銀粉蝶さんのお子さんは現在は20代前半で、夏生まれなので名前はナツミさんというのだそうです。

お子さんはナツミという名前から女性と言えそうなのですが、一般人ということで性別はわかっていないそうです。

ただ、女優の銀粉蝶さんが母親ということで、いつかお子さんも銀粉蝶さんと同じく芸能界で活躍するかもしれませんね。

スポンサーリンク


また、そんな銀粉蝶さんの経歴についてなのですが、銀粉蝶さんは青山学院女子短期大学を卒業し、その後劇団のオーディションに合格して女優になったのだそうです。

そして、1981年には夫の生田さんと劇団「ブリキの自発団」を結成したのだとか。

その後の銀粉蝶さんはブリキの自発団で活躍し、「最後のアングラ女優」と言われるほどアングラ系の舞台に多く出演していたそうです。

銀粉蝶さんが出演した舞台として1990年の「べナルタ・アルバの家」や、1992年の「トップガールズ」、1993年の「ブリキノマチノ夏の夜の夢」、1995年の「クラウド9」などがあるのだとか。

また、銀粉蝶さんは1986年にドラマ「妻たちの課外授業Ⅱ」や1988年の「結婚物語」などに出演して映像作品にも出演するようになったのだそうです。

さらに、銀粉蝶さんは1983年に映画「竜二」に出演し、1989年に映画「バカヤロー!2幸せになりたい。」に出演して映画にも出演していたのだとか。

この他にも1990年には「豆腐直次郎の裏の顔」、「家庭の問題」、「ミニ・パトより愛をこめて」や1992年の「魔女」、1994年の「魅せられて」などに出演していたそうです。

90年代にはドラマに多く出演し、2000年代になっても「「愛をください」や「ナースのお仕事3」、「カバチタレ!」などに出演していて、かなり多くの作品に出演していたのだとか。

このように銀粉蝶さんは80年代以降には多くのドラマなどに出演していて、それだけ銀粉蝶さんの演技が高く評価されてオファーが絶えなかったようなのですが、銀粉蝶さんの子供や若い頃の驚きの経歴ですよね。

現在も映画やドラマに多く出演している銀粉蝶さんなので、今後も様々な作品で活躍する銀粉蝶さんの姿が見られそうです。

銀粉蝶という読み方や本名、さらに国籍が韓国と噂されるなどして注目された銀粉蝶さんなのですが、お子さんがいて若い頃の経歴が注目されるなどしていて、今後もそんな銀粉蝶さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ