ザパンチ(芸人)の現在や消えた理由がヤバイ!?解散など経歴の驚きの実態とは!?

パンチパーマと強烈なツッコミで人気だったのがザ・パンチですよね。

ザ・パンチはテレビ出演を多くしていて大活躍していました。

そんなザ・パンチなのですが、消えた理由や現在の状況が話題になっているそうです。

さらに、ザ・パンチの解散など経歴の実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:ザ・パンチ(ざ・ぱんち)

メンバー:パンチ浜崎(ぱんちはまさき)
ノーパンチ松尾(のーぱんちまつお)

結成:1993年
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

・1993年:お笑いコンビ「パラメ」を結成する。
・2003年:「ザ・パンチ」に改名する。
・2006年:「エンタの神様」に出演する。
・2008年:M-1決勝に進出する。
・2009年:「やりすぎコージー」に出演する。
・2010年:「フットンダ」に出演する。

ザパンチの消えた理由や現在の状況がヤバイ!?

ザ・パンチは「エンタの神様」に出演するなどして大活躍していましたよね。

漫才ネタが人気となってテレビにも多く出演し、ライブなども行っていました。

そんなザ・パンチなのですが、消えた理由や現在の状況が話題になっているそうです。

では、ザ・パンチが消えた理由や現在の状況とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、ザ・パンチはM-1で失敗したことから漫才スタイルを大きく変えていて、そこから露出が少なくなって消えたと言われているそうです。

ザ・パンチはボケでパンチパーマのパンチ浜崎さんの妄想ネタとノーパンチ松尾さんの激しいツッコミが人気でしたよね。

パンチパーマで上下紫の浜崎さんとスーツ姿の松尾さんの見た目のギャップやそのキャラクターも人気でした。

ただ、そんなザ・パンチは漫才ネタの中で浜崎さんがボケた時に松尾さんが

「ねぇ、死んで~」

というツッコミが人気だったものの、テレビだとそのネタはブラック過ぎると言われてしまって徐々にテレビの出演が減ってしまったのだそうです。

ザ・パンチのネタは浜崎さんが美女と一緒に食事をしたいなどと妄想をすると松尾さんが

「サウナで金縛りにあって~」

などと言って最後に死んでほしいと言うのがお約束のネタだったのですが、「エンタの神様」などのネタ番組でこうしたネタはブラック過ぎると言われてしまったのだとか。

テレビは年々コンプライアンスが厳しくなっているので漫才のネタであるものの、そのように「死んで欲しい」と言うのは適切じゃないと言われるようになってしまったようですね。

もしかすると、ザ・パンチのそうしたネタにクレームが寄せられたのかもしれないのですが、こうしたことからザ・パンチは「死ね」という代わりに

「ジャガイモの芽食べて」

などと違うフレーズを使うようになったのだそうです。

ただ、ザ・パンチはそうした新しいフレーズを使うようになったことからネタが変化したために、かつての勢いはなくなってしまったと言われているのだとか。

そして、そうしたことがあったためか、それ以降のザ・パンチはそうしたネタを封印して普通の漫才を行うようになったのだそうです。

なので、それ以降はこれまでザ・パンチの漫才が好きだったファンなども離れてしまって、人気がなくなって消えたと言われるようになったのだそうです。

スポンサーリンク


他にもザ・パンチが消えた理由として、ネタに飽きたということやトークが面白くないのでテレビの世界から消えたとも言われているのだとか。

こうしたことから現在のザ・パンチは、コンビでテレビ出演することはほとんどないのだそうです。

ただ、そんなザ・パンチの二人なのですが、松尾さんは2013年に年下のスタイリストの女性と結婚したことを報告しているのだとか。

お嫁さんは椿鬼奴さんのスタイリストだったとのことで、椿さんと同じ劇場などで一緒になったことからスタイリストさんだったお嫁さんとも親しくなって結婚したのかもしれませんね。

また、浜崎さんは2016年にリブマックスというホテルチェーンのCMに一人で出演していたものの、それ以外の仕事についてはほとんど知られていないのだとか。

なので、現在のザ・パンチの活動についてはよくわかっていないことが多いそうなのですが、ザパンチの消えた理由や現在の状況がヤバイですよね。

ただ、現在はザ・パンチとしてライブなどで漫才を披露しているとも言われているそうなので、今後は以前のように再びブレイクすることを期待する声も多いそうです。

スポンサーリンク


ザ・パンチの解散など経歴の驚きの実態とは!?

人気のお笑いコンビはいつの間にか解散していることも多いですよね

ザ・パンチも消えたと言われていて現在の活動が話題になっているのですが、そんなザ・パンチの解散など経歴の実態について注目が集まっているそうです。

では、ザパンチの解散など経歴の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、ザ・パンチは1998年に結成されていて、現在は解散したということなどが噂されているそうです。

ザ・パンチはパンチ浜崎さんとノーパンチ松尾さんが高校の同級生で、高校生の時に漫才コンビを結成して活動するようになったのだとか。

当時は「ハラメ」というコンビ名だったのですが、2003年に浜崎さんが演技のためにパンチパーマにしたことからコンビ名を「ザ・パンチ」にしたのだそうです。

かつての浜崎さんは茶髪のロングだったそうなので、かなりルックスが変化したようですね。

ただ、パンチパーマにしてからは東中野でパンチパーマのカットモデルをするなどしていたのだそうです。

浜崎さんのパンチパーマは芸人としてはインパクトが大きいのでパンチパーマにしたのは正解ですよね。

そして、そのようにザ・パンチとなって活動していた二人は、独自のネタなどが評価されるようになって、2000年代中頃から徐々にテレビに出演するようになったのだとか。

相方の松尾さんは2008年頃からスーツ姿で漫才をするようになったとのことで、この頃に一般的に知られているザ・パンチの漫才スタイルが完成したと言えそうですね。

そして、ザ・パンチは2006年に「エンタの神様」や「爆笑オンエアバトル」に出演するようになって人気になったのだそうです。

他にもザ・パンチは「爆笑レッドカーペット」などのネタ番組に出演し、2008年には単独ライブ「ザ・パンチライブ」を行うなどしていたのだとか。

さらに、ザ・パンチとして原宿や新宿などでトークライブなどを行っていて、テレビとライブの双方で活動していたそうです。

そして、2008年にM-1グランプリに出場して大注目を集めたのだとか。

M-1は結成10年までしか出場できないという決まりがあったのでザ・パンチは初出場にしてラストイヤーとなってしまったのですが、本番でもそうしたラストイヤーであることをネタにするなどしていたそうです。

ただ、そんなザ・パンチは決勝で漫才がダダスベリしてしまったりして最下位になってしまったのだとか。

ラストイヤーで経験も豊富なはずのザ・パンチがそのように最下位になってしまったことで驚く声も多く上がっていたのですが、後にバラエティー番組でもそれをがイジられていたそうです。

また、そうしたこともあったことからか、ザ・パンチの2008年のM-1の漫才動画が注目されているのだとか。

ただ、この時の動画は削除されているのかほとんど見られないのだそうです。

M-1の時のザ・パンチは思ったよりはダダ滑りしていないとも言われているのですが、違った意味でM-1に出場したコンビの中で印象に残るコンビとなったようですね。

スポンサーリンク


また、そんなザ・パンチなのですが、現在は露出が少ないことから解散したということも噂されているのだとか。

確かに、以前に比べるとザ・パンチはテレビに出演することもほとんどないので解散したのかと思ってしまいますよね。

ただ、ザ・パンチは現在も解散はしていないのだそうです。

どうしてもテレビに出ていないと消えたと言われたり、解散をしたと言われたりしてしまうのですが、現在も変わらずにコンビで漫才をしているのだとか。

このようにこれまでの経歴と合わせてザ・パンチは未だに大きく注目されているのですが、ザ・パンチの解散など経歴の驚きの実態ですよね。

現在もかつてのザ・パンチのネタが見たいという声も多いとのことで、再び以前のような漫才を行ってテレビに出演することもあるかもしれません。

ネタがブラック過ぎることから現在はテレビ出演もなくなって消えたと言われて、その消えた理由や現在の状況が話題になったザ・パンチなのですが、M-1に出場して現在は解散したと言われるなど解散など経歴の実態も注目されていて、今後もそんなザ・パンチに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ