水前寺清子の現在の痴呆や病気で顔面麻痺がヤバイ!?チータの驚きの由来とは!?

60年代から歌手として活躍しているのが水前寺清子さんですよね。

水前寺さんは10代で歌手デビューして以来、大活躍しています。

そんな水前寺さんなのですが、現在の痴呆の状態や病気で顔面麻痺だと話題になっているそうです。

さらに、水前寺さんがチータと呼ばれる由来にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:水前寺 清子(すいぜんじ きよこ)
本名:林田 民子(はやしだ たみこ)
生年月日:1945年10月9日(72歳)
出身地:熊本県
身長:158cm
血液型:O型
所属:水清企画

・1964年:歌手デビューする。
・1970年:ドラマ「ありがとう」に出演する。
・1983年:第34回紅白歌合戦のトリを務める。
・1989年:小松明と結婚する。
・2000年:老人ケアハウス「水清庵」を設立する。
・2013年:ドラマ「戦力外捜査官」に出演する。

水前寺清子の現在の痴呆や病気で顔面麻痺がヤバイ!?

水前寺清子さんは歌手として大活躍していますよね。

ヒット曲も多くあって様々な世代から人気です。

そんな水前寺さんなのですが、現在の痴呆の状態や病気による顔面麻痺が話題になっているそうです。

では、水前寺さんの現在の痴呆の状態や病気による顔面麻痺とは、一体、どのような感じなのでしょうか。

そこで調べてみると、水前寺さんは痴呆や顔面麻痺などが噂されているそうです。

水前寺さんは歌手の中でも元気なイメージがありますよね。

しかし、最近は病気を患っているということなどが噂されているそうです。

というのも、水前寺さんは以前から腰部脊柱管狭窄症という病気を患っていて、手術をするなどしているのだとか。

ちなみに、腰部脊柱管狭窄症というのは

「脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。」

という病気なのだそうです。

水前寺さんは若い頃に転倒し、そのせいで軟骨にひびが入ったり、筋が切れてしまったことがあるのだとか。

そして、その時の怪我が長い間治らず、無理をして歌手活動をしてきたそうなのですが、さらに2011年にステージ上から落ちてしまって左ひざを剝離骨折し、じん帯損傷をしてしまったのだそうです。

なので、この時の怪我によって水前寺さんは手足がしびれたり、ふらついたりするようになってしまったのだとか。

以前から病気で足が悪くなっていたこともあってかなり大変な状況になってしまったようなのですが、そのために水前寺さんは2014年に足の手術を受けたのだそうです。

ただ、幸い手術そのものは成功して、水前寺さんは杖をついて会見を行うなどしていたのだとか。

しかし、かなり元気になったと言われていたものの、高齢の水前寺さんなので、体については心配する声が多く上がっていたのだそうです。

でも、現在の水前寺さんは足に筋肉をつけるなどして足のケアをしていて、かつてに比べると足の調子もかなり良くなったのだとか。

なので、足の怪我などは現在は特に問題もないようです。

しかし、そんな水前寺さんなのですが、痴呆や顔面麻痺なども噂されているのだそうです。

2017年に72歳になる水前寺さんなので、痴呆などを患っていてもおかしくはないのですが、実はこの痴呆を患っているというのは、水前寺さんじゃなくて水前寺さんのお母さんのことなのだとか。

水前寺さんのお母さんはある時に痴呆になってしまい水前寺さんの名前も思い出せなくなってしまったのだそうです。

水前寺さんはお母さんが自分の名前も思い出せないことにかなりショックを受けたそうなのですが、お母さんの痴呆はかなり進んでしまっていたようですね。

スポンサーリンク


また、そうしたことがあったので水前寺さんは熊本県に老人ケアハウス「水清庵」を設立することを決意し、実際に私財を投げうってケアハウスを設立したのだとか。

こうしたことから水前寺さんと痴呆の関係が話題になったのですが、水前寺さん自身が痴呆になったということじゃないそうです。

ちなみに、このケアハウスについてなのですが、熊本県にあるのだとか。

このケアハウスは水前寺さんが15億円も寄付して建てられていて、かなり立派なケアハウスなのだそうです。

しかし、2000年に建てられたこのケアハウスは水前寺さんがケアハウスの名誉施設長となっているものの、経営には一切かかわっていなかったのだとか。

ただ、実はこのケアハウスは様々なトラブルが起きてしまっていたのだそうです。

ケアハウス「水清庵」は理事長が女性問題を起こしたり、飲酒運転をしたり、さらに理事長が弟さんと対立して裁判沙汰になるなど様々なことが起きていたのだとか。

また、他にも水道料金をごまかしたり、架空工事をしていたりと問題行為が多くあったのだそうです。

さらに、「水清庵」は現在はケアハウス「秀照庵」となっていて、水前寺さんとは一切関係がなくなってしまっているのだとか。

水前寺さんが建てたケアハウスであるものの、施設関係者に勝手に名前を変えられてしまったと言われていて、水前寺さんは騙されてしまったとも言われているそうです。

なので、水前寺さんは現在、このケアハウスとは一切かかわり合いがなくなっていて、熊本地震が起きた時にもケアハウスに訪問しなかったのだとか。

水前寺さんが建てたにも関わらずトラブル続きにも加えて、勝手に名前が変えられたり関係がなくなってしまったということで、かなり大変な事が起きてしまったようですね。

また、そんな水前寺さんは最近、顔面麻痺になったということも言われているそうです。

これについては水前寺さんが年齢を重ねたことから顔の表情が以前とは違って見えることから噂されるようになったと言われているのだとか。

また、水前寺さんは腰部脊柱管狭窄症で体に麻痺が出たこともあって、そこから顔面麻痺を患っているということなどが言われるようになったのだそうです。

さらに最近の水前寺さんは左目があまり開かないとも言われているそうです。

右目に比べて左目があまり開いていないように感じるので顔面麻痺が起きているとも言われているそうなのですが、これについては本当に顔面麻痺でそのようになっているかはわからないのだとか。

あくまでそうした疑惑があるということになるのですが、水前寺さんの現在の痴呆の状態や病気による顔面麻痺がヤバイですよね。

しかし、水前寺さんは現在、このように体はもちろん、周辺で様々なトラブルが起きてしまっているのですが、その一方で、現在も歌手として精力的に活躍しているそうなので、今後も水前寺さんからは目が離せません。

スポンサーリンク

水前寺清子がチータと呼ばれる驚きの由来とは!?

水前寺さんは昭和の時代から活躍して、様々なエピソードを持っていますよね。

歌手として様々なことで話題になっているのですが、そんな水前寺さんがチータと呼ばれる由来について注目が集まっているそうです。

では、水前寺さんのチータの由来とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、水前寺さんはデビュー前にある作詞家からチータという愛称がつけられたのだそうです。

水前寺さんは1964年に「コロムビア歌謡コンクール」に出場し、そこで2位になったのだとか。

このことがきっかけとなって水前寺さんは歌手デビューしているのですが、この時に作詞家の星野哲郎さんが水前寺さんにチータと名付けたと言われているそうです。

なぜ、水前寺さんにチータと名付けられたかというと、星野さんが

「ちいさいたみさんの気持ちを忘れないように」

という願いを込めてチータと名付けたのだそうです。

水前寺さんは本名を林田民子(たみこ)といい、体が小さかったこともあって星野さんからその時の気持ちをいつまでも忘れないようにとチータと名付けられたそうなのですが、水前寺さんのチーターの驚きの由来ですよね。

また、そんな水前寺さんなのですが、チータという愛称から衣装などでチーターの絵柄が描かれたものを着ることもあるのだとか。

水前寺さんは現在もチータと言われて親しまれているのですが、水前寺さん自身もそうした愛称を気に入っているようですね。

また、そんな水前寺さんは星野さんはもちろん、様々な芸能人と交流があったのですが、意外と他の芸能人と確執があったことも報じられているそうです。

特に女優の山岡久乃さんとはドラマの撮影中に本気でビンタされたことから水前寺さんが激怒してしまって撮影以外で話すことが一切なくなってしまい、犬猿の仲になってしまったのだとか。

大物女優と言われた山岡さんと犬猿の仲になるというのはかなり凄い事ですよね。

なので、山岡さんが亡くなるまで水前寺さんは山岡さんとの確執を抱えていたのですが、実は山岡さんが水前寺さんに思いっきりビンタしたのは、ドラマの演出から「こんちょくしょう」と水前寺さんに憎まれるようにわざと思いっきりビンタしたと言われているそうです。

山岡さんが亡くなった後に水前寺さんはそのことを知ったそうなのですが、大女優といわれた山岡さんらしい演出ですよね。

そして、水前寺さんはそのことを知って、初めて山岡さんに感謝することとなったのだとか。

なので、山岡さんはドラマのためにあえて憎まれ役になったようですね。

また、そんな水前寺さんなのですが、実は韓国人ということも噂されているのだとか。

芸能界には韓国人が多いと言われているので水前寺さんが韓国人という可能性もありえそうです。

ただ、これについてははっきりとしたことはわかっていないのだとか。

なので、これについてはただのデマと言えそうですね。

スポンサーリンク


ちなみに、そんな水前寺さんなのですが、現在は旦那さんの小松明さんがマネージメントを担当しているのだとか。

水前寺さんは旦那さんの小松さんが経営している清水事務所に所属しているのですが、小松さんは元サックス奏者なのだそうです。

小松さんはかつて水前寺さんのバックバンドを務めていて、それがきっかけで交際するようになったと言われているのだとか。

そうした馴れ初めから二人は結婚したそうなのですが、現在も子供はもうけていないそうです。

ただ、そんな旦那さんと一緒に芸能界を渡り歩いているということで、今後も水前寺さんは旦那さんと二人三脚で芸能活動を行っていきそうですね。

腰部脊柱管狭窄症を患い顔面麻痺や痴呆などが噂されて話題になった水前寺さんなのですが、デビュー前に星野さんからチータと名付けられるなどその由来も注目されていて、今後もそんな水前寺さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ