長谷川穂積の現在やパンチドランカー症状が悲惨でヤバイ!?引退の経緯や過去の伝説もヤバイ!?

ボクシングで三階級を制覇したのが長谷川穂積さんですよね。

長谷川さんの派手なKOシーンは多くのボクシングファンから大絶賛されています。

そんな長谷川さんなのですが、現在やパンチドランカー症状が話題になっているそうです。

さらに、長谷川さんの引退の経緯や過去の伝説にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:長谷川 穂積(はせがわ ほずみ)
本名:長谷川 穂積(はせがわ ほずみ)
生年月日:1980年12月16日(37歳)
出身地:兵庫県
身長:168cm
血液型:O型
所属:株式会社グローバルプロモーション

・1999年:プロボクサーになる。
・2003年:東洋太平洋バンタム級チャンピオンになる。
・2005年:世界バンタム級チャンピオンになる。
・2010年:世界フェザー級チャンピオンになる。
・2016年:スーパーバンタム級チャンピオンになる。現役引退する。
・2017年:東京医療学院大学特任講師に就任する。

長谷川穂積の現在やパンチドランカー症状が悲惨でヤバイ!?

長谷川穂積さんはボクサーとして世界王者となり大人気のボクサーになりましたよね。

長谷川さんは軽快なフットワークと巧みな試合運びで、日本中のボクシングファンを沸かせていました。

そんな長谷川さんなのですが、現在の様子やパンチドランカー症状が話題になっているそうです。

そこで調べてみると、長谷川さんは現在は現役を引退しているのですが、パンチドランカー症状が現れていると言われているそうです。

長谷川さんは長年ボクサーとして活躍していたのですが、2016年に現役を引退しているのだとか。

そして、現役引退後はボクシング中継に解説者として出演したりしていて、ボクシング関係の仕事を多くこなしているそうです。

なので、現在の長谷川さんの仕事はボクシング関係のものが多いのだとか。

また、長谷川さんは2017年に東京医療大学特任講師に就任しているのだとか。

他にも長谷川さんはバラエティー番組に出演したり、タイ料理屋を経営しているのだそうです。

というのも、もともと長谷川さんはタイ料理屋で働いていると言われていたものの、現在は神戸に「クルアタイ」というタイ料理屋を経営しているのだとか。

長谷川さんは以前からいつか自分のお店を出したいと語っていたことがあったので、現役を引退したことから資金を集めてお店をオープンさせたようですね。

なので、長谷川さんはボクシングの仕事以外にも様々な仕事をしているそうなのですが、現役引退後もかなり充実した活動をしてるようです。

スポンサーリンク


また、そんな長谷川さんなのですが、現在はパンチドランカー症状が現れていると言われているのだとか。

ちなみに、パンチドランカーとは、

「頭部への衝撃から生じる脳震盪を起因とする神経変性疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患のこと。」

(Wikipediaより)

というものなのだそうです。

長谷川さんは長年、ボクシングをやっていたことから頭などを打たれてしまってパンチドランカーのような症状が現れていると噂されているのだとか。

長谷川さんは話す時にろれつが回らないことや人の顔を忘れてしまうことがあると言われていて、そうしたことからパンチドランカーの症状が現れているのじゃないかと言われているのだそうです。

長谷川さんはボクシングの試合で激しく打ち合うことも多かったので、パンチドランカーになってしまったと言えそうなのですが、このままパンチドランカーの症状が進んでしまうと日常生活もままならなくなってしまうので、心配ですよね。

ただ、長谷川さんがパンチドランカーというのはあくまで噂で、実際に長谷川さんがパンチドランカーだということを公表しているわけじゃないそうです。

なので、あくまで噂ということになるのですが、今後、本格的にパンチドランカーの症状が出てきてしまうかもしれないので気をつけて欲しいですね。

スポンサーリンク


長谷川穂積の引退の経緯や過去の伝説もヤバイ!?

長谷川穂積さんは長年ボクシング界をリードしていましたよね。

長谷川さんがボクサーを引退する時は大きな話題となったのですが、そんな長谷川さんの引退の経緯や過去の伝説について注目が集まっているそうです。

では、長谷川さんの引退の経緯や過去の伝説とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、長谷川さんは3階級を制覇したことと、年齢的なこともあって現役を引退したと言われているそうです。

まず長谷川さんが現役を引退した経緯についてなのですが、長谷川さんは2016年9月にWBC世界スーパーバンタム級チャンピオンになり、三階級制覇を達成したのだとか。

そして、そのようにスーパーバンタム級でチャンピオンになった長谷川さんは、2016年12月に会見を開き、9月に行った試合を最後にしたいと語って現役引退をすることを発表したのだそうです。

長谷川さんは世界王者のまま引退をしたので、現役王者のまま引退した3人目のボクサーとなったそうなのですが、2016年で36歳となっていたことから、年齢的な事もあって現役引退を決めたとも言われているのだとか。

また、長谷川さんは2011年にフェザー級の王座から陥落していて、その時に現役引退なども噂されていたのですが、そこからスーパーバンタム級に転向して現役を続け、3年もかかって世界チャンピオンになったことからボクサーとしてやりつくした感もあったのかもしれません。

なので、長谷川さんはそうした理由もあって現役引退を決めたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


さらに、そんな長谷川さんなのですが、これまでに様々な伝説を残しているのだとか。

長谷川さんは1999年にプロボクサーとしてデビューしていて、2003年にOPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオンになり、その後は3度も防衛に成功しているのだそうです。

さらに、2005年にはWBC世界バンタム級王者のウィラポン・ナコンルアンプロモーションに勝利して世界チャンピンになっているのだとか。

そして、世界チャンピオンとなった長谷川さんはその後10度も防衛に成功し、日本人2人目となる同一王座連続10度防衛に成功したのだそうです。

さらに、この時の長谷川さんは世界戦にも関わらず5試合連続KO防衛を記録するなどしていたのだとか。

長谷川さんはこの時点ですでに物凄い伝説を作り上げていますよね。

ただ、長谷川さんは2010年4月に11度目の防衛に失敗し、その後はフェザー級に転向し、11月にはWBCフェザー級チャンピオンのファン・カルロス・ブルゴスに勝利して二階級制覇を達成したのだとか。

長谷川さんはバンタム級の王座から陥落してからすぐにフェザー級に転級して2階級制覇をしたことになるのですが、違う階級でもすぐにチャンピンになってしまうのは凄いですよね。

ただ、その後、長谷川さんは2011年4月に行われた初防衛戦に失敗したのだそうです。

そうした防衛に失敗した長谷川さんはその後、2013年にスーパーバンタム級に転向し、2016年にWBCスーパーバンタム級チャンピオンのウーゴ・ルイスに勝利して三階級制覇を達成したのだそうです。

3つの階級でタイトルを獲得し、これまで何度も引退などが噂されながらも、階級を変えてチャンピオンになった長谷川さんは伝説と呼ぶにふさわしいボクサーと言われているのですが、長谷川さんの引退の経緯や過去の伝説がヤバイですよね。

ちなみに、そんな長谷川さんの戦績は41戦35勝5敗で15KOになるのだそうです。

さらに、ボクサー時代の長谷川さんは年収が1億円で、ファイトマネーは一試合3000万円とも言われているのだとか。

長谷川さんはボクシング選手の中でも高額なファイトマネーと年収を得ていたのですが、長谷川さんクラスになると年収とファイトマネーもスポーツ界の中でもトップクラスになるようですね。

ボクシング解説者やタイ料理屋のオーナーになり、現在はパンチドランカーの症状が現れていると噂された長谷川さんなのですが、10度の防衛と三階級制覇を行い、年齢的なことなどもあって引退するなどその経緯と伝説も注目されていて、今後もそんな長谷川さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ