光石研の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?妻のキック力や自宅の値段の衝撃の実態とは!?

俳優として活躍しているのが光石研さんですよね。

光石さんは様々な役柄を演じていて、現在も多くの作品に出演しています。

そんな光石さんなのですが、若い頃の活躍や昔の顔が話題になっているそうです。

さらに、光石さんの妻のキック力や自宅の値段の実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:光石 研(みついし けん)
本名:光石 研(みついし けん)
生年月日:1961年9月26日(56歳)
出生地:福岡県
身長:173cm
血液型:A型
所属:鈍牛倶楽部

・1979年:映画「博多っ子純情」に出演する。
・1982年:大河ドラマ「峠の群像」に出演する。
・1983年:朝ドラ「おしん」に出演する。
・1995年:映画「Love Letter」に出演する。
・2003年:ドラマ「すいか」に出演する。
・2017年:第4回北九州マラソンに参加する。

光石研の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?

光石研さんは現在、様々なドラマや映画に出演していますよね。

俳優として大活躍していてプライベートなども注目されています。

そんな光石さんなのですが、若い頃の活躍や昔の顔が話題になっているそうです。

では、光石さんの若い頃の活躍や昔の顔とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、光石さんは10代の頃にデビューしていて、当時から俳優として大活躍していたのだそうです。

まず、光石さんのデビューのきっかけは映画「博多っ子純情」で、デビューした時期は16歳になるのだとか。

光石さんは「博多っ子純情」のオーディションを受けて、そのまま主演に抜擢されたということで、当時から光石さんには光るものがあったようです。

そして、光石さんはそのまま俳優として活動するようになったそうなのですが、まだ高校生ということで、かなり若々しいですよね。

このようにして光石さんは俳優として活動するようになり、1982年には大河ドラマ「峠の群像」に出演し、他にもドラマ「幸せの黄色いハンカチ」や「スチュワーデス物語」、「俺のバージンロード」などに出演していたのだそうです。

さらに、光石さんは「ただいま放課後」や「土曜ワイド劇場」、「火曜サスペンス劇場」などのサスペンス物のドラマなどにも出演していたのだとか。

また、光石さんは1980年から「男はつらいよシリーズ」にも多く出演し、1981年には「セーラー服と機関銃」、「近頃なぜかチャールストン」、1983年に「いとしのラハイナ」、「OKINAWAN BOYSオキナワの少年」などにも出演していたのだそうです。

さらに、光石さんはその後も「瀬降り物語」、「童貞物語、「キネマの天地」などに出演していたのだとか。

なので、俳優として話題作に多く出演していたようです。

スポンサーリンク


ちなみに、光石さんの学歴についてなのですが、東海大学付属五高等学校(現在の東海大学付属福岡高等学校)を卒業していて大学には進学していないのだとか。

ちなみに、東海大学付属五高等学校の当時の偏差値は41~52になるそうなのですが、そんな光石さんが通っていた中学校についてはわかっていないそうです。

しかし、光石さんは福岡県の出身なので、福岡県内にある中学校に通っていたと言えそうですね。

このように光石さんは若い頃から俳優として大活躍していたのですが、若い頃の活躍や昔の顔がヤバイですよね。

現在も俳優として活躍している光石さんなのですが、昔から多くの作品に出演して演技を磨いていたということで、今後も光石さんの活動から目が離せません。

スポンサーリンク


光石研の妻のキック力や自宅の値段の衝撃の実態とは!?

光石研さんは結婚していることが知られていますよね。

光石さんにはお子さんもいることが知られているのですが、そんな光石さんの妻のキック力や自宅の値段の実態について注目が集まっているそうです。

では、光石さんの妻のキック力や自宅の値段の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、光石さんは奥さんに蹴られたと噂されていて、東京都内にある自宅の値段なども注目されているのだそうです。

光石さんは1990年の29歳の頃に結婚しているのだとか。

しかし、光石さんの奥さんは一般人ということで、顔や名前などは公開されていないそうです。

ただ、光石さんは奥さんと一年に一度は海外旅行に行き、さらに家で一緒に晩酌をすることもあって夫婦仲は良いのだとか。

そして、光石さんと奥さんの出会いは、大学時代の友人からの紹介で交際するようになったことがきっかけなのだそうですが、奥さんとは出会った時から気が合ったと言えそうですね。

また、そんな光石さんの自宅の場所なのですが、東京都の世田谷区なのだとか。

光石さんは2005年から現在の世田谷区にあるマンションに住んでいるそうなのですが、自宅の値段については、はっきりとはわからないのだとか。

ただ、世田谷区のマンションの平均は2000万~3000万円ほどなので、光石さんのマンションもそれ位の値段なのかもしれません。

そして、そんな光石さんはインテリアや建築に興味があって、自宅をリフォームする時に自らイメージを伝えて現在の自宅を作り上げたそうです。

かなりオシャレな自宅なのですが、光石さんはインテリアを自分好みに変えていくことが好きだそうなので、そうした趣味が反映されていると言えそうですね。

また、他にも光石さんはレコードが趣味でDJ仕様のミキサーをもったいたり、愛車はボルボ212やホンダアコード、ベンツ190Cなどの車種に乗っていたことがあるかなど、かなりこだわりがあるようです。

ちなみに、光石さんの乗っているベンツは約570万円もすると言われているのだとか。

そんな光石さんの年収については、はっきりとわかっていないのですが、こうした車に乗っていたことから1000万円以上の年収があると言えそうですね。

スポンサーリンク


また、そんな光石さんのプライベートに興味がある人は「光石さんには子供がいるの?」という疑問を持つことも多いそうなのですが、光石さんはお子さんが一人いるのだとか。

ただ、お子さんは息子さんということ以外は明かされておらず、詳しいことはわかっていないそうです。

また、そんな光石さんの性格についてなのですが、光石さんは弱音や愚痴を吐くことが多い性格をしているのだとか。

光石さんは普段から弱音を吐いてしまう事も多く、撮影時にはスタッフなどにもよく愚痴こぼしてのしまうのだそうです。

しかし、みんなで一緒に過ごすのが好きということで、より多くの人と触れ合うことが好きな性格をしているようですね。

そんな光石さんなのですが、奥さんがテコンドーを習っていて、キックでボコボコにされたことがあるとも言われているそうです。

ただ、これについては光石さんが出演したドラマの劇中でテコンドーを習っている妻のボコボコにされるというシーンがあり、そこから光石さんは本物の奥さんにやられてしまったことだと間違って伝わってしまったのだとか。

なので、実際に光石さんが奥さんにボコボコにされたわけじゃないそうなのですが、光石さんの妻のキック力や自宅の値段の衝撃の実態ですよね。

それだけ光石さんはドラマで迫真の演技をしていたとも言えそうなのですが、今後もそんな光石さんは俳優として話題のドラマや映画などに数多く出演していきそうです。

高校生の頃に俳優としてデビューして以来、活躍して若い頃からの活躍や昔の顔が話題になった光石さんなのですが、妻にキックでボコボコにされたと噂されたり、世田谷の自宅の値段やオシャレな自宅の様子が注目されていたりなど、人としての幅広さが魅力的な人物として受け入れられ、多くのファンの心を掴んでいるのかもしれません。

異彩を放つ日本の名俳優として、これからも光石研さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ