竜崎勝(高島彩の父)の死因と娘や嫁との私生活がヤバイ!?食いしん坊万歳など俳優としての驚きの経歴とは!?

1960年代から俳優として活躍していたのが高島彩の父である竜崎勝さんですよね。

竜崎さんは様々なドラマや映画に出演して、渋い演技を見せていました。

そんな竜崎さんなのですが、死因と娘や嫁との私生活が話題になっているそうです。

さらに、竜崎さんの食いしん坊万歳など俳優としての経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:竜崎 勝(りゅうざき かつ)
本名:高島 史旭(たかしま ふみあき)
生年月日:1940年3月25日(享年44歳)
出身地:高知県
身長:不明
血液型:不明
所属:文学座

・1961年:映画「暗黒街の静かな男」に出演する。
・1966年:大河ドラマ「源義経」に出演する。
・1974年:長男の高島郷が生まれる。
・1979年:長女の高島彩が生まれる。
・1984年:肝硬変で亡くなる。

竜崎勝(高島彩の父)の死因と娘や嫁との私生活がヤバイ!?

竜崎勝(高島彩の父)さんは悪役として様々な作品に出演していましたよね。

さらに、竜崎さんは悪役として活躍していただけじゃなくて、時代劇などにも多く出演していました。

そんな竜崎さんなのですが、死因と娘や嫁との私生活が話題になっているそうです。

では、竜崎さんの死因と娘や嫁との私生活とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、竜崎さんは肝硬変で亡くなってしまい、奥さんや娘さんとの生活が注目されていたのだそうです。

竜崎さんは1961年から俳優として活躍していたのですが、1984年に亡くなっているのだとか

竜崎さんの死因は肝硬変で、娘の高島彩さんが5歳の時に亡くなっているのだそうです。

竜崎さんは元々、肝臓が悪かった可能性も高いのですが、まだ44歳という若さで亡くなってしまったということで、早すぎる死を惜しむ声が多く見られたのだとか。

ちなみに、肝硬変とは

「肝臓病の一つである。慢性の肝障害の進行によって、肝細胞が死滅・減少し腺維組織によって置換された結果、肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく減衰した状態を指し、肝臓がんを発症しやすい状態となる。」

(Wikipediaより)

という病気なのだそうです。

そして、竜崎さんが亡くなった後、当時まだ5歳だった高島さんは母親とお兄さんと一緒に暮らすようになったのだとか。

高島さんは大人になってフジテレビに入社してアナウンサーとして活動するようになったのですが、そんな高島さんの父親ということで現在も竜崎さんの事が話題になることも多いのだそうです。

高島さんはアナウンサーの中でも美人と言われて注目されていたのですが、俳優として活躍していた頃の竜崎さんの写真や画像を見るとかなりのイケメンですよね。

なので、高島さんのような美人が生まれたのを納得する声も多いのだとか。

また、そのように竜崎さんは早くに亡くなったものの、息子の高島郷(たかしまごう)さんと娘の高島彩さんは成蹊中学校、高等学校から成蹊大学法学部に進学しているのだそうです。

兄妹揃って中学生の頃から成蹊大学の付属校に通っていたということで、竜崎さんはかなりの資産を残したとも言われているのだとか。

スポンサーリンク


また、竜崎さんの妻で高島彩さんのお母さんについてなのですが、竜崎さんの妻は高島洋子さんという方なのだそうです。

しかし、竜崎洋子さんについては、一般人ということで詳しいことはわかっていないのだとか。

ただ、俳優の竜崎さんと結婚し、美人アナウンサーとして人気になった高島彩さんを産んだということで、奥さんの高島洋子さんもかなりの美人だと話題になっているそうです。

また、竜崎さんには妾(めかけ)もいたとも言われているそうなのですが、これについては詳しいことはわかっていないそうです。

なので、これはあくまで噂と言えそうなのですが、現在もこのように竜崎さんについては様々なことで注目されているというとで、竜崎さんの死因や娘やお嫁さんとの私生活がヤバイですよね。

ただ、亡くなった後も高島彩さんは竜崎さんのお墓参りに欠かさず行っているのだそうです。

高島彩さんのこうしたエピソードは大きな話題になっているのですが、竜崎さんは死してなお、家族やファンから愛されているようですね。

スポンサーリンク


竜崎勝の食いしん坊万歳など俳優としての驚きの経歴とは!?

竜崎勝さんは俳優として大活躍していましたよね。

様々な作品に出演していたのですが、そんな竜崎さんの食いしん坊万歳など俳優としての経歴について注目が集まっているそうです。

では、竜崎さんの食いしん坊万歳など俳優としての経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、竜崎さんは日活ニューフェイスとしてデビューし、「食いしん坊!万歳」に出演していたのだそうです。

まず、竜崎さんの経歴についてなのですが、竜崎さんは大学生の頃に日活ニューフェイスに合格して、そこから文芸坐に所属して活躍するようになったのだとか。

竜崎さんは日活ニューフェイスの同期として高橋英樹さんがいるのだそうです。

さらに、竜崎さんは劇団の同期として村井國夫さんや夏八木勲さんなどがいるのだとか。

他にも地井武男さんなども同期で、下に挙げた俳優たちが同期だったのだそうです。

・秋野太作

・前田吟

・栗原小巻

・赤座美代子

・地井武男

・原田芳雄

すでに亡くなった方もいますが、現在も大活躍している俳優が多くいて、竜崎さんもこうした同期のメンバーと一緒に俳優として活躍していたそうです。

そして、そのように豪華な同期に囲まれた竜崎さんは、1961年に高島史旭(たかしまふみあき)という名義で映画「暗黒街の静かな男」や1962年の「花と龍」、「男と男の生きる街」などに出演していたのだとか。

また、他にも大河ドラマ「源義経」に出演し、「顎十郎捕り物帖」などに出演していたのだそうです。

そして、そのように活躍していた竜崎さんは70年代から「竜崎勝」という名義で活躍するようになり、1974年に「ノストラダムスの大予言」や「必殺仕掛人春雪仕掛針」などに出演していたのだとか。

この他にも竜崎さんは「大江戸捜査網」、「子連れ狼」、「ウルトラマンタロウ」に出演し、80年代には「太陽にほえろ!」、「部長刑事」などのドラマに出演していたのだそうです。

スポンサーリンク


また、そのように俳優として活躍していた竜崎さんなのですが、1977年からは「くいしん坊!万才」の2代目リポーターとしても活躍していたのだとか。

「くいしん坊!万才」は現在も放送されている人気番組なのですが、その「くいしん坊!万才」の2代目リポーターとして活躍するというのも凄いですよね。

なので、このように竜崎さんは俳優以外でも大活躍していたのですが、竜崎さんの「食いしん坊!万歳」など俳優としての驚きの経歴ですよね。

現在も俳優としての竜崎さんの演技や出演作品は大注目されているのですが、今後も竜崎さんの演技や俳優としての存在感は多くの人から大注目されていきそうです。

肝硬変で亡くなり、娘の高島彩さんや奥さんとの私生活などが話題になった竜崎さんなのですが、日活ニューフェイスとしてデビューし、「食いしん坊!万歳」の2代目リポーターとして活躍して注目されるなどして、今後もそんな竜崎さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・高島彩の子供の名前や写真と幼稚園の場所や学費がヤバイ!?流産2回の原因や時期など驚きの出産の経緯とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ