チョンダビンの死因に隠された背景と葬儀や結婚式風景がヤバイ!?子役時代など驚きの経歴とは!?

韓国で女優として活躍していたのがチョンダビンさんですよね。

チョンダビンさんは人気映画やドラマに多く出演していました。

そんなチョンダビンさんなのですが、死因に隠された背景と葬儀や結婚式風景が話題になっているそうです。

さらに、チョンダビンさんの子役時代などの経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:チョンダビン(ちょんだびん)
名前:チョンダビン(ちょんだびん)
生年月日:1980年3月4日(26歳没)
出身地:韓国
身長:152cm
血液型:不明
所属:ANAフィルムエンターテイメント

・2000年:映画「燃ゆる月」に出演する。
・2001年:ドラマ「ニュー・ノンストップ」に出演する。
・2003年:ドラマ「屋根裏のネコ」に出演する。
・2007年:自殺する。

チョンダビンの死因に隠された背景と葬儀や結婚式風景がヤバイ!?

チョンダビンさんは韓国の美人女優として人気でしたよね。

2000年代以降にテレビや映画に出演して大活躍していました。

そんなチョンダビンさんなのですが、死因に隠された背景と葬儀や結婚式風景が話題になっているそうです。

では、チョンダビンさんの死因に隠された背景と葬儀や結婚式風景とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、チョンダビンさんは自殺をしたと言われていて、死後に挙げた結婚式風景も注目されているそうです。

まず、チョンダビンさんは2007年に自殺をしたと言われているのだとか。

チョンダビンさんの死因は首吊りだと言われていて、その背景には事務所との契約トラブルを抱えていたということや、仕事が減少したせいでうつ病などを患っていたと言われているのだそうです。

チョンダビンさんはソウル市内にある恋人の男性の部屋で亡くなっていたそうなのですが、人気女優だったチョンダビンさんが自殺したということで韓国国内には大きな衝撃が走ったのだとか。

そして、チョンダビンさんが亡くなった後の葬儀にはキムレウォンさんなど、かつて映画やドラマなどで共演した俳優や女優などが多く参列していたのだそうです。

なので、そんな葬儀の様子もかなり大きな話題になったのだとか。

チョンダビンさんが自殺したというのももちろん、その葬儀にかつて共演した俳優仲間が多く集まったということで韓国国内で話題になるのは当然と言えますよね。

また、そんなチョンダビンさんの恋人と言われていたのが俳優のカンヒさんで、カンヒさんが遺体の第一発見者なのだそうです。

チョンダビンさんが前日にお酒を飲んで、その後にカンヒさんの自宅に来たそうなのですが、その時カンヒさんはそのまま寝てしまい、その後、チョンダビンさんは部屋の中で自ら命を絶ったのだとか。

スポンサーリンク


ただ、なぜチョンダビンさんが自殺したのかについてはカンヒさんもわかっておらず、仕事がないために自殺したと言われているものの、実際には映画の撮影などが控えていたために仕事がなくなったわけじゃないとも言われているそうです。

なので、未だにチョンダビンさんが死に至った原因については謎と言われているのですが、一部には性接待に悩んでの自殺の噂もあるのだとか。

韓国の女性タレントの自殺率は異常だと言われているのですが、チョンダビンさんは有名になった後もそのような接待を強要され、悩み続けていたのかもしれません。

確かに、そのような悩みは彼氏には打ち明けづらいので、一人で悩みこんでしまいそうですが、お酒が入り気持ちが不安定になったことで、自殺という選択肢をとってしまったのかもしれませんね。

ちなみに、そんなチョンダビンさんは2011年に霊魂結婚式を挙げているのだそうです。

霊魂結婚式というのは「死婚」とも言われていて、韓国で若くして亡くなった男女が死後に寂しい想いをしないように夫婦の契りを結ぶというものなのだそうです。

チョンダビンさんは、チョンダビンさんの両親と親交があり、病気のために亡くなった男性と霊魂結婚式を挙げたそうなのですが、チョンダビンさんの死因に隠された背景と葬儀や結婚式風景がヤバイですよね。

この「死婚」というのは韓国ならではの風習のようなのですが、チョンダビンさんの冥福を祈りたいですね。

スポンサーリンク


チョンダビンの子役時代など驚きの経歴とは!?

韓国でも子供の頃から芸能界で活躍している人は多くいますよね。

チョンダビンさんも若い頃から大活躍していたのですが、特に子役時代などの経歴に注目が集まっているそうです。

では、チョンダビンさんの子役時代などの経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、チョンダビンさんは若い頃から芸能界で活躍していたものの、子役としては活動しておらず、同姓同名の子役がいて現在、大活躍しているのだそうです。

まず、チョンダビンさんの経歴についてなのですが、チョンダビンさんは1980年生まれで2000年に映画「燃ゆる月」で女優デビューしているのだとか。

そしてその後、チョンダビンさんはドラマ「ニューノンストップ」や「屋根裏のネコ」に出演し、2004年に東国大学校演劇科に入学しているのだそうです。

さらに、その後も「兄嫁は19歳」、「その夏の台風」に出演して大活躍していたのだとか。

ただ、それ以降は亡くなるまでに映画などに出演はしておらずに、公の場に出ることもなく2007年に亡くなってしまったのだそうです。

現在も亡くなったチョンダビンさんについて惜しむ声が多いのですが、もっと多くの作品でチョンダビンさんの活躍が見たかったというファンも多いのだとか。

スポンサーリンク


また、そんなチョンダビンさんなのですが、現在、韓国にはチョンダビンちゃんという同姓同名の子役がいて、こちらのチョンダビンちゃんは「韓国の奇跡の美少女」と言われて大注目されているのだそうです。

そんな子役出身チョンダビンちゃんの経歴についてなのですが、チョンダビンちゃんは2000年生まれで、「ミスリプリー」、「オクニョ」などの作品に出演して国民的アイドルとも言われているほどの人気子役なのだとか。

確かに、チョンダビンさんの子役時代の画像を見ると、国民的子役になるのも納得のかわいさですよね。

そして、現在のチョンダビンちゃんは仁川円堂高等学校に通っていて、2018年には18歳になるということで、その成長ぶりが大注目されているのだそうです。

チョンダビンちゃんはインスタで自撮りを披露したりして、キュートな笑顔を見せているのですが、成長してさらに美少女ぶりに磨きがかかっていますよね。

なので、このようにチョンダビンさんと同姓同名のチョンダビンちゃんも話題になっているのですが、チョンダビンさんの子役時代など驚きの経歴ですよね。

亡くなったチョンダビンさんと同姓同名ということで、チョンダビンちゃんは今後のさらなる活躍が期待されているのですが、今後もそんなチョンダビンちゃんは子役から脱皮して大活躍していきそうです。

自殺し、亡くなった後に霊魂結婚式を行って話題になったチョンダビンさんなのですが、子役として活躍している同姓同名の子役のチョンダビンちゃんも注目されるなどしていて、今後もそんな二人のチョンダビンさんは大注目されていきそうです。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ