車だん吉の今現在の仕事や死亡の真偽がヤバイ!?若い頃の最強すぎる驚きの経歴とは!?

タレント、俳優として大活躍しているのが車だん吉さんですよね。

車さんは俳優としてドラマや映画で味のある演技を見せています。

そんな車さんなのですが、今現在の仕事や死亡の真偽が話題になっているそうです。

さらに、車さんの若い頃の最強すぎる経歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:車 だん吉(くるま だんきち)
本名:車 だん吉(くるま だんきち)
生年月日:1943年12月6日(74歳)
出身地:東京都
身長:177cm
血液型:A型
所属:浅井企画

・1968年:ドラマ「フジ三太郎」に出演する。
・1973年:「男じゃないか闘志満々」に出演する。
・1976年:「お笑い漫画道場」に出演する。
・1979年:ドラマ「西遊記Ⅱ」に出演する。
・2005年:「ピタゴラスイッチ」に出演する。
・2015年:ドラマ「プラチナエイジ」に出演する。

車だん吉の今現在の仕事や死亡の真偽がヤバイ!?

車だん吉さんはかつて「お笑い漫画道場」で大活躍していましたよね。

車さんのイラストや漫画は人気になりました。

そんな車さんなのですが、今現在の仕事や死亡の真偽が話題になっているそうです。

では、車さんの今現在の仕事や死亡の真偽とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、車さんは現在はタレント、俳優として活動しているものの、死亡説なども流れたことがあるのだそうです。

車さんは長年、タレントとして活動していて多くのバラエティー番組に出演していましたよね。

さらに、俳優としても映画やドラマにも多く出演していて人気でした。

そして、そんな車さんなのですが、最近だと2015年にドラマ「プラチナエイジ」、映画「騒音」に出演しているそうです。

なので、現在も変わらずに俳優として活動しているのですが、以前に比べるとタレントとしてテレビで見かけなくなったことから車さんが亡くなったと勘違いする人もいるのだとか。

車さんは現在も元気なのですが、「お笑い漫画道場」で一世を風靡した車さんなのでその姿を見かけなくなると亡くなったと勘違いしてしまう人もいたようですね。

車さんは現在、得意の漫画を描いているのかはわからないのですが、漫画家としても高い評価を得ていたので再び車さんの描く漫画が見たいという人も多いのだそうです。

スポンサーリンク


しかし、現在は俳優としての仕事に加えてNHKの「ピタゴラスイッチ」に声で出演しているのだとか。

なので、声優としても活動しているのですが、車さんの今現在の仕事や死亡の真偽がヤバイですよね。

ちなみに、そんな車さんの年収についても注目されているのですが、はっきりとはわからないようです。

今の車さんのギャラや収入についてもはっきりしないようなのですが、車さんほどの芸能人なので現在も年収は1000万円近くあるのかもしれません。

そして、そんな車さんは自宅が佐倉市にあるのだそうです。

車さんは佐倉市の逸品認定協議会の藩主としても活動していて地域に貢献しているそうなのですが、タレント、俳優としての知名度を活かして様々な活動をしているようですね。

なので、今後も車さんはタレント、俳優活動に加えて、佐倉市で様々な活動をしていきそうです。

スポンサーリンク


車だん吉の若い頃の最強すぎる驚きの経歴とは!?

車だん吉さんは2018年に74歳になりますよね。

これまでの長い芸能活動を通してそのキャリアも話題になっているのですが、そんな車さんの若い頃の最強すぎる経歴について注目が集まっているそうです。

では、車さんの若い頃の最強すぎる経歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、車さんは若い頃は芸人として活動したりしていて、そこから漫画家、俳優として活動するようになったのだそうです。

まず、車さんの経歴についてなのですが、車さんは東京都の出身で実家は東京都にあり、若い頃は芸能プロダクションの事務員として働いていて、そこから東京新喜劇のいわたがん太さんと「コント0番地」を結成して芸人として活動するようになったのだとか。

そして、車さんは1968年にドラマ「フジ三太郎」に出演し、他にも「Oh!それ見よ」などに出演していたのだそうです。

ただ、車さんは芸人になったものの、相方のいわたさんが芸能界を引退したことからタレントとしてピンで活動するようになったのだそうです。

車さんはその後「荒野の素浪人」や「高校教師」など70年代には多くのドラマに出演し、映画「コント55号と水前寺清子のワン・ツウー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」に出演し、それ以降には「男じゃないか闘志満々」、「にっぽん美女物語」などに出演していたのだとか。

なので、70年代には俳優として活動することが多かったのですが、1976年からは「お笑い漫画道場」に出演して大人気になったのだそうです。


スポンサーリンク


現在も車さんというと「お笑い漫画道場」に出演し漫画やイラストを披露したイメージが強いのですが、それだけ車さんにとって「お笑い漫画道場」は大きなものだったのだとか。

「お笑い漫画道場」で川島なお美さんと行った「なお美・ダン吉のおまけコーナー」も人気だったのですが、そんな二人は交際しているという噂も流れたことがあるのだそうです。

しかし、これについては全くのでたらめなのだとか。

このように昔の車さんは芸人として活動し、そこから俳優、タレントとして活動するようになったことがわかるのですが、そんな車さんは若い頃から喧嘩最強とも言われていたのだそうです。

これについてはあくまで噂に過ぎないと言われているそうなのですが、芸能界で喧嘩最強とも噂されるというのはかなり凄いですよね。

現在もこのことはネットなどで噂されているそうなのですが、車さんの若い頃の最強すぎる驚きの経歴ですよね。

スポンサーリンク


また、そんな車さんは芸能人が親戚にいるとも言われているそうです。

車さんの親戚が誰なのかというと東京03の飯塚悟志さんなのだとか。

飯塚さんと言うと東京03で見事なコントを見せているのですが、車さんも元芸人なのでそうしたところはさすが親戚同士という感じがしますよね。

また、車さんというと現在は「ピタゴラスイッチ」の百科おじさんとしても出演し、「わしがイッチの唄」という歌も披露しているのですが、他にも「ナイナイナ」というバラエティ番組で車という名字から「車だん吉がドライブスルーで買い物ができるか?」という企画が放送されたこともあるのだそうです。

なので、バラエティー番組や教養番組でも大活躍しているのですが、それだけ車さんは様々な活躍をしているということで、今後も車さんは大活躍していきそうですね。

現在の仕事や死亡説などが話題になった車さんなのですが、若い頃から芸人、俳優、タレントとして活動し、喧嘩最強とも言われてその経歴も注目されるなど、今後もそんな車さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ