大食い女王のギャル曽根が太らない衝撃の理由がついに明らかに!?

gazo1大食いタレントとしてバラエティ番組で活躍しているタレントのギャル曽根さん。

現在第二子を妊娠中であることを発表し、ますます食が進む毎日であるとのコメントを発表したギャル曽根さんですが、その並外れた大食いっぷりには毎度驚かされてしまいますよね。

しかし、一度に何kgもの食事をとっているにも関わらず、なぜギャル曽根さんは全く太らないのでしょうか?

実はギャル曽根さんが太っていない理由は、病気が原因との噂もささやかれていますが、ついにその謎を解き明かす衝撃の真相が明らかになっていたようなのです!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:ギャル 曽根(ぎゃる そね)
生年月日:1985年12月4日(29歳)
出身地:京都府舞鶴市
血液型:O型
身長:162㎝
体重:45 kg
所属:ワタナベエンターテイメント

2006年:テレビ番組『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』で優勝。これをきっかけに「ワタナベエンターテインメント」と契約してタレント活動を開始。
2007年:『日本新語・流行語大賞』にて「大食い」がトップテンに入賞し、その受賞者となる。
2011年:9歳年上のディレクター、名城ラリータと結婚。
2012年:11月5日に第一子である男児を出産。
2015年:9月18日に第二子の妊娠を報告。

ギャル曽根が太らない理由は病気によるものだった!?

かつて大食い界の女王として、数々の大会で優勝を果たすなど輝かしい成績を残してきたギャル曽根さん。

大食い大会で活躍していた頃に出演したテレビ番組では、なんと一食で寿司を151貫食べたこともあるのだそうで、一般的な女性が食べる量とされている10貫の約15倍もの量を胃袋に収めています。

このように、一度に膨大な量を食べることができるギャル曽根さんですが、なぜあれだけの食事をしているにも関わらず、スマートな体型を維持できるのでしょうか?

そこで調べてみると、なんとギャル曽根さんがとある病気にかかっていることが原因だとされる説があるのだそうです。

なんでも、ギャル曽根さんは「過食症」に苦しんでいるのだそうで、これは食欲をうまくコントロールできずに、異常なドカ食いを繰り返してしまう精神疾患のひとつだと言われているようですね。

gazo2

さらに、以前同じフードファイターであるバイリンガル梅村こと梅村鈴さんが、自身のブログにて

「番組等で活躍しているフードファイターのほぼ全員は、少なくとも試合後に嘔吐します。」

と、大食い大会の衝撃の裏側を暴露したことが話題となりました。

なんでも、梅村さんはテレビ番組のスタッフにのせられるがままに大食いを続けていた結果、だんだんと食欲のコントロールができなくなって日常生活が破たんしたと告白しています。

この梅村さんの証言により、おそらくギャル曽根さんも過食嘔吐を繰り返しているのではないかとの疑惑の声が挙がっているようですが、おいしそうに食べ物を頬張る姿からそのような悲壮感は一切伝わってこないですよね。

また、摂食障害の人は喉に指を突っ込んで嘔吐を繰り返しているため、手の甲の第三関節の辺りに吐きダコができると言われています。

gazo3

しかしギャル曽根さんの右手を見てみても、そのような形跡は一切ありませんし、「摂食障害」であるから大食いができるという説には少々疑問が残るのではないでしょうか。

ギャル曽根の体の秘密は驚きの構造にあった!?

過食によるものではないとすると、なぜギャル曽根さんは一度に何kgもの食べ物を胃に収めることができるのでしょうか?

調べてみると、過去のテレビ番組にて、ギャル曽根さんの体の秘密を医学的な見地から解き明かそうとする企画が放送されていました。

それは、ギャル曽根さんが食事をする前と、実際に大食いをした後の体の中をスキャンしてみようといった内容だったそうですが、そこには衝撃の光景が映し出されたのです。

gazo4

なんと、この赤く色付けされた部分が全てギャル曽根さんの胃なのだそうで、普段は通常サイズの胃がたくさん食べたことによって、15倍ものサイズにまで膨張していたことがわかりました。

しかし、見ての通り体内のほとんどが胃で覆われてしまっていましたが、一時間後に再び胃の大きさを調べたところ、三分の一の大きさまで戻っていたそうなのです。

このことから、ギャル曽根さんは食べ物を腸の方へと押しやる、胃のぜん動運動が非常に活発であり、長い間食べ物が体内にとどまらずに排泄してしまう特異体質であったことが明らかとなりました。

つまり、摂取した食べ物をカロリーとして吸収する前に体から出て行ってしまうので、太らずに体型が維持できていると考えられるようです。

gazo5

また、人間の体内には「褐色脂肪細胞」というものがあるのだそうで、これは体の中で蓄えたエネルギーを消費してヒーターのように体温を上げる役割をする細胞とされています。

そしてギャル曽根さんは、この「褐色脂肪細胞」が非常に活発なのだそうで、寝ている間にもどんどんエネルギーを消費する体質であったことも判明しました。

しかし、このギャル曽根さんの特異体質は、裏を返せば消化吸収が非常に悪いため、常に人よりもたくさん食べないと十分なエネルギーを得ることができないのだそうです。

さらに、ギャル曽根さんは満腹感を感じることがほとんどないそうで、これは腸内のビフィズス菌が通常の3倍以上あることから、血糖値が上がらないことが原因と考えられるようですね。

これは、満腹を感じる満腹中枢は血糖値が高くなることで刺激されるのですが、食事後に血糖値がほとんど変わらないギャル曽根さんは、どれだけ食べても満腹感を得ることができないのだそうです。

今までの情報をまとめてみると

・胃のぜん動運動が活発であるため、食べ物の排泄が非常に早い。

・「褐色脂肪細胞」が活発で、どんどんエネルギーを消費している。

・ビフィズス菌が通常より3倍以上あるため満腹を感じない。

このまれに見る特異体質のおかげで、ギャル曽根さんはどれだけ食べても太らない体であると考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ギャル曽根が太ったと噂される驚きの真相とは!?

これまでギャル曽根さんの秘密を探ってきましたが、どれだけ食べても太らないはずの彼女が、なんと最近ぽっちゃりしたというショッキングなニュースが聞こえてきているようです。

なんでも、去年の3月に放送されたお昼のトーク番組『ごきげんよう』に出演した際のギャル曽根さんが、以前より太ったように見えると噂されているとのこと。

早速ですが、こちらがその時のギャル曽根さんの画像です。

gazo6

いかがでしょうか?

なんだか顔のあたりが以前よりふっくらしているように見受けられますね。

そして右の画像は、タレントの小倉優子さんとのツーショット写真ですが、こうして並んでいるとぽっちゃりした顔の輪郭が、よりはっきりとわかります。

調べてみたところ、どうやらギャル曽根さんが以前より太ってしまった原因は、妊娠・出産を経験したことにあるようですね。

2011年にテレビディレクターの名城ラリータさんと結婚したギャル曽根さんは、翌年の2012年に第一子である元気な男の子を出産しました。

もともと女性は、出産を機に体質が変わることが多いのだそうで、ホルモンバランスが崩れた結果やせ形だった女性でも産後太りが起きてしまうことがあります。

なんでもギャル曽根さんは、妊娠をきっかけに増えた体重が産後も戻らなかったのだそうで、出産前と比べると3kgほど太ってしまったとテレビ番組で告白していました。

また、妊娠中は普段にも増して食欲が爆発していたらしく、出産前日には焼肉を30人前平らげていたそうで

「夜にお腹が痛むので、食あたりしたのかと思ったら陣痛だった」

と、出産後に参加したイベントではこのような驚きのエピソードも披露していたようですね。

gazo7

このように、激太りしたと言われているギャル曽根さんですが、少しふっくらしたことで、以前よりも女性らしく、優しいお母さんの体型になったとも言えるのではないでしょうか。

来年1月には第二子の出産を控え、四人家族になる日が待ち遠しいと語っていたギャル曽根さん。

二人のママになった後も、これまでと変わらずにタレントの仕事を続けていくそうで、幸せそうに食べ物を頬張るギャル曽根さんの姿をこれからもテレビで見ることができそうです。

そんなママとしてもタレントとしても活躍し続けるギャル曽根さんから、今後も目が離せませんね!

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・ギャル曽根のスッピンの画像からわかる驚愕のメイク法とは!?二人目妊娠で大食いがヤバイことに!?

このページの先頭へ