山内圭哉の髪にまつわるハゲやかつら疑惑の真相がヤバイ!?子役時代の驚きの経歴とは!?

画像1個性的な見た目をしている俳優さんは多くいるのですが、山内圭哉さんはそんな俳優さんの代表格ですよね。

山内さんのスキンヘッドにタトゥーという出で立ちはかなりインパクトがあります。

そんな山内さんなのですが、髪の毛にまつわるハゲやかつら疑惑について話題になっているそうです。

さらに、子役時代の経歴についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:山内 圭哉(やまうち たかや)
本名:山内 圭哉(やまうち たかや)
生年月日:1971年10月31日(44歳)
出生地:大阪府
身長:176 cm
血液型:AB型
所属:よしもとクリエイティブエージェンシー

1984年:映画「瀬戸内少年野球団」に出演。
1985年:ドラマ「暴れん坊将軍」に出演。
1992年:中島たも主催の笑殺軍団リリパットアーミーに入団。
1993年:舞台「天下御免の馬侍-紅葉城奇談-」に出演。
2016年:ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」に出演。

山内圭哉の髪にまつわるハゲやかつら疑惑の真相がヤバイ!?

山内圭哉さんは長年、スキンヘッドがトレードマークでかなりいかつい風貌をしていますよね。

画像2

俳優やミュージシャンとして活動していることもあって、一度見ると絶対に忘れられないような見た目をしていて、ものすごく個性的です。

なので、ドラマなどに出演をした時にはその見た目などが話題になるのですが、そんな山内さんの髪にまつわるハゲやかつら疑惑が話題になっているそうです。

一体、どのようなことなのか気になりますよね。

そこで調べてみると、山内さんのスキンへッドはハゲ隠しなのではないかということや、ドラマでかつらをかぶっているのではないかということが言われているそうです。

山内さんは役者として名前が売れてきた時からスキンへッドをしているのですが、これは髪の毛がハゲてしまったのでスキンへッドにしているのではないかとも言われているのだとか。

確かに、若くしてハゲてしまったので全部髪の毛を剃ってスキンヘッドにする人もいますよね。

ただ、山内さんの場合はハゲてしまったのでスキンヘッドにしたわけではないようです。

というのも、実は山内さんはスキンヘッドではあるものの、実際には後頭部に少しだけ髪の毛を生やして弁髪のような髪型をしているのだとか。

画像3

ドラマや舞台に出る時には完全なスキンヘッドなのですが、普段は後頭部にだけ髪の毛を生やしているということで、ハゲというわけではなく、あえて髪の毛を剃ってスキンヘッドにしているようです。

そして、山内さんはドラマに出演をする時には、スキンヘッドのまま出演することも多いのですが、最近出演しているフジテレビのドラマ「HOPE~期待ゼロの親友社員」ではかつらをかぶっているのだとか。

なので、普段の山内さんを知らない人が山内さんを観て、ハゲを隠すためにかつらをかぶっているのではないかという考えを持つ人が多いそうです。

ドラマでは営業3課主任・安芸公介という役柄を演じているのですが、ドラマの中で山内さんは以下のような姿で出演しているそうです。

画像4

かなり違和感のある髪型をしているのですが、かつらをかぶっているというのが丸分かりな髪型をしていますよね。

なので、普段の山内さんを知らないという人は山内さんのこうした姿を見て、かつらをかぶっているのではないかという疑惑を持つのだとか。

確かに、ドラマの中では少し不自然な感じのするかつらをかぶって出演しているのですが、朝ドラ「あさが来た」ではちょんまげのかつらがものすごくぴったりとフィットしていて、かつらだとはわからないほど違和感がないものでした。

画像5

他にもちょんまげ以外のかつらをかぶっているシーンもあったのですが、その時はかなり自然な感じがしています。

画像6

なので、今回の「HOPE~期待ゼロの親友社員」ではあえてかつら疑惑が出るような不自然なかつらをかぶっているのかもしれません。

これについての詳細は謎なのですが、演出の一つとしてそうしたかつらをかぶってドラマにアクセントをつけているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

山内圭哉の子役時代の驚きの経歴とは!?

子役として活動し、そのまま大人になっても俳優として活動する役者さんは多くいますよね。

山内圭哉さんは芸歴30年以上を誇るベテランの俳優さんで、実は子役から芸能界で活躍しているそうです。

そのため、山内さんの子役時代の経歴について注目が集まっているのだとか。

山内さんの子役時代の経歴とは一体、どのようなものなのか気になりますよね。

そこで調べてみると、山内さんは子役として夏目雅子さんが主演をした映画「瀬戸内少年野球団」でデビューをしているのだとか。

画像7

山内さんが13歳の時に「瀬戸内少年野球団」に出演をしたそうなのですが、現在とはまったく似ても似つかないかわいらしい見た目をしていますよね。

画像8

なので、子役時代の山内さんを見て驚くという人も多いそうです。

また、この「瀬戸内少年野球団」の他にも「暴れん坊将軍Ⅱ」や「必殺剣劇人」などの時代劇にも出演をしていたことがあるのだとか。

さらに、1987年には朝ドラ「はっさい先生」にも出演していて、メジャーな作品に多く出演をしていたようです。

子役時代はかなりの売れっ子だったようなのですが、20歳前後の頃には仕事があまりない時期もあったとのことで、役者として苦しい時代もあったのだとか。

ただ、21歳の時には中島らもさん主催の「笑殺軍団リリパットアーミー」に入団をして、そこで中心メンバーとして活躍し、腕を磨いていたそうです。

画像9

その甲斐もあってか、子役から脱皮し、現在のような実力派の俳優として活躍しているのですが、意外な経歴ですよね。

髪の毛が一切ないスキンヘッドという髪型をしていることから、ハゲであるということやドラマ出演時にかつら疑惑が持たれてしまう山内さんなのですが、やはり見た目のインパクトはかなり強く、まさに唯一無二の存在感です。

今後もそんな強烈な個性を持ってドラマ・映画などで出演をしていくと思うのですが、山内さんの今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・山内圭哉がタトゥーを入れたきっかけがヤバイ!?バンド活動の驚きの実態とは!?

・山内圭哉と奥菜恵の不倫の真相がヤバイ!?嫁との驚きの馴れ初めとは!?

このページの先頭へ