島崎和歌子の部屋の様子がヤバイ!?やりたいと意欲をみせるアノ番組の放送事故の数々とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%9140代の女性タレントの中でも大活躍しているのが島崎和歌子さんですよね。

島崎さんの高いコメント力と豪快なキャラクターはバラエティ番組に欠かせないものと言っても過言ではありません。

そんな島崎さんなのですが、部屋の様子が話題になっているそうです。

さらに、島崎さんがやりたいと意欲を見せるアノ番組の放送事故の数々にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:島崎 和歌子(しまざき わかこ)
本名:島崎 和歌子(しまさき わかこ)
生年月日:1973年3月2日(43歳)
出身地:高知県
血液型:O型
身長:156 cm
所属:ゴールデンミュージックプロモーション

1989年:歌手デビュー。
1990年:四国銀行のCMに出演。
1991年:「オールスター感謝祭」の司会を務める。
2001年:写真集「wakako」を発売。
2008年:ベストアルバム「島崎和歌子20thanniversaryBOX」を発売。

島崎和歌子の部屋の様子がヤバイ!?

島崎和歌子さんは、バラエティ番組に多く出演していて大活躍していますよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

キャラクターもしっかりしているので番組に合わせて面白いエピソードを披露したり、芸人と絡んだりしてお茶の間を沸かせています。

そんな島崎さんなのですが、部屋の様子が話題になっているそうです。

島崎さんの部屋の様子は、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、島崎さんの部屋にはほとんど物がなくて、リビングにはテレビだけ、寝室にはベッドだけしか置いてないのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

島崎さんは、テレビとベッド以外の家具はほとんど捨ててしまったそうなのですが、あまりにも何もなさ過ぎる部屋の様子はまるで生活感が感じられないということで話題なのだそうです。

島崎さんの部屋に物がなくなったのは、30代の頃から断捨離に目覚めたことがきっかけだとのことで、その影響でほとんどの家具や私物を捨ててしまったのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

なので、パソコンもスマホも持っておらず、ソファもいらないということで捨ててしまい、家には照明もないのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

島崎さんは一人暮らしということもあるのですが、照明のないために月々の電気代は2000円しかかからないそうです。

さすがに、そんな島崎さんの部屋の様子について番組で共演した歌手の小林幸子さんは

「寂しくならないの?強いわぁ」

と驚きつつも関心していたそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

さらに島崎さんの部屋を見て、くりぃむしちゅーの上田晋也さんも

「強いからここまで1人で生きているんでしょう。」

と言っていたのだとか。

ただ、島崎さんの場合は仕事で毎日忙しくしているのに加えて、仕事終わりもお酒を飲みに行くことが多く、一度、お酒を飲むと朝まで飲むことがほとんどなので、あまり家にいないということもあって家に家具などがなくても大丈夫なのだとか。

なので、あまり家にいないこともあって家に物をおかない生活を心掛けているようなのですが、まさに今話題のミニマリストですよね。

家の中では体育座りをしながらテレビを見ているそうなのですが、さすがにここまで来るとヤバいですよね。

しかし、27年前のデビュー当時に来ていた舞台衣装のスーツは捨てることができないとのことで、思い入れのある衣装などは捨てることができないそうです。

かなり極端な感じがしますが、当分はこうした生活を続けていくようですね。

スポンサーリンク

島崎和歌子がやりたいと意欲をみせるアノ番組の放送事故の数々とは!?

島崎和歌子さんは、これまでに数多くのテレビ番組に出演をしていますよね。

ゲスト出演をすることもあれば、司会を務めることもあるのですが、20代の頃から超一流の人気タレントです。

そんな島崎さんなのですが、やりたいと意欲を見せるアノ番組の放送事故の数々が注目されているそうです。

島崎さんがやりたいと意欲を見せるアノ番組の放送事故の数々とはどのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、島崎さんがやりたいと意欲を見せるアノ番組とはTBSの「オールスター感謝祭」の事なのだそうです。

島崎さんは、オールスター感謝祭を1991年の番組開始から今まですべての放送で司会を務めているのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

オールスター感謝祭は25年以上に渡り、すでに50回以上も放送されているのですが、番組について島崎さんは

「こんなに長く続くとは思っていませんでしたが、ここまできたら腰が痛くなっても、老眼がひどくなっても死ぬまでやりたい。」

と語っているそうです。

オールスター感謝祭は、番組開始当初は島田紳助さんと島崎さんのコンビが相性もバッチリで人気でしたよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

島田さんが芸能界を引退したために、現在は後輩の今田耕司さんが島崎さんとコンビを組んで司会を務めているのですが、二人のコンビも相性が良くて人気です。

「芸能界、テレビ界のためにも残していきたい。18歳から携わっている私にとっても財産のような番組です。」

ともオールスター感謝祭について語っているそうなのですが、まさに島崎さんの芸能生活の一部のような番組ですよね。

そして、そんなオールスター感謝祭なのですが、これまでに数々のハプニングが起きていることでも有名なのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

例えば、オールスター感謝祭で一番多いハプニングとしては、番組出演者が飲み物などをスタジオに持って来てこぼしてしまい、その影響でコンピューターが動かなくなるなどのハプニングがあります。

確かに、オールスター感謝祭では、コンピュターの不調でいつまで経っても次の質問が始まらないことがありますよね。

また、島崎さん自身のハプニングとしては、番組を進行する上で漢字の読みを間違ったり忘れてしまうことや、問題の内容を勘違いしてAKB46と読んでしまい、勝手に二人くらい卒業させてしまうことなどがあったのだとか。

さらに、オールスター感謝祭では、ヌルヌル大相撲というのが人気コーナーの一つとなっているのですが、そのヌルヌル大相撲に前司会者の島田紳助さんや島崎さんが土俵に上げられてしまい、ローションまみれになってしまって司会進行ができなくなったりしたことがあるそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

しかし、こうしたハプニングも番組の醍醐味と言えますよね。

また、オールスター感謝祭は200人近い芸能人が一堂に会する番組ということもあって、それを司会するのはかなり大変なのだそうですが、毎回、その時々のスターに会えるという期待感と何が起きるかわからないワクワク感とハプニングが島崎さんの楽しみだそうです。

今後も島崎さんはオールスター感謝祭の司会を担当していくのだと思うのですが、目標は黒柳徹子さんなのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

なので、黒柳さんの年齢になってもオールスター感謝祭の司会を務める島崎さんの姿が見られるかもしれません。

テレビとベッドしかない部屋の様子が話題になっている島崎さんなのですが、死ぬまで続けたいと語るオールスター感謝祭のハプニングの数々など、タレントとして話題の豊富な島崎さんは今後も様々な番組で大活躍していきそうです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・島崎和歌子が結婚できない驚きの性格がついに明らかに!?マツコとの驚きの老後計画とは!?

・島崎和歌子の太った画像がヤバイ!?若い頃の驚きの活躍とは!?

このページの先頭へ