木下ほうかが韓国人だと示す証拠がヤバイ!?刺青が話題になる驚きの理由とは!?

1現在、名脇役として映画にドラマやバラエティ番組などで大ブレイク中の木下ほうかさん。

そんな木下さんが、実は韓国人なのではと言われていて、実際はどうなのかと話題になっているようです。

また、木下さんには刺青があるらしいと言われていて注目を集めています。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:木下 ほうか(きのした ほうか)
生年月日:1964年1月24日(52歳)
出身地:大阪府
身長:174cm
血液型:O型
所属:キャストパワー

1980年:16歳で映画『ガキ帝国』のオーディションに合格。
1996年:映画『岸和田少年愚連隊』に出演。
2000年:映画『sWinG maN』で初出演。
2014年:フジテレビ系バラエティ『痛快TV スカッとジャパン』に出演。

木下ほうかが韓国人だと示す証拠がヤバイ!?

2

2014年のフジテレビ系ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』のヒロインの夫役で出演し、強烈な印象を視聴者に与えブレイクしたと言われている木下ほうかさんですが、最近はドラマへの出演も続き、その上バラエティ番組でも人気を得ています。

3

しかし、そんな木下さんは韓国人なのではというウワサがあるようなので、調べてみました。

まず、木下さんが韓国人と言われる理由は「ほうか」というその名前にあるようで、そもそも日本人にしては珍しい名前ですし、漢字で書くと「鳳華」と書いて韓国ではその名前を「ポンファ」と読むからのようです。

そして、木下という名字についても韓国との縁が深く、韓国に多い朴(ぱく)という名字の人が日本名として木下という名字を使うことが多いのだとか。

4

スポンサーリンク


ちなみに、木下優樹菜さんもデビュー前にカリスマ店員として雑誌に掲載されたときの名前の表記が「朴優樹菜」という韓国名だったことがありますよね。

5

なので、木下さんの本名は朴鳳華というウワサもあったのですが、2000年に木下さんが初主演を務めた映画「sWinG maN(スウィングマン)」では、「李鳳華」という名前でプロデューサーの1人として名を連ねていたことから、木下さんの本名は「李鳳華」で在日韓国人なのだろう、と言われるようになったようです。

6

また、2000年当時は俳優がプロデュースに関わるということが珍しく、生意気に思った人もいたようだと、後にインタビューに応えていました。

「ほうか」という名前などから韓国人なのでは、というウワサがあった木下さんは、実際に俳優以外のお仕事では「李鳳華」という本名でお仕事されていて韓国系の血を引く方のようですね。

スポンサーリンク

木下ほうかの刺青が話題になる驚きの理由とは!?

木下ほうかさんをネットで検索すると、検索ワードに「木下ほうか 刺青」と検索されている人が多くいるようですが、実のところ、木下さんには刺青があるのでしょうか。

7

そこで調べてみると、木下さんの筋彫り姿の画像がいくつか見つかったのですが、この画像を投稿していたのは他でもない木下さん本人のオフィシャルブログだったのです。

8

実は、2012年公開の映画「EDEN」で筋彫り先輩という役を演じているときの撮影中の画像を見た人たちの間で、木下さんは刺青を入れているらしい、というウワサがたったようなのです。

9

また、木下さんは以前、テレビ番組で「16歳の頃にはパンチパーマにそり込みを入れていた」という写真を公開していたこともあるので、もしかしたら刺青をいれているのかも、というイメージを視聴者に与えてしまった可能性もありますよね。

10

ただ、木下さん曰く、本当にヤンキーだったワケではなく、当時はそういう格好がおしゃれだったようですよ。

11

スポンサーリンク


他にも、島田紳助さん主演で大阪の不良少年を描いた映画「ガキ帝国」がデビュー作品だったことや、ナインティナインが主演し話題を呼んだ映画「岸和田少年愚連隊」でもケンカに明け暮れるヤンチャな学生の一人を演じるなど、木下さんの若いときは不良少年役が多かったのも理由のひとつかもしれません。

12

ただ、木下さん自身は1級建築士の資格を持つ優秀な父をもち、プール付きの豪邸で裕福に育ったお坊ちゃまだったので、俳優業以外の時は上品でおっとりとした雰囲気の方のようです。

デビュー当初は不良役を演じてきたイメージなどから映画で演じた刺青姿が本当の彫り物だと誤解されてしまった木下さんは、名前を漢字で書くと「鳳華」という理由などから韓国人なのではと言われていましたが、実際に「李鳳華」という本名で韓国と縁が深い方のようで、今後は、何かしらのカタチで日本と韓国の架け橋となるような活動もしていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・木下ほうかの結婚への必死なアピールがヤバイ!?吉本新喜劇時代の驚きのエピソードとは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ