渡辺千穂がつまらないと言われる理由がヤバイ!?学歴や経歴の驚きの実態とは!?

2017-01-04_125258脚本家として、数多くのドラマの脚本を手がけているのが渡辺千穂さんですよね。

渡辺さんは、朝ドラ「べっぴんさん」の脚本を務めるなど大活躍しています。

そんな渡辺さんなのですが、つまらないと言われていて、その理由が話題になっているそうです。

さらに、渡辺の学歴や経歴の実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:渡辺 千穂(わたなべ ちほ)
本名:羽鳥 千穂(はとり ちほ)
生年月日:1972年10月18日(44歳)
出生地:東京都
身長:非公開
血液型:非公開
所属:シナリオ作家協会

・2002年:ドラマ「天体観測」で脚本家デビューする。
・2004年:ドラマ「ケータイ刑事銭形泪」の脚本を担当する。
・2005年:映画「さよならみどりちゃん」の脚本を担当する。
・2008年:舞台「bump.y第一回公演「まっぴるまのエレベーター」の脚本を担当する。
・2014年:羽鳥慎一と結婚する。
・2016年:第一子を出産する。朝ドラ「べっぴんさん」の脚本を担当する。

渡辺千穂がつまらないと言われる理由がヤバイ!?

渡辺千穂さんは人気の脚本家として知られていますよね。

2017-01-04_125309

渡辺さんが脚本を書いたドラマは、その内容などがいつも話題になっています。

そんな渡辺さんなのですが、つまらないと言われていて、その理由が話題になっているそうです。

では、渡辺さんがつまらないと言われている理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク


そこで調べてみると、渡辺さんはこれまでに数多くのドラマを手がけているのですが、現在、脚本を手がけている朝ドラ「べっぴんさん」がつまらないと言われているそうです。

「べっぴんさん」は、2016年の10月から開始されたNHKの朝ドラで、2017年の4月まで放送されるドラマなのだとか。

2017-01-04_125432

渡辺さんが朝ドラの脚本を担当するということで放送前から注目されていたのですが、放送開始後からドラマがあまりおもしろくなく、その原因として脚本がつまらないからということが言われてしまっているそうです。

そして、「べっぴんさん」がつまらないと言われてしまう理由についてなのですが、主人公の坂東すみれやその友人の小沢良子、田坂君枝などの登場人物が世間知らずなキャラクターなので違和感を感じてイライラするということが言われているのだとか。

2017-01-04_125601

スポンサーリンク


さらに、ヒロインのキャラクターそのものにもあまり魅力を感じず、ドラマの展開も急なので、そうしたところについていけないという声も多く、つまらないという声が多いそうです。

なので、こうしたことなどから「べっぴんさん」はつまらないと言われてしまっているそうなのですが、実は渡辺さんは以前から「爆死メーカー」と言われていて、脚本を担当するドラマが次々に低視聴率となってしまうということが言われていたそうです。

最近だと、渡辺さんが脚本を担当した「戦う!書店ガール」というドラマがかなりの低視聴率だったのだとか。

2017-01-04_125738

なので、渡辺さんの脚本家としての実力を疑う声も多く、今回の「べっぴんさん」の脚本を渡辺さんが担当すると発表された時から、次の朝ドラは面白くないので爆死するとも言われていたそうです。

なので、このようなこともあり、さらに現在放送されている「べっぴんさん」もあまり面白くないことから渡辺さんはつまらないと言われているそうなのですが、渡辺さんがつまらないと言われる驚きの理由ですよね。

ただ、このように言われてしまっている渡辺さんなのですが、「べっぴんさん」については、見せ場などもあっておもしろいということや安心して見ていられるドラマということで高く評価する声も多いそうです。

さらに、渡辺さんの手がけた過去の作品についてもヒット作などが多くあるので、脚本家としては優秀だとも言われているのだとか。

なので、現在はつまらないといわれているものの、今後の「べっぴんさん」は物語も佳境に入って面白くなっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

渡辺千穂の学歴や経歴の驚きの実態とは!?

渡辺千穂さんは、今、最も大注目されている脚本家ですよね。

2017-01-04_125923

さらに、プライベートでもフリーアナウンサーの羽鳥慎一さんと結婚したことなども話題となっています。

そんな渡辺さんなのですが、学歴や経歴の実態に注目が集まっているそうです。

では、渡辺さんの学歴や経歴の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク


そこで調べてみると、渡辺さんの学歴はほとんど公表されていないために、詳しいことがわかっていないそうです。

渡辺さんは東京都の出身なのですが、都内の中学、高校に通い、都内、もしくは都内近郊の大学に通っていたと言われているものの、具体的に通っていた学校の名前などは分かっていないのだとか。

2017-01-04_130014

なので、渡辺さんが通っていた学校については、一切分かっていないそうです。

そして、そんな渡辺さんの経歴についてなのですが、渡辺さんは大学を卒業した後にOLとして働いていたのだとか。

渡辺さんは、OLとして働いていた2000年に書店で「ふぞろいの林檎たち」のシナリオ本を手にしたことから自らも脚本を書くようになり、それがテレビ局のプロデューサーに気に入られて脚本家デビューしたそうです。

それが2002年のことで、フジテレビのドラマ「天体観測」で脚本家デビューをしているのだとか。

スポンサーリンク


さらに、その後も読売テレビの「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」やTBSの「ケータイ刑事 銭形シリーズ」などを手がけているそうです-。

2017-01-04_130114

さらに、2005年には映画「さよならみどりちゃん」の脚本を担当し、その後「この胸いっぱいの愛を」や「恋する日曜日 私。恋した」などの映画の脚本を手がけています。

2017-01-04_130247

そして、2009年には舞台「bump.y第1回公演「まっぴるまのエレベーター!」の脚本を担当し、「ゴーストフレンズ~友霊」などの脚本を担当しています。

このように渡辺さんはドラマ、映画、舞台のすべてのジャンルで脚本を担当しているのですが、渡辺さんの学歴と経歴の驚きの実態ですよね。

さらに渡辺さんは2016年には朝ドラ「べっぴんさん」の脚本も担当し、現在、脚本家として最も活躍していると言えるほどなのですが、今後も脚本家として大活躍していきそうですね。

爆死メーカーといわれ、朝ドラ「べっぴんさん」の主人公に違和感を感じたり、展開が早すぎることなどから脚本がつまらないと言われている渡辺さんなのですが、学歴は一切公開されていないものの、2002年のデビュー以来、ドラマ、映画、舞台の全てのジャンルで活躍し、OL以降の経歴も注目されているということで、今後もそんな渡辺さんに注目してきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・羽鳥慎一の高校や大学などの経歴がヤバイ!?年収がフリーになってヤバイことに!?

・羽鳥慎一が嫌いと言われる理由がヤバイ!?離婚して再婚するまでの驚きの経緯とは!?

このページの先頭へ