高倉健と養女の衝撃の関係がヤバイ!?伝説エピソードの驚きの数々とは!?

2017-01-12_110727 高倉健さんは、昭和を代表する大スターですよね。

高倉さんは日本人に最も愛された俳優とも言われています。

そんな高倉さんなのですが、高倉さんと養女の関係が話題になっているそうです。

さらに、高倉さんの伝説エピソードの数々にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:高倉 健(たかくら けん)
本名:小田 剛一(おだ ごういち)
生年月日:1931年2月16日(83歳没)
出身地:福岡県
身長:180cm
血液型:B型
所属:高倉プロモーション

・1955年:俳優デビュー。
・1956年:映画「電光空手打ち」で映画初主演。
・1959年:江利チエミと結婚する。
・1965年:映画「網走番外地」に主演する。
・1972年:江利チエミと離婚する。
・1998年:紫綬褒章を受賞する。
・2014年:悪性リンパ腫によって死去する。

高倉健と養女の衝撃の関係がヤバイ!?

高倉健さんは若くして俳優となり、常に第一線で活躍していた俳優ですよね。

2017-01-12_110939

その反面、プライベートは一切明かさずに役者として芝居のことだけを追い続ける、ストイックな姿なども人気となりました。

そんな高倉さんなのですが、高倉さんと養女の関係が話題になっているそうです。

では、高倉さんと養女の関係とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高倉さんは戸籍上の娘となった小田貴さんいう女性がいて、高倉さんの遺産などを相続したのですが、実際には養女ではなくて事実上の妻だったと言われているそうです。

高倉さんは1959年に歌手の江利チエミさんと結婚をしているのですが1972年に離婚をし、それ以降は再婚をすることもなく、ずっと独身を通してきました。

2017-01-12_111327

亡くなる最期まで高倉さんは先に亡くなった江利さんのことを想って独身を貫いたとも言われていたのですが、高倉さんの晩年に小田さんが養女となっていたことがわかり大きな話題となったそうです。

高倉さんと小田さんは20年ほど前に香港にあるザ・ペニンシュラ香港というホテルで出会ったと言われていて、小田さんは家政婦として高倉さんの自宅に通うようになったのだとか。

スポンサーリンク


さらにそんな小田さんは、かつては貴倉良子としてタレントや女優としても活躍していて、その後、ホテルジャーナリストに転身し、その時に高倉さんと知り合ったと言われているそうです。

2017-01-12_111200

そのように家政婦として高倉さんの自宅に出入りするようになった小田さんがいつのまにか戸籍上で養女となっていたということで驚いた人も多かったそうなのですが、小田さんは事実上の妻だったものの、年齢差が33歳もあるので高倉さんは世間体などを気にして妻として入籍させずに養女として籍を入れたと言われているのだとか。

小田さんは養女という関係上、高倉さんの40億円とも言われる遺産を相続し、高倉プロモーションの社長にもなったとも言われているのですが、高倉さんと養女の驚きの関係ですよね。

さらに、高倉さんと小田さんの関係については高倉さんの親族すら誰も知らなかったそうです。

また、高倉さんが亡くなった時には小田さんが高倉さんの死を親族にも知らせずに密葬を行ったことで親族からは批判されることもあったのだとか。

他にも高倉さんが亡くなった後に、高倉さんの自宅などを勝手に取り壊してしまったことや戸籍欄に高倉さんの本名の小田剛一というふりがなが「ごういち」じゃなくて「たけいち」と間違って記されていたことなどから小田さんのことを不審に感じる親族もいるそうです。

2017-01-12_111507

マスコミもそうした高倉さんと小田さんの関係について様々なことを報じていて、現在も調査中とのことなのですが、高倉さんと小田さんの関係については今後、何か続報があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

高倉健の伝説エピソードの驚きの数々とは!?

高倉健さんは俳優として60年代から大活躍をしていましたよね。

2017-01-12_111601

なので、高倉さんにまつわるエピソードなども多く語られているのですが、そんな高倉さんの伝説エピソードの数々に注目が集まっているそうです。

では、高倉さんの伝説エピソードとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、高倉さんは俳優としてかなりストイックな生活をしていたと言われていて、私生活は一切明かさなかったのだとか。

なので、プライベートで高倉さんに会ったことがある人はほとんどいないそうです。

また高倉さんは、撮影現場でも椅子に一切座らないということや、大スターながらもその優しい性格などをあらわすエピソードが多くあるのだとか。

高倉さんのエピソードとしてよく知られているのが、映画の撮影などの時の待ち時間に座らないということなのですが、実際に高倉さんは撮影時の待ち時間にはいつも椅子に座らずにずっと立ったままなのだとか。

なので、他の出演者は高倉さんが立っているということで、自分だけ座ることができないので大変な思いをすることもあったそうです。

また、ビートたけしさんが明かしたところによると、高倉さんは冬に福井で映画の撮影をしていた時にも、たき火に当たらずに一人寒い中立ったままだったのだとか。

2017-01-12_111619

高倉さんの撮影はその日ははなかったそうなのですが、撮影現場が気になったのか休みにもかかわらず撮影現場に来ていた高倉さんは、自分の出番がないからとたき火に当たらず立ったままで撮影を見守っていたそうです。

しかし、高倉さんがたき火に当たらないので他の出演者もたき火に当たることができなかったので、皆で凍えていたのだとか。

最終的には皆にお願いされて高倉さんもたき火にあたって、全員がたき火に当たって暖をとれたそうなのですが、謙虚でストイックなことで知られる高倉さんらしいエピソードですよね。

スポンサーリンク


また、高倉さんはかつてかなりのヘビースモーカーだったのですが、映画「八甲田山」の撮影のために禁煙をし、それ以来、一切タバコを吸わずに過ごしてきたのだとか。

毎日、相当な本数のタバコを吸っていたのを一気に止めることに成功したということでかなり意志が強いようなのですが、タバコの他にも高倉さんはお酒やギャンブルもやらず、役者として毎日体を鍛えたりして、ひたすらストイックな生活を送っていたそうです。

また、高倉さんは大スターにも関わらず、優しくて情が深いとも言われていて、撮影時には豪華な食事には手をつけずにスタッフと同じ食事を食べて、共演者には記念の腕時計や万年筆を贈ったりすることがあったのだとか。

また、高倉さんは歌手の江利チエミさんと結婚、離婚しているのですが、先に亡くなった江利さんの墓参りをするために江利さんのお墓の近くに家を建てて、毎年墓参りをしていたそうです。

さらに、高倉さんと何度も映画やドラマで共演している大原麗子さんが亡くなった時には、葬儀には参加できなかったものの、後に一人で大原さんのお墓参りをしていたのだとか。

2017-01-12_111910

他にもビートたけしさんと共演した時には駅まで高倉さんがわざわざ車を運転して迎えに行ったことや、うつ病で芸能活動を休止したナインティナインの岡村隆史さんに励ましの手紙や電話をするなどしていたそうです。

2017-01-12_111642

このように高倉さんは映画スターでありながらも、ストイックさやその人柄の誠実さを表すエピソードが多く知られているのですが、まさに高倉さんの伝説のエピソードの数々ですよね。

戸籍上は養女とされているものの、実は事実上の妻だったと言われる養女の小田貴さんとの関係が話題になった高倉さんなのですが、その性格や人柄を思わせる伝説のエピソードも注目されていて、今後もそんな高倉さんは変わらずに多くの人に愛されていきそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・高倉健の死因に隠された衝撃の真相がついに明らかに!?若い頃の驚きの活躍とは!?

このページの先頭へ