菅原文太の仁義なき戦いでの撮影秘話がヤバイ!?高倉健との驚きの関係とは!?

1950年代から俳優として大活躍していたのが、菅原文太さんですよね。

菅原さんの出演した「仁義なき戦い」などの演技は多くの人から人気です。

そんな菅原さんなのですが、「仁義なき戦い」での撮影秘話が話題になっているそうです。

さらに、菅原さんと高倉健さんの関係にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:菅原 文太(すがわら ぶんた)
本名:菅原 文太(すがわら ぶんた)
生年月日:1933年8月16日(満81歳没)
出身地:宮城県
身長:176cm
血液型:O型
所属:菅原文太事務所

・1954年:劇団四季に入団する。
・1956年:「哀愁の街に霧が降る」で映画デビューする。
・1961年:松竹に移籍する。
・1967年:東映に移籍する。
・1973年:「仁義なき戦い」に出演する。
・2001年:ジブリ映画「千と千尋の神隠し」で声優を務める。
・2009年:農業を始める。

菅原文太の仁義なき戦いでの撮影秘話がヤバイ!?

菅原文太さんは若い頃にモデルとしてデビューし、俳優に転身して大活躍していましたよね。

ヤクザ役から渋い役柄まで様々な役柄を演じていました。

そんな菅原さんなのですが、「仁義なき戦い」での撮影秘話が話題になっているそうです。

では、菅原さんの「仁義なき戦い」での撮影秘話というのは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、菅原さんは「仁義なき戦い」で主人公の広能昌三を演じていて、様々な撮影エピソードがあるのだそうです。

「仁義なき戦い」は、日本のヤクザ映画の中でも屈指の名作と言われているのですが、菅原さんは当初、「仁義なき戦い」に出演する予定じゃなかったのだとか。

実は、菅原さんが演じた広能昌三という役柄は、元々、渡哲也さんが演じる予定だったそうです。

しかし、渡さんが病気になってしまったので、その役柄が菅原さんにまわってきたのだとか。

スポンサーリンク


そして、「仁義なき戦い」という映画は、台本があったものの、撮影現場で俳優同士がアドリブでやり合うシーンが多くあり、それがそのまま生かされているそうです。

深作欣二監督が、よりリアルな映画を作ろうとそのような演出をしていたそうなのですが、撮影は基本的に深夜に行われることが多く、深夜になればなるほど現場は活気づいていったのだとか。

また、そんな「仁義なき戦い」は、菅原さんにとって最高の適役だったと感じていたとのことで、菅原さんにとって最もやりがいのある役柄だったのだそうです。

さらに、「仁義なき戦い」の撮影中に菅原さんは共演していた梅宮辰夫さんと一緒にお酒を飲みに行くことも多かったそうなのですが、二人で飲みに行くと多くの女性からモテたのだとか。

しかし、そんな二人がいても何の興味も示さなかった女性がいて、梅宮さんがその女性にホレてしまったことがあったそうです。

なので、菅原さんがそんな梅宮さんとその女性との間を取り持ったことがあったのだとか。

その甲斐あってか梅宮さんはその女性と仲良くなったそうなのですが、その女性というのが梅宮さんの妻のクラウディアさんなのだそうです。

また、菅原さんを含めた「仁義なき戦い」の出演者は、撮影中は毎晩のように飲みに行って、ほとんど寝ずに撮影をしていたのだとか。

なので、酔っぱらって寝ないままで撮影をすることが多かったそうなのですが、ほとんど寝ずにいることで出演者は目が赤く充血していたそうです。

しかし、それがよりリアルに見えるということで、半分酔っ払って目が充血したままの姿で撮影していたのだとか。

そうしたこともあって菅原さんや他の出演者は約2カ月ほど、ほとんど寝ずに撮影していたそうなのですが、「仁義なき戦い」での撮影秘話がヤバイですよね。

ただ、「仁義なき戦い」はそのように独特の演出などがあったために、大ヒットしたとも言えそうですね。

スポンサーリンク

菅原文太と高倉健の驚きの関係とは!?

日本の芸能界には、数多くの大スターがいますよね。

菅原文太さんと並んで高倉健さんも大スターの一人なのですが、そんな菅原さんの高倉さんの関係が注目されているそうです。

では、菅原さんと高倉さんの関係とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、菅原さんと高倉さんは同じヤクザ映画で人気になった俳優で、東映四天王と言われながらも不仲ということが言われていたそうです。

まず、菅原さんと高倉さんの関係についてなのですが、二人は高倉さんの方が2歳年上で俳優としても高倉さんの方が先輩となっていて、菅原さんが初めて東映の映画に出演をしたのが高倉さん主演の「網走番外地」シリーズだったのだとか。

菅原さんは、以前から高倉さんの「網走番外地」シリーズをよく見ていて、「網走番外地」に出演したいと思っていたそうです。

そして、その撮影で初めて高倉さんに会った菅原さんは、まだ役者としてそれほど人気がなく駆け出しの菅原さんにも丁寧に接する高倉さんの姿を見て、衝撃を受けたのだとか。

その後、菅原さんは東映で大活躍するようになって主演映画「懲役三兄弟」に出演するようになったのですが、その映画には高倉さんがゲスト出演しているそうです。

さらに、菅原さんはそれから東映で多くの主演作に出演していて、いつしか東映で高倉さんや鶴田浩二さんなどと並ぶ大スターになったのだとか。

スポンサーリンク


このように、いつの間にか高倉さんと肩を並べるほどの大スターになった菅原さんなのですが、それでも高倉さんに対してはいつも一歩下がった姿勢で高倉さんを常に立てていたのだとか。

例えば、高倉さんが撮影している最中に怪我をしてしまったことがあるのですが、それでも撮影を続けるスタッフに、

「健さんが怪我したのに、撮影なんかできるわけないだろう!」

と菅原さんが怒り、撮影を止めさせたこともあるそうです。

怪我をしても周りの事を思って黙々と演技を続けようとした高倉さんの代わりに菅原さんがそのようにスタッフに言って撮影を止めさせたそうなのですが、これも高倉さんを尊敬しているからこそ自ら悪者になって行ったことと言われているそうです。

また、そんな菅原さんについて高倉さんは、

「東映を背負って立つような素晴らしい俳優さんになられましたね。」

と評価していたのだとか。

ただ、そのように高倉さんを尊敬し、同じように肩を並べるほどの大スターになった菅原さんなのですが、「幸せの黄色いハンカチ」のドラマ版リメーク作品に出演する時には、高倉さんに対してライバル意識を抱いていたとも言われているそうです。

「幸福の黄色いハンカチ」は、高倉さんがヤクザ役などから離れて新しい役柄を挑戦するきっかけとなった作品なのですが、そのドラマ版に出演するということで菅原さんにとっても大いに感じるところがあったのだとか。

なので、そうしたこともあってか菅原さんと高倉さんはライバルということや不仲、共演NGなどということも言われていたそうです。

ただ、そのように言われていたものの、80年代以降は役者として別々の道を歩んでいたことから実際には周囲が言うほどお互いのことを意識していなかったとも言われているのだとか。

さらに、二人はプライベートでは一切親交がなかったと言われているのでほとんど関わり合いがなく、ライバルや不仲というのは周囲が勝手に言い始めたことのようです。

なので、世間で言われているように菅原さんと高倉さんはライバルや不仲という関係じゃないのですが、菅原さんと高倉さんの驚きの関係ですよね。

「仁義なき戦い」の撮影で二か月ほど、毎日お酒を飲んでほとんど寝ずに撮影に臨んでいたということで、その撮影秘話が話題になった菅原さんなのですが、高倉さんとは同じ東映のスターとなり、ライバル視されることがあったものの、菅原さんが高倉さんのことを立ててお互いに認め合っていたということで、今度もそんな菅原さんの様々なエピソードに注目が集まりそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・菅原文太の死因に隠された衝撃の真相が明らかに!?息子の死の真相もヤバイ!?

このページの先頭へ