早見優と舘ひろしの衝撃の痙攣事件の真相がヤバイ!?性格の驚きの実態とは!?

アイドル黄金時代に「花の82年組」としてデビューし、今なお精力的に活躍する早見優さん。

そんな早見さんと舘ひろしさんの間には衝撃の痙攣事件があるとウワサになっています。

また、早見さんの驚きの性格も話題になっているようです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:早見 優(はやみ ゆう)
本名:福田 一美(ふくだ かずみ) 旧姓:舘野(たての)
生年月日:1966年9月2日(50歳)
出身地:東京都
身長:164cm
血液型:A型
所属:キープスマイリング

1982年:シングル「急いで!初恋」でアイドル歌手デビュー。
1983年:コカ・コーラCMソングのシングル「夏色のナンシー」がヒット。
1996年:一般男性と結婚。2001年に長女出産、2003年に次女出産。
2016年:21年ぶりに新曲「溶けるようにkiss me」を発売。

早見優と舘ひろしの衝撃の痙攣事件の真相がヤバイ!?

早見優さんと舘ひろしさんは25年ほど前に交際していたという噂があるのですが、2人がある状態でいる現場を多くの人に見られたことが理由になっているんですよね。

ある状態というのはホテルで夜の営み中の2人が、早見さんの痙攣により舘さんと離れられなくなり、その状態のまま病院へ救急搬送され病院での処置で事なきを得たというものです。

しかも、救急車のストレッチャーに乗せられた2人の姿というのが、上半身に洋服を着たサングラス姿の男性の上に、やはり上半身だけ服を着た早見さんが重なり合い、下半身は毛布でくるまれた状態で搬送され、救急車に乗せる瞬間に強風で毛布があおられ、あらわになったその姿をホテルの多くの利用客に目撃されてしまったというのです。

当時の舘さんといえば、高視聴率番組を連発する石原プロモーションの主要メンバーのひとりとして多くの女性の心を掴んでいました。

またその時、舘さんの女性の好みが外人女性だったという事もあり、元祖バイリンガルアイドルとして知られていた早見さんは、まさに舘さんのタイプで、テレビ番組でも早見さんをベタ褒めしていたそうですよ。

スポンサーリンク


そういった事からも、舘さんと早見さんの交際はあり得ると信じられ、驚きの痙攣事件として語りつがれることとなったようですね。

ただ、有名ホテルには救急車が出入りする場所として従業員用などの目立たない出入り口を利用するのが普通ですし、ましてやVIP級の有名人の恥ずかしい姿を多くの人に見られる搬送の仕方をするなんてホテルの信用問題に関わります。

そして、何より女性が営み中に痙攣するという症例は日本で報告されたことがなく、海外でも「見たことがある」というあやふやな症例しかないそうです。

そもそも、医学的に離れられないほどの痙攣を起こすには、よほどの筋肉が必要となり女性の体の構造上、あり得ないとも言われているようですよ。

早見さんと舘さんが交際していたかどうかは分かりませんが、営み中に離れられなくなった痙攣事件は医学的にも可能性が限りなく低い都市伝説のようですね。

スポンサーリンク

早見優の性格の驚きの実態とは!?

幼少の頃、両親の離婚により3歳からグアムで育ち、その後7歳から14歳までハワイで育った早見優さんは、祖母と母親の3人で育ったそうです。

そして、ハワイでスカウトされたのをきっかけに日本へ帰国して、アイドル歌手としてデビューしてからは、テレビ番組への出演などの多忙な生活が始まります。

ただ、日本とは異なるアメリカの文化に長く馴染んでいた早見さんは、日本のバラエティ番組の笑いが理解できず、ハリセンで頭を叩かれても「何が面白いの?」と思う日々だったそうです。


スポンサーリンク


そして、自己主張をするのが当たり前というアメリカ社会で育った早見さんは、あるとき「頭は叩かれたくないです」「イヤです」とはっきり言う性格だったのだとか。

そんな事をいうアイドルは当時皆無だったので、スタッフに「可愛くない」「キツイ」とささやかれることもあったようですよ。

また、元祖バイリンガルアイドルとして英語番組の司会を務めていたこともあった早見さんは『ザ・ベストテン』に出演した際、黒柳徹子さんから「あなた英語が上手でしょ。ちょっと話してみて」と促され、英語を話したことがあったそうです。

しかし、その放送の翌日、事務所に「生意気だ」という電話が殺到し、批判の手紙も相次いでしまい悲しい気持ちになったこともあったようです。

普段の生活でも「これ食べる?」と聞かれて「嫌いだからいらない」と答えてしまうこともあり「今は、いらないかな。」って答えられるようになるまで15年くらいかかったのだとか。

ハワイ育ちで英語を話すことが普通だった早見さんは、意見をはっきり言うことはアメリカでは当たり前だったけれど、日本では必ずしもプラスではなく、協調性のある態度が大きなプロジェクトを成し遂げられるには重要ということを徐々に知っていったそうです。

海外育ちで自分の意見をはっきり言う性格だった早見さんは、日本で仕事をするうちに協調性のある日本人らしさも身につけていったようですが、早見さんと舘さんの営み中に離れられなくなった痙攣の噂は医学的にも可能性が少ない都市伝説で、このようなウワサに惑わされることなくこれからも活躍していって欲しいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・早見優の旦那の職業や馴れ初めがヤバイ!?娘のルックスや学校の驚きの実態とは!?

・早見優の若い頃の活躍がヤバイ!?松本伊代と起こした線路事件の驚きの真相とは!?

このページの先頭へ