キャシー中島の若い頃の活躍がヤバイ!?皮膚がんなどの病気の経過がヤバイことに!?

70年代からタレントとして活躍しているのがキャシー中島さんですよね。

最近はキャシー中島さんの手芸教室なども人気になっています。

そんなキャシー中島さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

さらに、キャシー中島さんの皮膚がんなどの病気の経過にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:キャシー中島(きゃしーなかじま)
本名:勝野 八千代(かつの やちよ)
生年月日:1952年2月6日(65歳)
出身地:アメリカ・ハワイ
身長165cm
血液型:B型
所属:株式会社スタジオ・ケイグループ

・1969年:モデルとしてデビューする。
・1978年:「ぎんざNOW!」に出演する。
・1979年:俳優の勝野洋と結婚する。長女の勝野奈七美を出産する。
・1982年:次女の勝野雅奈恵を出産する。
・1983年:長男の勝野陽介を出産する。
・2016年:皮膚がんの手術を受ける。

キャシー中島の若い頃の活躍がヤバイ!?

キャシー中島さんはハーフタレントの元祖とも言える存在ですよね。

デビューから大活躍をして現在も様々な方面で活躍をしています。

そんなキャシー中島さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

では、キャシー中島さんの若い頃の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、キャシー中島さんはモデルとしてデビューし、タレントとして人気番組に多く出演していたそうです。

キャシー中島さんは1969年にモデルとしてデビューをしているのだとか。

キャシー中島さんはハーフということで顔だちもはっきりしていて、まさにモデルにぴったりですよね。

また、キャシー中島さんはモデルとして活動しながらレナウンのCMにも出演をするなどタレントとしても活躍していたそうです。

ちなみに、下の画像が若い頃のキャシー中島さんになるのですが、今よりもかなり痩せていて美人ですよね。

また、そんなキャシー中島さんはボーカルグループの「カサノバ7」にも参加するなどしていたそうです。

このように大活躍をしていたキャシー中島さんは1972年に「ぎんざNOW」という番組にアシスタントとして出演してお茶の間でも人気となったのだとか。


スポンサーリンク


また、キャシー中島さんはソロ歌手としてレコードを発売するなどしていたそうなのですが、当時からマルチな活躍をしていたようです。

このようにキャシー中島さんは若い頃にはモデル、タレント、歌手として活躍をしていたのですが、キャシー中島さんの若い頃の活躍がヤバイですよね。

さらに、キャシー中島さんは女優業にも挑戦しようとしたことがあるそうなのですが、当時子役として出演をしていた杉田かおるさんに

「お姉さん演技下手だね」

と言われて女優を諦めたことがあるそうです。

そして、その後キャシー中島さんは1979年に勝野洋さんと結婚をして芸能活動を休止したのだとか。

キャシー中島さんは1980年代に芸能活動を再開しているのですが、キルト作家としても活躍していて今後も様々な活動を行っていきそうですね。

スポンサーリンク

キャシー中島の皮膚がんなどの病気の経過がヤバイことに!?

キャシー中島さんはこれまでに病気を患っていることなどを公表していますよね。

現在65歳のキャシー中島さんなので病気になってしまうのも不思議じゃないのですが、キャシー中島さんの病気の経過に注目が集まっているそうです。

では、キャシー中島さんの病気の経過とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、キャシー中島さんは皮膚がんとヘバーデン結節という病気を患っているそうです。

まず、キャシー中島さんの皮膚がんの経緯についてなのですが、キャシー中島さんは2015年の11月に顔にニキビのようなものが出来たのだとか。

しかし、それがなかなか治らなかったので悪性のものかと思って病院に行ったのだそうです。

そして、大学病院で検査を受けると基底細胞皮膚がんという病気だったことが発覚したのだとか。

ちなみに、基底細胞皮膚がんとは、

「重層扁平上皮(特に皮膚の表皮)から生じる病変の組織型のひとつである。」

(Wikipediaより)

という病気なのだそうです。

そして、そのように診断されたキャシー中島さんは2016年の2月10日に手術を受けて患部を取り除いたのだそうです。

キャシー中島さんは手術で再発をしないように大きく深く皮膚を切ってもらったそうなのですが、その手術以来患部にはテープを貼ってカバーしてきたのだとか。


スポンサーリンク


そして、キャシー中島さんは2016年の5月24日に手術を受けた事と患部にテープを貼っていることを明かしたそうなのですが、術後の経過も良好ということで公開することにしたのだそうです。

皮膚がんの手術を受けたキャシー中島さんは

「人生60代になるといろんなことが起こりますね。

でも私、どんなことがあっても前を向いていきます。

それが私なので!」

とブログで語っているのだとか。

また、この他にもキャシー中島さんはヘバーデン結節という病気も患っているそうです。

ヘバーデン結節は、

「手指の第一関節に生じる、変形性関節症の一種。関節の軟骨が摩耗し、骨棘が形成され、指が動かしにくくなる。」

(コトバンクより)

という病気なのだとか。

キャシー中島さんは40歳になった頃にヘバーデン結節を発症したそうなのですが、この病気は関節炎なども伴うものなので指が軽くどこかに当たっただけでも飛び上がるほどの痛みを感じるそうです。

なので、当時は「アーント」というサプリメントを飲むなどしていたそうなのですが、それでも症状は良くならず現在は7本の指がヘバーデン結節になってしまっているのだとか。

キャシー中島さんは2年に一本づつヘバーデン結節になってしまったそうなのですが、キャシー中島さんのお母さんや叔母さんもヘバーデン結節だったとのことで遺伝によるものなのだそうです。

ヘバーデン結節は老化によって起きてしまうものだそうですが、老化によって常に炎症が起きている状態が続いていることからヘバーデン結節の症状が出てしまっていることも明かしているのだとか。

キャシー中島さんは家事などで指を使った後に指をマッサージするなどしてケアをしていくしかないそうなのですが、キャシー中島さんの皮膚がんなどの病気の経過がヤバイですよね。

ただ、キャシー中島さんはそうした病気にも負けじと明るく前向きに生活をしているようです。

1969年にモデルとしてデビューして「ぎんざNOW!」に出演するなど若い頃から大活躍をしていたキャシー中島さんなのですが、皮膚がんを患い手術をしたこととヘバーデン結節を患っていることを告白して注目されるなどしていて、今後もそんなキャシー中島さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・キャシー中島の娘のななみの壮絶な闘病生活がヤバイ!?次女と旦那の驚きの馴れ初めとは!?

・勝野洋の若い頃の活躍がヤバイ!?嫁のキャシー中島との馴れ初めや宗教との関わりがヤバイ!?

このページの先頭へ