浅野温子の若い頃の活躍や昔の美貌がヤバかった!?性格の驚きの実態とは!?

浅野温子さんは現在も女優として精力的に活躍していますよね。

女優業の他に大学の客員教授も務めています。

そんな浅野さんなのですが、若い頃の活躍や昔の美貌が話題になっているそうです。

さらに、浅野さんの性格の実態にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:浅野 温子(あさの あつこ)
本名:魚住 温子(うおずみ あつこ)
生年月日:1961年3月4日(56歳)
出生地:東京都
身長:163cm
血液型:A型
所属:生島企画室

・1976年:映画「エデンの海」で女優デビューする。
・1983年:作詞家の魚住勉と結婚する。
・1984年:長男の魚住優を出産する。
・1987年:ドラマ「あぶない刑事」に出演する。
・1990年:映画「天と地と」に出演する。
・2017年:ドラマ「さすらい所長 風間昭平13」に出演する。

浅野温子の若い頃の活躍や昔の美貌がヤバかった!?

浅野温子さんは10代の頃に芸能界デビューして以来、大活躍していますよね。

デビュー後すぐに人気女優となった浅野さんなのですが、そんな浅野さんの若い頃の活躍や昔の美貌が話題になっているそうです。

では、浅野さんの若い頃の活躍や昔の美貌とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、浅野温子さんは15歳の時に芸能界デビューしていて様々な映画に出演していたのだそうです。

さらに、当時の浅野さんの美貌も大きな話題になったのだとか。

浅野さんは東京都の生まれなのですが、15歳の時に映画「エデンの海」のオーディションに合格して映画デビューしているのだそうです。

「エデンの海」は主演が山口百恵さんで、浅野さんは山口さんのクラスメイト役として映画に出演していたのだとか。

また、1977年にはTBSのドラマ「文子とはつ」、映画「聖母観音菩薩」に出演し、1981年には「スローなブギにしてくれ」に出演しているそうです。

浅野さんはデビュー当時から話題作にばかり出演していることがわかりますよね。

さらに、浅野さんは1982年に「化石の荒野」や「汚れた英雄」などに出演し、1985年には映画「陽暉楼」に出演しているのだとか。

若い頃の浅野さんは現在よりも幼い感じがするものの、透明感があってまさに美少女と言うにふさわしい美貌を持っていたことがわかりますよね。

また、このように話題の映画に多く出演していた浅野さんなのですが、ドラマにも多く出演していて、1976年に「俺たちの朝」、「ニンジャキャプター」に出演し、1978年には「明日の刑事」や「夢のあとに」などに出演しています。

スポンサーリンク


他にも70年代には「四角な船」、「俺たちは天使だ!」、「水中花」などに出演していて引っ張りだこだったのだそうです。

ドラマにも多く出演しているのですが、話題作ばかりに出演していて女優として大活躍していますよね。

また、80年代以降の浅野さんは土曜ワイド劇場に出演し「悪女の仮面・扉の陰に誰かが‥‥」などに出演し、その他に木曜ゴールデンドラマの「夢芝居」や金曜ドラマの「あまねく危険な香り」などに出演しているのだとか。

他にも「翔んでる警視」などのドラマにも出演し、1986年には浅野さんの代表作となる「あぶない刑事」に出演したのだそうです。

「あぶない刑事」に出演して浅野さんは女優としてさらにブレイクし大人気となったのですが、浅野さんの若い頃の活躍や昔の美貌がヤバかったことがわかりますよね。

現在も女優として大活躍している浅野さんなのですが、今後もそんな浅野さんは大活躍していきそうです。

スポンサーリンク

浅野温子の性格の驚きの実態とは!?

人気の女優は性格なども注目されることが多いですよね。

浅野温子さんもその性格などが話題になっているのですが、浅野さんの性格の実態に注目が集まっているそうです。

では、浅野さんの性格の実態とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、浅野さんは性格が悪いということなどが噂されているそうです。

浅野さんは女優として活動していることもあってか、あまり性格が良くないと言われることが多いのだとか。

特に浅野さんは90年代以降に事務所が「古事記」などの古典を現代語で披露する一人舞台の企画などを発案し、新たな活動を始めたのだそうです。

それは「浅野温子 よみ語り」として全国にある神社などで行われるもので、これまでにない浅野さんの魅力を引き出していて大人気となったのだとか。

浅野さんのキャリアの中でも重要なものとなって現在も続けられているのですが、トレンディ女優と呼ばれた浅野さんが見事に新境地を拓いたと言えますよね。

この企画は元々事務所が主導で考えたのだそうなのですが、現在はいつの間にか浅野さんが自分で考えてすべて準備をして行っているという風に言われるようになったのだそうです。

そのように言われるようになったのは、浅野さん自身が自らこの舞台を企画し、毎回準備などを一人でしていると公言するようになったからだそうなのですが、元は事務所の社長などが考えたものだったのだとか。

なので、浅野さんの所属していた事務所の社長はマネージメントだけじゃなくて浅野さんの新しいキャリアについてもかなりの貢献をしていたようです。

しかし、浅野さんはそんな恩人とも言える事務所の社長がガンで入院した時にはお見舞いにも行かずに、すぐに事務所を辞めて独立してしまったのだとか。

なので、そのように身勝手な行動をする浅野さんの裏切りは大きな批判を浴びているそうです。

また、事務所を独立して以降、「よみ語り」という名前で行っていた舞台は「語り舞台」と名前変えてそのまま行うようになっているのだとか。

このように名前を変えた理由として前事務所が商標登録などをしているために名前だけを変えたとも言われているそうなのですが、こうしたことから浅野さんは恩知らずで性格が悪いと言われているそうです。

また、こうした一連の浅野さんの裏切り行為があったために、前事務所は浅野さんを訴えるなどしているのだとか。

事務所の独立を巡って干されてしまったりすることは多いのですが、このように前事務所が激怒して裁判沙汰にまでなってしまうということで、浅野さんに対して前事務所は相当頭にきているようです。

スポンサーリンク


また、浅野さんは長男の魚住優さんが現在NHKのアナウンサーとして活動しているのですが、浅野さんは魚住さんの育児をあまりしていなかったとも言われているのだとか。

浅野さんが魚住さんを産んだのは1984年なのですが、80年代中盤から後半というと浅野さんが「あぶない刑事」などに出演して大ブレイクした時期ですよね。

さらに、90年代前半もトレンディドラマに多く出演して一世を風靡していました。

なので、女優業が忙しかった浅野さんは、魚住さんの子育てをあまり行わずに育児放棄していたということまで言われているのだとか。

さらに、浅野さんは子育てについては母親にまかせていたということも明かしているそうです。

実際に浅野さんがどこまで育児をしていたのかはわからないのですが、こうしたことも含めて浅野さんの性格についてはあまり良くないという噂が多いのだとか。

なので、浅野さんの性格については様々なことが言われているそうなのですが、浅野さんの性格の驚きの実態ですよね。

ただ、そのように言われる浅野さんなのですが、接したことがある人からは明るくて裏表のない性格をしているとも言われているのだとか。

なので、決して悪い性格をしているわけじゃないそうなのですが、これまでの事などからどうしても性格が悪いと言われてしまうようです。

15歳でデビューして女優として大活躍し、その若い頃の活躍と美貌が話題になった浅野さんなのですが、事務所を裏切ったことや育児放棄したことなどから性格が悪いと言われてその性格の実態が注目されるなどしていて、今後もそんな浅野さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・浅野温子と夫の馴れ初めがヤバかった!?息子の現在の驚きの活動状況とは!?

・浅野ゆう子の若い頃の美貌や昔の活躍がヤバかった!?浅野温子との本当の関係とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ