柴田恭兵の若い頃の活躍がヤバかった!?愛車トラブルで性格がバレた!?

渋みのある俳優として大活躍しているのが柴田恭兵さんですよね。

柴田さんは刑事役などがハマり役で人気となっています。

そんな柴田さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

さらに、柴田さんの愛車トラブルと性格の関係にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

名前:柴田 恭兵(しばた きょうへい)
本名:柴田 恭兵(しばた きょうへい)
生年月日:1951年8月18日(65歳)
出生地:静岡県
身長:176cm
血液型:AB型
所属:柴田恭兵事務所

・1975年:東京キッドブラザースに入団する。
・1977年:ドラマ「大都会PART Ⅲ」に出演する。
・1979年:ドラマ「赤い嵐」に出演する。
・1983年:元モデルの女性と結婚する。
・1986年:ドラマ「あぶない刑事」に出演する。
・2004年:次男が心臓発作で亡くなる。
・2016年:ドラマ「ヒポクラテスの誓い」に出演する。

柴田恭兵の若い頃の活躍がヤバかった!?

柴田恭兵さんは刑事ドラマなどに多く出演していて人気ですよね。

現在も刑事役はもちろん、様々な役柄を演じています。

そんな柴田さんなのですが、柴田さんの若い頃の活躍が話題になっているそうです。

では、柴田さんの若い頃の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、柴田さんは大学卒業後に劇団員となり、そのままドラマなどに多く出演するようになって人気俳優として活躍するようになったのだそうです。

柴田さんは静岡県の生まれで大学卒業後に一度はサラリーマンになったのだそうです。

しかし、1975年にサラリーマンを辞めて劇団東京キッドブラザースに入団して俳優になったのだとか。

柴田さんがかつてサラリーマンとして働いていたというのは意外ですよね。

脱サラしてサラリーマンになったようなのですが、それだけ俳優になりたいという強い想いがあったようです。

そして、そんな柴田さんは舞台「十月は黄泉の国」で俳優としてデビューしているのだとか。

その後の柴田さんは1977年に「大都会PART Ⅲ」に出演し、1978年には「太陽にほえろ!」にも出演していたのだそうです。

他にも「大追跡」などにも出演をして刑事役を演じているのですが、1979年には「熱い風」、「俺たちは天使だ!」、「かたぐるま」などのドラマに出演しているのだとか。

柴田さんはこのように俳優に転身してすぐに人気俳優となって活動していたことがわかるのですが、80年代になってからは「青い絶唱」や「プロハンター」などのドラマに出演し、火曜サスペンス劇場にも出演しているのだそうです。

柴田さんは火曜サスペンス劇場で「ハムレットは行方不明」や「乱れからくりねじれ屋敷連続殺人事件」などに出演しているのですが、1983年には松本清張の「顔」にも出演しているのだとか。

サスペンスにも多く出演していたのですが、本当に様々なドラマに出演していたことがわかりますよね。

また、柴田さんは80年代には1984年に大河ドラマ「山河燃ゆ」や1988年の「武田信玄」にも出演しています。

大河ドラマで重厚な役を演じているのですが、さらに1985年にはNHKの朝ドラの「澪つくし」にも出演していて俳優としてデビュー以来様々な役柄を演じて大活躍していたことがわかりますよね。

また、柴田さんは映画にも多く出演していて、1976年に「ピーターソンの鳥」に出演したのを皮切りに「最も危険な遊戯」や「白昼の死角」などに出演しています。

映画は2、3年ごとに出演していてヒット作にも出演しているのですが、どちらかというとドラマをメインに出演していたのだとか。

そして、そんな柴田さんは若い頃はチンピラということも言われていたそうです。

確かに鋭い目つきなどが印象的な柴田さんなのでそのように言われるのも納得してしまうのですが、実はそれは1986年にジョニー大倉さんと「チンピラ」という映画に出演をしてチンピラ役を演じていたことが元となっていて、それがあまりにハマり役だったのでそのように言われるようになったのだとか。

しかし、柴田さんはそのようにチンピラを演じたのと同じ年の1986年にはヒット作の「あぶない刑事」に出演をして真逆の刑事役を演じて大ブレイクをしています。

「あぶない刑事」は後に「もっとあぶない刑事」や映画「あぶない刑事」などが作られてシリーズ化されるなど大人気シリーズとなりました。

柴田さんを語る上で欠かせない作品なのですが、今でも「あぶない刑事」のファンは多くいますよね。

スポンサーリンク


また、若い頃の柴田さんはドラマの中で裸になるシーンも多かったのですが、まるでボクサーのように細身ながらもしっかりとした筋肉がついた身体は今でも語り草になるほど見事なものだったのだとか。

柴田さんはシャドーボクシングや腕立てや背筋、腹筋などで見事な体を作り上げたと言われているのですが、確かに当時の画像を見ると見事な身体をしていますよね。

このように当たり役も多くて80年代を代表する俳優となった柴田さんなのですが、柴田さんの若い頃の活躍がヤバかったことがわかりますよね。

現在も俳優として「ヒポクラテスの誓い」などに出演しているのですが、今後も柴田さんは大活躍していきそうです。

スポンサーリンク

柴田恭平の愛車トラブルで性格がバレた!?

柴田恭兵さんは俳優ということでその性格なども注目されていますよね。

様々なエピソードが語られているのですが、そんな柴田さんの愛車トラブルと性格の関係に注目が集まっているそうです。

では、柴田さんの愛車トラブルからバレた性格というのは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、柴田さんはジャニーズの生田斗真さんを愛車に乗せていた時に生田さんがビールをこぼしてしまい、その対応が素晴らしくて非常に良い性格をしていると大絶賛されているそうです。

柴田さんは生田さんとドラマで共演したことがあり、その時の撮影終わりに柴田さんが生田さんを車で送って行くことがあったのだそうです。

柴田さんの愛車で毎日生田さんは送ってもらっていたそうなのですが、二人は車の中でビールを飲ながら様々なことを語り合っていたのだとか。

しかし、ある時に生田さんはビールを飲んだまま寝てしまって起きた時にはシートにビールをこぼしてしまったのだそうです。

すぐに生田さんはビールを拭いたのですが、それがシミになってしまったのだとか。

生田さんはその時、柴田さんにビールをこぼしたことを言えずにそのまま車を降りてしまったのですが、一週間後に再び柴田さんに車で送ってもらった時にはシートがクリーニングされたのかシミもキレイになくなっていたのだそうです。

その後10年以上も生田さんは柴田さんにそのことを謝れていなかったそうなのですが、生田さんが「行列のできる法律相談所」の中でそのエピソードを披露し、柴田さんに謝りたいと思っていたことを明かしたのだとか。

そして、番組のスタッフが柴田さんにそのことを伝えると柴田さんは怒るどころか、それは生田さんの勘違いでビールをこぼしたのは自分だと言うなどして生田さんのことをフォローしていたのだそうです。

ちなみに、下の文章が柴田さんが生田さんに宛てたメッセージなのだとか。

斗真くんへ

お元気ですか?お久しぶりです。

僕に謝りたいことがあると聞いて驚きました。

シートの件ですが、斗真の勘違いです。

斗真は夢を見たんです。

こぼしたのは僕だったんです。

だから気にしないでね。

ちょっと不安げで華奢だった斗真がたくましく

男らしくなって僕はウキウキしています。

また会える人を本当に楽しみにしています。

柴田恭兵

こうした手紙が読まれてスタジオで柴田さんを絶賛する声が上がったのですが、さりげないながらも柴田さんのやさしさがにじみ出る手紙ですよね。

柴田さんの人となりがわかる手紙だったのですが、そんな手紙をもらった生田さんは

「そんなにかっこよく言われてしまったら本当に何も言えない。

次仕事するときはきちんと謝らせてください。」

と言うなどして、さらにネットで二人のやり取りが絶賛されたのだそうです。

スポンサーリンク


こうしたことから柴田さんは性格的に男らしくて優しいと言われているのですが、柴田さんはこのように愛車トラブルで性格がバレてしまったのだとか。

いい意味で柴田さんの性格がバレたと言えるのですが、柴田さんは以前から明るくてユーモアがある性格をしていると言われていたそうです。

今回のことでそれがよりはっきりしたと言えるのですが、柴田さんは噂通りの性格をしていたと言えそうですね。

ちなみにそんな柴田さんが乗っていた愛車は詳しくは明かされていないのですが、ベントレーなのじゃないかとも言われているそうです。

柴田さんのイメージとベントレーはピッタリなのですが、今後再び撮影が一緒になるときがあれば、生田さんをそのベントレーでまた送っていくことがあるかもしれませんね。

サラリーマンから俳優に転身して大活躍し、その若い頃の活躍が話題になった柴田さんなのですが、生田さんが愛車でビールをこぼしても優しくフォローするなど愛車トラブルからその性格がバレたと注目されていて、今後もそんな柴田さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・柴田恭兵の息子の死因に隠された真相がヤバイ!?事務所や嫁の驚きの実態とは!?

このページの先頭へ