堺正章の父親の昔の活躍と急死の過去がヤバイ!?ヒロミとの確執の衝撃の真相とは!?

堺正章さんは軽快な司会ぶりなどが人気ですよね。

元バンドマンということもあってコンサートを開くなど歌手としても活躍しています。

そんな堺さんなのですが、父親の昔の活躍と急死の過去が話題になっているそうです。

さらに、堺さんとヒロミさんの確執の真相にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:堺 正章(さかい まさあき)
本名:栗原 正章(くりはら まさあき)
生年月日:1946年6月6日(70歳)
出生地:東京都
身長:163cm
血液型:A型
所属:エスダッシュ

・1962年:ザ・スパイダースに加入する。
・1970年:ソロ歌手として活動する。
・1978年:ドラマ「西遊記」に出演する。
・1989年:岡田美里と結婚する。
・2001年:岡田美里と離婚する。
・2011年:一般女性と再婚する。

堺正章の父親の昔の活躍と急死の過去がヤバイ!?

堺正章さんは歌手、タレント、俳優として活躍するなどマルチに活躍していますよね。

堺さんに憧れる芸能人も多くいます。

そんな堺さんなのですが、父親の昔の活躍と急死の過去が話題になっているそうです。

では、堺さんの父親の昔の活躍と急死の過去とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、堺さんの父親は堺俊二さんでコメディアンとして大活躍をしていたそうです。

堺さんの父親の堺俊二さんは1932年に俳優の早川雪州さんの一座に入り、そこから俳優として活躍するようになったのだとか。

しかし、そのように劇団で活躍していたものの早川さんは1935年に海外に渡って海外で活躍するようになったのだそうです。

なので、早川さんがいなくなったことから堺俊二さんは劇団を抜けて浅草オペラ座に入り、コメディアンの清水金一さんとコンビを組んで活躍するようになったのだとか。

そして、そのように清水さんとコンビを組んでいた堺俊二さんなのですが、コメディアンとして活動するのが嫌になったのか1940年に熱海の旅館で働くようになってコメディアンとしての活動を休止していたこともあるのだそうです。

堺俊二さんは旅館で働く他に文房具屋を経営するなどしていたそうなのですが、そのように数年過ごした後の1942年に吉本興業の傘下の東京吉本の浅草花月劇場で再びコメディアンとして活動するようになったのだとか。

やはり、長年舞台に立っていた堺俊二さんなので、舞台こそが自分の生きる道だと決意したのかもしれませんね。

そして、堺俊二さんは清水さんなどと浅草花月劇場で新生喜劇座を結成するなどしていたのですが、1943年に新生喜劇座を脱退してしまったのだとか。

清水さんがワンマン過ぎたことから堺俊二さんは退団をしたそうなのですが、二度も清水さんと別れるということで清水さんのやり方は堺俊二さんには合わなかったようですね。

そして、そんな堺俊二さんは1946年に松竹大船に入社して映画に出演するようになったのだとか。

映画俳優となった堺俊二さんは初主演映画「破られた手風琴」に出演しているのですが、すぐに映画俳優として大活躍するようになるというのはさすがですよね。

また、そのように映画の世界で活躍するようになった堺俊二さんは、映画で再び清水さんと共演するようになったのだそうです。

何度も離れながらも不思議と共演する機会が多い二人なのですが、堺俊二さんと清水さんはコンビとして切っても切れない関係と言えそうですね。

また、そのように松竹大船で活躍していた堺俊二さんなのですが、1952年にはフリーとなって舞台やテレビなどにも多く出演してするようになったのだそうです。

現代劇や時代劇などにも出演をして大人気となったのですが、そのように活躍していた堺俊二さんは1968年に脳溢血で急死してしまったのだとか。

ちなみに、脳溢血とは、

「頭蓋内の出血病態の総称であり、一般には脳溢血(のういっけつ)として広く知られている。」

(Wikipediaより)

という病気なのだそうです。

スポンサーリンク


堺俊二さんは新宿コマ劇場で公演をしている最中に倒れてしまったそうなのですが、まだ54歳という若さだったのだとか。

1968年の時の男性の平均寿命は69.05歳だったそうなのですが、かなり若くして亡くなってしまったことがわかります。

まだまだこれから活躍が期待されていただけに堺正章さんの父親の昔の活躍と急死の過去がヤバイですよね。

また、堺俊二さんが亡くなった時に堺正章さんは22歳で、当時からすでにザ・スパイダースとして活動していたそうです。

現在、マルチタレントとして大活躍している堺正章さんはコメディアン、俳優として活躍する堺俊二さんの背中を見て育ったので様々なジャンルで大活躍できているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

堺正章さんとヒロミの確執の衝撃の真相とは!?

堺正章さんは度々、芸能人とのトラブルや確執などが報じられますよね。

特にヒロミさんとの関係については常に噂になっているのですが、堺さんとヒロミさんの確執の真相に注目が集まっているそうです。

では、堺さんとヒロミさんの確執の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、堺さんとヒロミさんはヒロミさんが番組の中で失言をしたことから不仲になってしまって堺さんがヒロミさんを干したと言われているそうです。

堺さんとヒロミさんは90年代に「発掘あるある大事典」で共演していて、公私に渡ってかなり仲が良かったのだとか。

二人は「発掘あるある大事典」の他の番組でも共演していたのですが、2007年に「ズバリ言うわよ!」という番組で共演した時の休憩時間にヒロミさんが堺さんに対して

「マチャアキさぁ」

とふざけて話かけたことがあったのだそうです。

ヒロミさんはふざけてそのように話かけたそうなのですが、堺さんはそんなヒロミさんに激怒したと言われているのだとか。

ただ、その時は堺さんとヒロミさんの間にとんねるずの木梨憲武さんが仲裁に入って、その後は何事もなく収録を行ったのだそうです。

しかし、その後ヒロミさんは飲み会の席で堺さんについて

「堺さん面白くないね。」

と言ってしまい、それが堺さんの耳に入って番組を降ろされるなどしたのだとか。

そして、そのままヒロミさんは芸能界を干されてしまったのだそうです。

なので、そうしたことから堺さんとヒロミさんの間には確執があると言われていたのだとか。

実際にそうした噂の通りヒロミさんは長年テレビの世界から遠ざかっていて干されたと言われていましたよね。

なので、その噂を信じる人も多かったのですが、2010年代から再びヒロミさんはテレビに出演するようになって芸能活動を再開させています。

芸能界に復帰したヒロミさんは様々な番組に出演しているのですが、堺さんが司会を務める「チューボーですよ!」にヒロミさんが出演をして久しぶりに二人が共演したのだとか。

そして、その時に不仲が噂されていることなどを二人が直接否定し、ヒロミさんは堺さんのことを先生と呼んでよく一緒に食事に行くことなどを明かしたのだそうです。

さらに、堺さんとヒロミさんは「チューボーですよ!」の他にも「ダウンタウンDX」などにも一緒に出演していて仲の良いところを見せていたのだとか。

なので、堺さんとヒロミさんの仲が悪いというのは全くのデタラメだったそうです。

未だに堺さんとヒロミさんの仲が悪いということを信じている人もいるのですが、堺さんとヒロミさんの確執の衝撃の真相ですよね。

スポンサーリンク


ちなみに、かつてヒロミさんが「発掘あるある大事典」を降板したのは番組テコ入れなどでヒロミさんが首を切られてしまって番組を降板していたのだそうですが、それをきっかけに個人事務所に所属していたヒロミさんには仕事が入らなくなってしまったのだとか。

なので、そこからヒロミさんは芸能活動ができなくなってしまって長年テレビに出ることができなかったのだそうです。

また、ヒロミさんは昔から生意気なキャラクターだったのですが、そうしたことからスタッフなどにも嫌がられていてその影響で仕事が来なくなったとも言われているそうです。

なので、堺さんがヒロミさんに激怒して芸能界を干したというのは全くの間違いなのだとか。

現在はかつてヒロミさんにイジメられていたスタッフなどが現場からいなくなったのでテレビに出演できるようになったとも言われているそうなのですが、堺さんとの関係は今も良好で確執などはまるでないということがわかりますよね。

なので、今後も堺さんとヒロミさんはバラエティ番組などで共演していきそうです。

父親の堺俊二さんがコメディアンとして若い頃から活躍し58歳という若さで亡くなるなどその若い頃の活躍と急死の過去が話題になった堺さんなのですが、ヒロミさんを干したとしてその確執の真相が注目されるなどしていて、今後もそんな堺さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・堺正章の若い頃の活躍がヤバかった!?嫁と離婚を繰り返してきた衝撃の過去とは!?

・堺正章の娘のブサイクさと現在の活動状況がヤバイ!?年収や焼肉屋での驚きの稼ぎとは!?

・堺正章が嫌いと言われる理由が多すぎてヤバイ!?井上順との不仲の驚きの真相とは!?

こんな記事も読まれています!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ