羽生善治の娘の大学などの学歴がヤバイ!?若い頃の伝説や学歴がヤバかった!?

将棋界で長年トップを走り続けているのが羽生善治さんですよね。

羽生さんは10代の頃にプロの棋士となって大活躍しています。

そんな羽生さんなのですが、娘さんの大学などの学歴が話題になっているそうです。

さらに、羽生さんの若い頃の伝説や学歴にも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:羽生 善治(はぶ よしはる)
本名:羽生 善治(はぶ よしはる)
生年月日:1970年9月27日(46歳)
出身地:東京都
身長:172cm
血液型:AB型
所属:日本将棋連盟

・1985年:プロの将棋士になる。
・1987年:天王戦で優勝する。
・1994年:六冠王となる。
・1996年:七冠を制覇する。女優の鼻田理恵と結婚する。
・1997年:長女の舞花が生まれる。
・1999年:次女の桃花が生まれる。
・2012年:A級順位戦全勝優勝する。

羽生善治の娘の大学などの学歴がヤバイ!?

羽生善治さんは数多くいる将棋士の中でも最も名前の知られた将棋士と言えますよね。

90年代以降最も活躍した将棋士とも言われています。

そんな羽生さんなのですが、娘さんの大学などの学歴が話題になっているそうです。

では、羽生さんの娘さんの大学などの学歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、羽生さんには娘さんがいて有名私立大学に通っていると言われているそうです。

羽生さんは1996年に女優の畠田理恵さんと結婚をしているのですが、1997年に長女が生まれ、1999年に次女が生まれているのだとか。

羽生さんのお子さんは二人とも一般人なのですが、長女が舞花さんで次女が桃花さんという姉妹で、雙葉中学校・高等学校に通っていたと言われているそうです。

二人の娘さんは母親の畠田さんに似て美人姉妹とも言われているそうなのですが、それも納得ですよね。

そして、そんな二人の娘さんが通っている雙葉(ふたば)中学校・高等学校は都内でも名門中の名門と言われる学校で偏差値は73とも言われているのだとか。

なので、超進学校とも言えるのですが、将棋士としてトップクラスの活躍をしている羽生さんなので二人の娘さんもそんな羽生さんの頭の良さを受け継いでいるようですね。

ちなみに、雙葉中学校・高等学校は高橋真麻さんやいとうあさこさんなどが卒業していることが知られているそうです。

ただ、そのように雙葉中学校・高等学校に通っていたとされる羽生さんの娘さんなのですが、長女の舞花さんは東洋英和女学院に転校したとも言われているのだとか。

東洋英和女学院は偏差値が61なのですが、雙葉高等学校に比べるとかなり偏差値は下になるようです。

しかし、学力がどうというよりも、雙葉高等学校の校風などがあまり合わずに転校をしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


そして、そんな羽生さんの娘さんなのですが、その後慶応義塾大学の医学部に進学したのじゃないかと言われているそうです。

これは長女の舞花さんのことだと思われるのですが、慶応義塾大学の医学部に進むとなると将来は医者を目指している可能性が高いですよね。

ちなみに、慶応義塾大学の医学部は偏差値が74.5と言われているのですが、全国でもトップクラスの偏差値です。

ただ、これはネット上などで言われている噂ということで、本当に舞花さんが慶応義塾大学の医学部に進んだかどうかはわかっていないのだとか。

しかし、羽生さんの娘さんということで、それも実際にあり得そうだと言われているそうなのですが、羽生さんの娘さんの大学などの学歴がヤバイですよね。

次女の桃花さんの進学先なども気になるところなのですが、今後は桃花さんの進学先なども明らかになっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

羽生善治の若い頃の伝説や学歴がヤバかった!?

羽生善治さんはプロの将棋士になる前から注目されていましたよね。

子供の頃からその将棋の強さが話題になっていたのですが、そんな羽生さんの若い頃の伝説や学歴に注目が集まっているそうです。

では、羽生さんの若い頃の伝説や学歴とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、羽生さんは15歳でプロの将棋士になり、これまでに様々なタイトルを獲得しているのだそうです。

羽生さんは小学1年生の頃に将棋のやり方を教わって、そこから将棋クラブなどで活動をしていたのですが、様々な将棋大会に出場をして準優勝をしたり3位入賞をするなどしていたのだとか。

さらに、小学5年生の頃にはアマ名人戦の都下予選を史上最年少で通過するなどしていたのだそうです。

そして、その後も羽生さんはアマチュア棋士として活躍し、1985年にアマチュア四段となって中学生ながらもプロの将棋士になったのだとか。

10代でプロの将棋士になるということで、まさに天才と言えますよね。

また、そのようにしてプロの将棋士となった羽生さんなのですが、プロ入り1年目の1986年度には40勝14敗を記録して勝率0.741となるなどしていたのだとか。

プロ1年目からすでに大人のプロ将棋士と同等以上の活躍を見せていたのですが、1987年には天皇戦で優勝しているのだそうです。

これは史上二番目の最年少記録となるそうなのですが、その後も1988年のNHK杯で大山康晴さんや加藤一二三さん、谷川浩司さん、中原誠さんなどを破って見事に優勝しているのだとか。

すでに名人として知られた大山さんや加藤さん、中原さんを破って優勝するというのは凄いですよね。

また、1988年には連勝、勝利数、勝率、対局数などの4つの部門でトップとなり、わずか18才ながらも最優秀棋士賞を受賞しているのだとか。

そして、1989年には竜王位のタイトルを奪取し、こちらも最年少記録を打ち立てるなどしているのだそうです。

さらに羽生さんは1992年には王座、棋士の二冠を奪取し、1993年には五冠王、1994年には史上初となる六冠王になるなどし、1996年にはついに七冠独占をするなどしたのだとか。

これで羽生さんはすべてのタイトルを獲得したことになるそうなのですが、まさに将棋界のトップに立ったと言えますよね。

スポンサーリンク


さらにそんな羽生さんの学歴についてなのですが、羽生さんは東京都立上高等学校の通信制課程を卒業しているのだとか。

東京都立上高等学校は偏差値が58と言われていて、それほど偏差値が高くないそうなのですが、天才将棋士と言われる羽生さんなので少し意外ですよね。

ただ、実は羽生さんが東京都立上高等学校に通うようになったのはプロの将棋士となって将棋の試合などで忙しくなってしまって学業と両立できなくなってしまったので、東京都富士森高校から転入をしたのだとか。

なので、仕方がなく東京都立上高等学校に転入したそうなのですが、天才将棋士の羽生さんならではのエピソードですよね。

そして、かつて羽生さんが通っていた東京都富士森高校は偏差値が53なのですが、こちらの方もそれほど偏差値の高い高校じゃないようです。

こうしたことから意外と羽生さんは偏差値が高い高校に行っていなかったということで話題になることが多いのだとか。

スポンサーリンク


ただ、そんな羽生さんは英語が堪能な事でも知られていて、インタビューなども英語で受け答えしているそうです。

羽生さんは海外でチェスの試合などに出場していることでも知られているのですが、海外でチェスの試合に出場するために英語を勉強してマスターしたとも言われているのだとか。

将棋で日本一になるほどの羽生さんなので、英語くらいは簡単にマスターできたのかもしれませんね。

このように羽生さんは将棋以外のことも話題になるのですが、羽生さんの若い頃の伝説や学歴がヤバかったことがわかりますよね。

現在もプロの将棋士として大活躍している羽生さんなのですが、今後も将棋士として様々な活躍をしてきそうです。

娘さんが雙葉中学・高校から慶応義塾大学の医学部に進んだとして、その学歴などが話題になった羽生さんなのですが、小学生の頃からアマチュア将棋士として注目されて中学生プロ入りして一気にトップに上り詰めて七冠制覇し、英語も堪能な姿なども注目されていて、今後もそんな羽生さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・羽生善治の嫁のツイッターぶち切れ事件の真相がヤバイ!?年収の驚きの実態とは!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ