片岡鶴太郎の若い頃の活躍や昔の女遊びがヤバイ!?ボクシングでの驚きのキャリアとは!?

片岡鶴太郎さんはヨガに本格的にハマるなどその姿が注目されていますよね。

同時に奥さんと離婚したことも発表してさらに注目を集めました。

そんな片岡さんなのですが、若い頃の活躍や昔の女遊びが話題になっているそうです。

さらに、片岡さんのボクシングでのキャリアにも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:片岡 鶴太郎(かたおか つるたろう)
本名:荻野 繁雄 (おぎの しげお)
生年月日:1954年12月21日(62歳)
出生地:東京都
身長:163cm
血液型:O型
所属:太田プロダクション

・1973年:片岡鶴八に弟子入りする。
・1981年:「オレたちひょうきん族」に出演する。
・1987年:朝ドラ「チョッちゃん」に出演する。
・1988年:プロボクシングテストに合格する。
・1989年:水墨画を描き始める。
・1991年:大河ドラマ「太平記」に出演する。
・2017年:離婚する。プロフェッシナルヨガ検定・インストラクターのレベル1に合格する。

片岡鶴太郎の若い頃の活躍や昔の女遊びがヤバイ!?

片岡鶴太郎さんは芸人、画家、ボクサーなど様々な肩書を持っていますよね。

60代になっても精力的に活動しています。

そんな片岡さんなのですが、若い頃の活躍や昔の女遊びが話題になっているそうです。

では、片岡さんの若い頃の活躍や昔の女遊びとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、片岡さんは70年代から芸人として活動していて、当時は女遊びが激しかったのだそうです。

もともと片岡さんは1973年に声帯模写で知られている片岡鶴八さんに弟子入りして芸人となったのだとか。

当時の片岡さんは浅草の松竹演芸場や東宝名人会などに出演していたそうなのですが、声帯模写の芸はもちろん芸人としての心がけなど様々なことを学んだのだそうです。

そして、1976年に片岡さんは片岡鶴太郎として大阪で活動し、地方に興行に行くなどしていたのだとか。

さらに、その後の片岡さんは道後温泉で司会などの仕事をしていたのだそうです。

当時はすでに芸人として活動していたものの、片岡さんにとってこの頃は下積み時代と言われていて、1978年に「お笑い大集合」に出演してようやくテレビ出演をすることができたのだとか。

また、そんな片岡さんはまだ特番として放送されていた「オレたちひょうきん族」に出演して、そこで近藤真彦さんの物まねをするようになったことから一気に大ブレイクしたのだそうです。

さらに、片岡さんは「オレたちひょうきん族」で熱々のおでんを食べるリアクション芸なども披露してそちらも大人気となったのだとか。

また、そんな片岡さんは1983年に「オールナイトフジ」に出演するようになって、芸人としてトップクラスの人気を得るようになったのだそうです。

「オールナイトフジ」の中で片岡さんは若いとんねるずと一緒に番組を盛り上げていました。

そのように片岡さんは80年代には芸人としてトークはもちろん、司会なども多く務めることがあって芸人として大活躍していたそうです。

スポンサーリンク


さらに、片岡さんは1986年には「プッツン」で流行語大賞も受賞しているのだとか。

なので、当時は芸人として大活躍していたことがわかる片岡さんなのですが、同時に若い頃は毎晩のように女遊びをしていたことも知られているのだそうです。

笑福亭鶴瓶さんと六本木などに繰り出して遊んでいたそうなのですが、毎日女性とも遊ぶことからたまに一人で寝る時には逆にほっとしたのだとか。

なので、片岡さんの女遊びは相当なものだったことがわかりますよね。

こうしたところは芸人ならではと言えるのですが、片岡さんの若い頃の活躍や昔の女遊びがヤバイですよね。

ただ、若い頃に遊び過ぎたのか現在はヨガの影響もあってかなり真面目に生活をしていているようです。

芸人ということでかつての女遊びも芸の肥やしになっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

片岡鶴太郎のボクシングでの驚きのキャリアとは!?

芸能人の中にはかなりスポーツに打ち込んだ人も多いですよね。

片岡鶴太郎さんもボクシングに打ち込んでいたことが知られているのですが、そんな片岡さんのボクシングでのキャリアに注目が集まっているそうです。

では、片岡さんのボクシングでのキャリアとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、片岡さんはボクサーのプロライセンスを取得し、プロボクサーの試合でセコンドを務めることもあったのだそうです。

片岡さんは80年代に芸人としてブレイクし、その時はストレスもあってか暴飲暴食を繰り返していたのだとか。

なので、体重は65kgまで増えてしまってかなり太っていたのだそうです。

そうしたことから余計なものを削ぎ落そうと思って、子供の頃から憧れだったボクシングを始めたのだとか。

また、片岡さんはボクシングを始めた理由として

「今までの自分が嫌になり、それを否定したかった」

ということも語っているそうです。

なので、芸人として活動している中で葛藤などがあり、そうしたことがボクシングを始めるきっかけになったようですね。

そして、そのようにボクシングを始めた片岡さんは1年間で15kgも体重が落ちたのだとか。

さらに、ボクシングに打ち込んだ片岡さんはプロテストを受けることを決意したのだそうです。

当時のプロライセンスは29歳までだったのですが、33歳の片岡さんはプロテストに合格しても試合には出ないという条件でプロテストに臨んだのだとか。

プロテストを受けるに当たっては減量を行うなど、かなりストイックに自分を追い込み、そんなストイックな姿勢の甲斐もあってか、片岡さんは1988年にプロテストに合格しているのだそうです。

試合には出ることができないものの、芸人ながらもプロテストに合格してしまうのは凄いですよね。

ただ、片岡さんは年齢のこともあってプロとして試合はしていないので、プロボクサーとしての戦績はないそうです。

ちなみに、片岡さんが所属していたのは協栄ジムだったのだとか。

協栄ジムというと、これまでに数多くの世界チャンピオンを輩出しているジムとして知られていますよね。

スポンサーリンク


そして、そのようにプロテストに合格したものの試合を行うことができなかった片岡さんは、自身が試合に出るのじゃなくて、試合に出る選手のセコンドにつくようになったのだそうです。

そして、そんな片岡さんがセコンドについた選手が誰なのかというと、元世界チャンピオンの鬼塚勝也さんになるのだとか。

また、鬼塚さんの他には同じく元世界チャンピオンの畑山隆則さんのセコンドにもついているのだそうです。

どちらも90年代を代表するボクサーなのですが、それだけ片岡さんは選手やジムから信頼されていたようです。

このように片岡さんのボクシングでのキャリアは戦績以外のところで想像以上に凄いものになっているのですが、片岡さんのボクシングでの驚きのキャリアですよね。

また、片岡さんは2016年には和気慎吾さんのセコンドについて、15年ぶりにセコンドを務めることが大きな話題となっただそうです。

なので、今後も片岡さんはプロボクサーのセコンドにつくことがあるかもしれませんね。

80年代に芸人として大ブレイクして、同時に女遊びも激しかったとして若い頃の活躍や昔の女遊びが話題になった片岡さんなのですが、プロテストに合格し、世界タイトルマッチでセコンドを務めるなどボクシングでのキャリアも注目されていて、今後もそんな片岡さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・片岡鶴太郎と嫁の結婚までの馴れ初めや別居がヤバイ!?絵を始めた驚きのきっかけとは!?

・片岡鶴太郎がヨガで激やせした衝撃の背景がヤバイ!?息子の現在の生活状況がヤバイ!?

このページの先頭へ