チャットモンチー橋本絵莉子の旦那の現在の状況がヤバイ!?性格の驚きの実態とは!?

アルバム「耳鳴り」やシングル「シャングリラ」の大ヒットで一躍有名となった徳島発ガールズ・ロック・バンド「chatmonchy(チャットモンチー)」のボーカル・橋本絵莉子さん。

そんな橋本さんの妊娠発覚と同時に結婚を発表したことで、旦那さんがどんな人なのか注目を集めています。

また、橋本さんの意外な性格の実態が明らかになり話題になっているようです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:橋本 絵莉子 (はしもと えりこ)
生年月日:1983年10月17日(33歳)
出身地:徳島県徳島市
身長:156cm
血液型:A型
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
レーベル:Ki/oon Music

2004年:徳島「はな・はるバンドコンテスト」でグランプリを受賞。
2005年:ミニアルバム「chatmonchy has come」でメジャーデビュー。
2011年:ドラムの高橋久美子が脱退。
2013年:10月16日第1子となる男児を出産。

チャットモンチー橋本絵莉子の旦那の現在の状況がヤバイ!?

ソリッドかつタイトな音作りとグルーヴ感あふれるロック・サウンドで注目を浴びる徳島県出身のガールズ・ロック・バンド「chatmonchy(チャットモンチー)」のボーカル・橋本絵莉子さんの結婚のことや旦那さんがどんな人なのか話題になっています。

まず、橋本さんは2013年5月に入籍と妊娠6ヶ月をブログで発表したことで、橋本さんの結婚にショックを受けたファンが続出していましたね。

私、橋本絵莉子は、tacicaの猪狩翔一さんと、2010年に入籍しておりました。
そして今、私のお腹の中で、新しい命が育っています。
NINSHIN6ヶ月です。
皆様どうぞ、これからも、あたたかく見守っていてください。

しかも、橋本さんは2010年から結婚していた、ということを知り、そんな素振りを見せずに隠し通していたことで、さらに周囲への驚きが広がったそうですね。

ちなみに、そんな橋本さんの旦那さんとなったtacicaの猪狩翔一(いがり しょういち)さんは、自分達が納得いく楽曲を作ることに集中すること、そのための時間を割くこと、その後、全力でツアーをやるということに重点を置いているため、プロモーション活動は最低限しか行わず、メディア出演や取材はあまり受けていないようです。

そのため、雑誌やテレビなどで見かけることが少ない猪狩さんですが、現在の活動状況もtacica TOUR 2017「TIMELINE for “jacaranda”」で会場限定販売シングル「TL1」をリリースしたり、新たな自主企画「PANIC ZOO」を開催するなど、ツアーやイベントに参加することの多い忙しい日々を過ごしているようですよ。

また、2017年8月末には3作目となるミニアルバム「新しい森」のリリースが決定し、9月からは全国23ヶ所を回るツアーtacica TOUR 2017「PLEASURE FOREST」の開催も決定しています。


スポンサーリンク


ちなみに、2005年4月に北海道の札幌でtacicaを結成した猪狩さんの経歴は、2007年にライブ会場500枚限定でミニアルバム「Human Orchestra」を販売したところ大きな反響があり、タワーレコードの7店舗限定での販売から全店販売になり、最終的に5万枚近いセールスという、今はもちろん当時から考えても新人としては異例のセールスを記録しました。

このことをきっかけに、全員北海道出身の3人組バンドとして2008年にメジャーデビューを果たし、1st album 「parallel park」リリースに伴う 初のワンマンツアー”TOUR parallel park”は
全公演SOLD OUTになり、ファイナルの代官山UNITは即日完売公演となったそうです。

ただ、このまま勢いにのって活躍するように思われた2010年に、ドラムの坂井俊彦さんが胸膜の間に腫瘍が出来てしまう前縦隔腫瘍という病に倒れ、1年ほどの活動休止期間を経て、2011年3月の復帰公演は東日本大震災の影響で中止を余儀なくされてしまいます。

ちなみに、活動休止期間はいつ復帰できるかも分からない状態の中でひたすら楽曲制作に取り組む、という不安の中で橋本さんの存在に大きく救われ結婚を決意したのかもしれませんね。

その後、tacicaが活動再開してからは、ほぼ毎年ワンマンツアーを敢行しているのですが、結局、2014年1月に精神的な負担を理由にドラムの坂井さんは脱退を発表し、残った2人でtacicaを続けることを決め、サポートしてくれるドラムメンバーと共に活動を続けているようですね。

10年以上も切磋琢磨してきたメンバーの脱退は大きなショックだったかもしれませんが、2013年10月に誕生した長男の存在があったから、この時もそのショックを乗り越えることができたのかもしれません。

ドラムの坂井さん脱退後に発表した曲「LEO」は、MBS/TBS系アニメ「ハイキュー!!」の第2クールのエンディングテーマを担当し、不安と後悔を連れたまま前へ進む意志を歌ったこの曲では2人体制になり新たなスタートを切ったtacicaの様子が反映されていて反響を呼んだそうですよ。

2010年にチャットモンチー・ボーカルの橋本さんと結婚したtcicaのボーカル・猪狩さんは、今年も新曲をリリースし、イベントやツアーに忙しい日々を過ごしていますが、いつか、夫婦で共に歌う姿を披露してくれたらイイですね。

スポンサーリンク

チャットモンチー橋本絵莉子の性格の驚きの実態とは!?

女性ならではの強さと弱さ、楽しさと生きづらさ、そして一途な想いを表現して多くのファンの心を掴んできた「chatmonchy(チャットモンチー)」のボーカル・橋本絵莉子さんの世界感は、性格に由来するものなのでしょうか。

そこで、橋本さんはどのような性格なのか調べてみたところ、メンバーでベース担当の福岡晃子さんが橋本さんについて

えっちゃんはサムライ型ですね。
高校のときからずっと変わらず、一度決めたことは曲げない頑固者です。
変わらなすぎてすごいなとも思うんですけど……。

とインタビューに答えていました。

実は、橋本さんが高校時代から結成していたチャットモンチーは、高校3年生の時に橋本さん以外の他のメンバーが大学受験のためにみんな脱退してしまったことがありました。

でも、どうしてもバンド活動を続けたかった橋本さんはバンドメンバー探しをはじめ、高校卒業間近に同級生の福岡晃子さんのスカウトに成功し、次に、福岡さんの進学先の大学の先輩でドラマーの高橋久美子さんをスカウトします。

この時、学校の先生になりたかった高橋さんは断ったのですが、2年間の根気強いスカウトを続け、その思いに打たれた高橋さんは加入を決意したそうです。

今までのことを振り返ってみても、福岡さんが言うように、橋本さんはたった1人になってもチャットモンチーを続けたいと踏ん張り、高橋さんにドラム担当をお願いしようと決めたら誘い続けるなど、思い続けたら頑なに突き進む感じがしますね。

スポンサーリンク


ただ、2011年にドラマーの高橋さんは

音楽に向かっていくパワーがなくなっているということです。
それは、新しい音楽を生み出す上で致命的であり、えっちゃん、あっこちゃんと熱の差がある中で気持ちを偽りながら曲作りに向かうことは私にはできませんでした。

ということを理由に脱退を発表しています。

ちなみに、今の高橋さんは、チャットモンチー当時から取り組んでいた作家活動に専念していて、様々な企画展やラジオのパーソナリティを務めていて、今年は「赤い金魚と赤いとうがらし」という絵本まで出版していますね。

そして、ドラマーの脱退以降、2人になったチャットモンチーはサポートメンバーの助けを借りながら毎年、新たな表現を開拓していっているようです。

一度決めたことは曲げない頑固者の性格だと言われる橋本さんは、今も新しい世界感を追求しイベントやツアーに忙しい日々を送るtacicaのボーカル・猪狩さんと2010年に結婚し、2013年には男児を出産し、女性として新たな一面を表現してくれそうで楽しみですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ