南沙織の今現在の活動状況や昔の姿との違いがヤバイ!?若い頃の活躍やハーフ疑惑の真相がヤバイ!?

70年代に歌手として一世を風靡したのが南沙織さんですよね。

男性からの圧倒的な支持を受けてアイドル的な人気を得ていました。

そんな南さんなのですが、今現在の活動状況や昔の姿との違いが話題になっているそうです。

さらに、南さんの若い頃の活躍やハーフ疑惑の真相などにも注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:南 沙織(みなみ さおり)
本名:篠山 明美(しのやま あけみ)
生年月日:1954年7月2日(63歳)
出身地:沖縄県
身長:157cm
血液型:不明
所属:無所属

1971年:歌手デビューする。
1975年:第17回日本レコード大賞歌唱賞を受賞する。
1978年:芸能界を引退する。
1979年:篠山紀信と結婚する。
1983年:シンシアとしてアグネスチャンに作詞を提供する。
1992年:歌手活動を限定的に再開させる
1997年:シングル「初恋」をリリースする。

南沙織の今現在の活動状況や昔の姿との違いがヤバイ!?

南沙織さんは歌手の中でもその飛びぬけたルックスが大人気でしたよね。

現在でも沖縄を代表する美人歌手と言われています。

そんな南さんなのですが、今現在の活動状況や昔の姿との違いが話題になっているそうです。

では、南さんの今現在の活動状況や昔の姿との違いとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、現在の南さんは一般人となっていて普通の主婦として暮らしているそうです。

南さんは1978年にカメラマンの篠山紀信さんと結婚していますよね。

篠山さんと結婚する前に南さんは上智大学に入学していて、大学入学を機に芸能界を引退しているのだそうです。

なので、それ以降は大学生になったのとほぼ同時に主婦になったので、それ以降は芸能活動はしていないのだとか。

また、篠山さんと結婚した後の南さんは現在俳優、タレントとして活躍する篠山輝信さんを含めた三人のお子さんを産んで子育てもしていたそうです。

南さんはお子さんを出産した時にはすでに現役を引退していたので、お子さんを抱いてマスコミの前に姿を現すこともなく、引退後しばらくはほとんど人前に姿を現すことはなかったのだとか。

ただ、そのように芸能界を引退した南さんなのですが、実は1983年に作詞家としてアグネスチャンさんのアルバムに参加したことがあるのだそうです。

南さんはアグネスチャンさんの「ウフフ」という曲にCynthiaという名義で作詞を提供しているのだとか。

これまで自曲でも歌詞を書いたことがなかった南さんなので、アグネスチャンさんのために作詞をしたというのは驚きですよね。

また、そのように芸能界引退後に公の場に姿を現すことがなかった南さんは、1991年に第42回NHK紅白歌合戦に14年ぶりに出場して「色づく町」を披露したこともあったのだそうです。

さらに、1992年には新曲のレコーディイングを行い、シンシアとして活動していたこともあるのだとか。

なので、90年代に入ると少しづつ露出が増えていったのだそうです。

また、1997年には「初恋」というシングルを発表しているのだとか。

90年代に歌手活動を再開させた時には、あくまで家庭を優先しての歌手活動再開で、あまり大きな活動はしていないのですが、こうした南さんの活動再開を喜ぶ人も多かったそうです。

また、この他にも南さんは2002年に沖縄本土復帰30周年ということで「沖縄タイムス」のインタビューに登場したり、夫の篠山さんがカメラマンとなって浴衣姿で広告に登場したりもしているのだとか。

さらに、2006年には夫婦で酒井政利さんのパーティに出席したり、歌手デビュー35周年を記念してCDBOXセットの監修をするなどしているそうです。

なので、結婚後に引退をしたものの、時々公の場に出てきてその姿を見せているようですね。

スポンサーリンク


ちなみに、下の画像が現在の南さんだと言われているそうです。

南さんは現在も若い頃と変わらずにキレイなままだと評判なのだそうなのですが、実年齢よりもかなり若く見えますよね。

また、下の画像が若い頃の南さんになるそうです。

現在は若い頃とは違った魅力があると言われている南さんなのですが、現在のその美貌が話題になるということで、南さんが伝説的な歌手と言われるのも納得ですよね。

なので、年齢を重ねて良い意味でその美貌が変化しているとも言えそうなのですが、南さんの今現在の活動状況や昔の姿との違いがヤバイですよね。

さらに、そんな南さんの現在の住まいは東京で、篠山さんと一緒に暮らしているそうです。

南さんの自宅の詳しい住所などはわかっていないのですが、篠山さんの事務所が東京都港区赤坂にあるので、その近くに自宅があるのかもしれません。

今後もそんな南さんは沖縄に関する発言などでメディアなど公の場に登場することあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

南沙織の若い頃の活躍やハーフ疑惑の真相がヤバイ!?

南沙織さんは紅白歌合戦にも出場するなど歌手として大活躍していましたよね。

現在も70年代の特集があると南さんの姿が取り上げられることがあるのですが、そんな南さんの若い頃の活躍やハーフ疑惑の真相に注目が集まっているそうです。

では、南さんの若い頃の活躍やハーフ疑惑の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、南さんはデビュー時から大ヒットを連発し、その美貌からハーフだと噂されていたそうです。

まず、南さんの生い立ちについてなのですが、南さんは沖縄生まれ沖縄育ちなのだとか。

一説には鹿児島県の奄美大島出身とも噂されたのですが、これは間違いなのだそうです。

そして、そんな南さんは日本人の両親の元で生まれているのだとか。

南さんというと昔からハーフということが言われていましたよね。

南さんの顔立ちはかなり整っているのに加えて、エキゾチックな感じがするので、ハーフと言われてしまうとつい納得してしまうのですが、実際にはハーフじゃなくて純粋な日本人なのだそうです。

ただ、南さんは両親が離婚していて母親の再婚相手がフィリピン人なのだとか。

そして、フィリピン人のお父さんが沖縄で米兵相手に飲食店を経営していたので、そうした家庭の事もあってハーフという噂が出てしまったのかもしれません。

また、南さんは英語も話せるバイリンガルでカトリックの信徒なのだそうです。

南さんはシンシアという英語名が愛称となっていて、後にシンシアという名前で作家としても活動しているのだとか。

そして、そんな南さんは琉球放送の「オキコワンワンチャンネル」や「100万人の大合戦」という番組でアシスタントをしていたのだそうです。

ただ、芸能関係者が沖縄に来た時にアシスタントの南さんの写真を持って帰ったところ、芸能プロダクションの社長がその美貌に驚いてスカウトされたのだとか。

そして、南さんは1971年にデビューしたのだそうです。

南さんはスカウトされてわずか三か月でデビューしているそうなのですが、スカウトされてすぐにデビューしていることがわかりますよね。

南さんはデビュー曲の「17才」が54万枚もの大ヒットを記録して一躍トップスターとなったのですが、わずか三か月前までは素人だった南さんがいきなり大スターになるのは凄いですよね。

それだけ南さんは素人時代からスターに引けを取らない美貌と才能を持っていたようです。

当時の南さんは「ソニーのシンシア」というキャッチフレーズで知られていたのですが、そんな南さんは日本のアイドル1号とも評されているのだとか。

スポンサーリンク


また、南さんは小柳ルミ子さんや天地真理さんと新三人娘とも呼ばれていて、年間ブロマイド売り上げ1位を獲得するなどしていたのだそうです。

また、南さんは1971年の年末には第13回日本レコード大賞新人賞を受賞し、さらに第22回NHK紅白歌合戦にも初出場しているのだとか。

さらに、その後の南さんは「ともだち」、「純潔」、「哀愁のページ」、「早春の港」など筒美京平さんが作曲した楽曲が次々と大ヒットしたのだそうです。

また、1975年にリリースした「人恋しくて」は第17回レコード大賞歌唱賞を受賞しているそうです。

さらに、南さんは「ミュージックフェア」などの音楽番組はもちろん「シルバー仮面」や「おれは男だ!」、「刑事くん」、「猿股UAS」などのドラマに出演しているのだとか。

南さんは他にも「青春に恥じないように」という曲を松任谷由実さんから提供されて大ヒットしているそうなのですが、当時は歌手、女優として大活躍していたことがわかりますね。

このように芸能界で大活動していた南さんは、1978年に上智大学に入学したことから芸能界を引退しているそうです。

歌手としてトップに上り詰めて一気に芸能界を引退してしまうということで、南さんは伝説的な歌手となったのですが、南さんの若い頃の活躍やハーフ疑惑の真相がヤバイですよね。

ちなみに、そんな南さんのヒット曲の売り上げを見てみると「17歳」が54万枚超えのセールスを記録して1番の売り上げを記録していて、その他は「純潔」が35万枚、「潮風のメロディー」、「ともだち」、「傷つく世代」、「色づく町」、「ひろかけらの純情」、「人恋しくて」が20万枚を超えているそうです。

また、「早春の港」、「バラのかげり、「夏の感情」、「おもいで通り」が10万枚を超えているのだとか。

なので、歌手としてどのシングルもセールスはかなりのものだったそうなのですが、こうしたところはさすが南さんですよね。

現在もそんな南さんの作品は注目されているということで、今後南さんが人前で歌う機会があるかもしれません。

現在は主婦として暮らしていて現在の活動状況や昔の姿との違いが話題になった南さんなのですが、若い頃の活躍やハーフと思われる容姿が注目されるなどしていて、今後もそんな南さんに注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・篠山紀信(旦那)の嫁の正体や馴れ初めがヤバイ!?写真集や脱がした女優のメンバーも豪華過ぎてヤバイ!?

・篠山輝信(息子)が彼女と結婚できない性格がヤバイ!?英語が上達した驚きの背景とは!?

このページの先頭へ