小堺一機が病気で声がおかしくなった真相がヤバイ!?息子とイマルの交際の驚きの真相とは!?

画像①小堺一機さんと言えばお昼のサイコロトークでの聞き役の印象が強いですが、4月からのフジテレビの新番組「かたらふ~ぼくたちのスタア~」ではしゃべりまくっているそうです。

何でも本来小堺さんは、おしゃべりが大好きなんだそうですよ。

そんなおしゃべりが大好きな小堺さんにとって声は大切ですが、その声が病気のせいでおかしくなったのではないかとネット上で話題になっているようです。

そして、小堺さんの息子の翔太さんとIMALUさんの交際についても驚きの真相があるようなのです。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

芸名:小堺 一機(こさかい かずき)
生年月日:1956年1月3日(60歳)
出身地:千葉県
身長:165 cm
血液型:A型
所属事務所:浅井企画

1977年:専修大学在学中にTBSテレビの「銀座NOW」の素人コメディアン道場のチャンピオンとなる。
1980年:勝新太郎主宰の勝アカデミーを卒業(第1期生。ちなみに、ルー大柴はこのアカデミーの同期生)し、浅井企画に所属。
1981年:下北沢のライブハウスで関根勤と2人で月2回のコントライブを行うようになる(コンビ「コサキン」の原点)。また、TBSラジオ「夜はともだち コサラビ絶好調!」が始まり、関根勤とともにパーソナリティを担う。尚、このラジオ番組は番組名が変わりながらも27年半続く長寿番組となる。
1984年:フジテレビ系列のお昼のテレビ番組「ライオンのいただきます」(後の「ごきげんよう」)の司会に抜擢。
2004年:病気を理由に一時レギュラー番組を降板するも復帰。その後、癌であったことを公表する。
2016年:フジテレビ系列のお昼の長寿番組「ごきげんよう」が放送終了となる。フジテレビの夕方の新番組「かたらふ~ぼくたちのスタア~」の司会に抜擢。

小堺一機が病気で声がおかしくなった真相がヤバイ!?

トークだけでなく、実はものまねも得意な小堺一機さん。

画像②

小堺さんのものまねのレパートリーは、堺正章さんや田中邦衛さん、田村正和さん、藤岡弘さんなど幅広く、中でも堺正章さんは小堺さんのモノマネを認めているようです。

そんな小堺さんですが、しゃべっているときの声がかすれているような感じであることから、何か病気ではないのかと違和感を感じている方もいるようです。

そこで調べてみると、小堺さんは2004年に病気を理由に一時レギュラー番組を全て降板していますが、その病気が癌であることを後に公表しました。

さらに詳しく調べると、その病名は「原発不明頸部リンパ節転移」という何やらあまり聞きなれない病気で、病名だけ聞くと確かになんだかヤバそうな気がします。

この病気をわかりやすく言うと「首に転移した癌だがどこから転移してきたかは不明」ということのようで、未だにどこから転移してきたかは不明のままのようです。

ただ、その転移した首の部分のがんは摘出手術をして完治しており、その後別の部位に転移してもいないようです。

病気になって以来、小堺さんは今でも3人の医者にそれぞれ月1回、つまり月3回は医者に診てもらっているようですから、今のところ再発や転移はしていないと考えて間違いなさそうです。

話を戻すと、かつて小堺さんの首にできた癌、もしくはその手術により声に影響が出ているのか正確なところはわかりませんが、改めて実際に小堺さんの声を注意深く聞いてみたところ私としてはそれほど違和感はなく、強いて言うなら誰にでもある加齢の影響という印象でした。

ネット上の噂を受け何かとんでもない病にかかっているのかと心配しましたが、私が調べた範囲では今のところ特に問題はなさそうですので、今後も小堺さんの活躍が期待でき一安心しました。

スポンサーリンク

小堺一機の息子とイマルの交際の驚きの真相とは!?

小堺一機さんの長男でタレント、フリーアナウンサーの小堺翔太さん。

NHK総合のテレビ番組「あさイチ」でリポーターとして活躍しており、2014年には大河ドラマ『軍師官兵衛』で織田信雄役を好演しました。

そんな小堺翔太さんですが、モデル、タレント、歌手として活躍するIMALUさん(以下イマルさんとカタカナで記載)と交際している噂がネット上であるようです。

画像③

イマルさんと言えば、父がお笑いタレントの明石家さんまさん、母が女優の大竹しのぶさんですから、二人は2世タレントという意味で共通点がありますね。

ちなみに、小堺一機さんと明石家さんまさんは深い親交があるようです。

それを象徴するかのように「ごきげんよう」の最終回の1回前の放送では、さんまさんがゲスト出演し「ごきげんよう」の前身番組の「いただきます」が始まったばかりの頃、あまりにも小堺さんが不慣れな様子だったので、それを助けるためにノーギャラで「いただきます」に出演していたというのです。

普通の仲であれば、大物芸人がノーギャラで出演するなど到底考えられません。

「ごきげんよう」は30年以上続いた番組ですから、小堺一機さんと明石家さんまさんは30年以上も前から深い親交があるのです。

話を小堺翔太さんとイマルさんに戻すと、一部で南青山や代官山で二人が一緒にいるところを目撃した人がいるなどという情報もあるようですが、それ以上の情報が出てくることはありませんでした。

どうやら父親同士が上記の通り深い親交があることから推測して、その子ども同士も交際しているのではないか、という憶測の域を出ないようですね。

ただ、お互い大物タレントを父に持つ2世タレント同士ということで共感することも多く、一緒に食事をするなど仲が良い関係なのかもしれませんので、交際に発展している可能性がないわけではないといったところでしょうか。

小堺一機さんは病気にも負けずに未だ衰えることなく活躍されていますし、明石家さんまさんも言うまでもなくテレビでレギュラー番組をいくつも持ち活躍されています。

小堺翔太さんもイマルさんもそんなものすごい父を持つ2世タレントとしてプレッシャーを感じる場面も多々あるかと思いますが、それに負けないで今後もますます活躍していけると良いですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・小堺一機の自宅がセレブ過ぎてヤバイ!?年収の驚くべき実態とは!?

このページの先頭へ