ほしのあきの整形前後の変化がヤバイ!?ペニオク事件の衝撃の真相とは!?

画像1童顔なのに抜群のプロポーションというギャップが受けて、グラビアで長く活躍していたほしのあきさん。

そして、女性タレントとしても、気の利いたコメントができるため、大物司会者を相手にバラエティ番組で大変活躍し、ドラマでも主要キャストに抜擢されるなど、多彩な活躍を見せていましたよね。

そんなほしのさんに、以前から噂されている整形疑惑が、最近また浮上しているというのです。

また、関与が明るみになり、ほしのさんが表舞台から姿を消すことになってしまったペニーオークション事件とは一体どのようなものだったのでしょうか?

そこで、ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

芸名:ほしの あき
本名:三浦 亜希(旧姓:星野)
生年月日:1977年3月14日(39歳)
出身地:東京都世田谷区
血液型:O型
身長:166 cm
スリーサイズ:88 – 55 ? 86
事務所:エープラス

2006年:ドラマ「弁護士のくず」に出演。
2007年:「森田一義アワー笑っていいとも」にレギュラー出演。
2008年:「みんなのケイバ」「みんなのウマ倶楽部」に出演。
2009年:「たかじんの胸いっぱい」にレギュラー出演。

ほしのあきの整形前後の変化がヤバイ!?

「最年長グラビアアイドル」という地位を確立し、2004年後半頃からはテレビ番組への出演も多くなったほしのさんでしたが、その頃から、豊胸の噂が絶えませんでした。

というのも、普通に考えて20代で胸が急激に大きくなるわけがないと疑われ、バラエティ番組で真相を検証するためにレントゲンを撮り、確かにシリコンや食塩水は入っていないことが証明されました。

しかし、一説によると豊胸手術には自分の脂肪を胸に注入するという方法もあり、レントゲンやCTを撮ってもわからない場合があるそうなので、真相はわかりません。

そしてそのまま、ほしのさん自身が芸能界から姿を消してしまったため、豊胸のことに触れられることもなかったのですが、2015年に友人のブログに登場したほしのさんの胸が、あまりにも小さく見えたため、また豊胸の話題が上がってしまったようです。

画像2

これについて、世間の反応は

「母乳で育てたら胸縮むよ」

「育児のために、(シリコンなどを)抜いたのでは?」

と、そこまで騒ぎ立てられるようなこともなかったようですね。

しかし、20代半ばにして、ほしのさんの胸が大きくなったことは事実であり、デビュー当時と30代を迎えた全盛期の比較が次のようになります。

デビュー当時

画像3

30代全盛期

画像4

ちなみに、胸が大きくなった理由について、ほしのさんはテレビ番組で、次のように語っています。

「プロテインを飲んで10 kg太ったけれど、その後で運動して体重を戻して、でもバストは増えたままで、結果的に今のサイズになった。」

「牛乳を飲んで腕立て伏せを行うバストアップ法を行ったところ、1ヶ月でBカップからFカップになった。」

「合唱のポーズをする。

具体的には背筋を伸ばして胸の前で両手を合わせ、肘を肩のラインにまで上げて直角に曲げた状態で息を吐きながら15秒くらい手のひらを押し合う。

これを5回繰り返す。」

そしてほしのさんは、目的意識がとても高いそうで、体型維持のために食生活には気を遣い、空腹時の食べ過ぎ防止のために普段から血糖値をあげるチョコレートを少しずつつまんだり、加圧トレーニングやこまめなストレッチも欠かさないなど、ものすごく努力されていたようです。

そんなほしのさんですので、体にメスを入れるような手段は選ばなかったのかも知れませんね。

今は芸能の仕事を休まれていますが、もしお仕事を再開される時にはきっと、その並ならぬプロ意識によって素晴らしいスタイルで登場するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ほしのあきのペニオク事件の衝撃の真相とは!?

ぺニオクこと「ペニーオークション」とは?

毎回の入札毎に手数料が必要になる形式のインターネットオークションである。

表示上の開始価格や落札価格は通常のオークションに比べると低額であるが、入札時の手数料が高額になることがある。

日本国内では2009年頃から広まった。
(Wikipediaより)

ほしのさんは2010年12月27日のブログに、ぺニオクサイトのひとつ「ワールドオークション」を利用して空気清浄機「プラズマクラスター」を1,080円で落札したと書き込みました。

ところが、この「ワールドオークション」サイトは参加者が入札しても事実上落札できない仕組みになっており、入札者から手数料をだまし取ったとして、2012年12月にサイト運営者らが逮捕されました。

そのため、自身のブログでこちらのオークションサイトの宣伝をしてしまったほしのさんをはじめ、数名の芸能人たちは京都、大阪両府警から事情聴取を受けたと言われています。

そして、事情聴取の際に、ほしのさんは

「落札は嘘で、友人にサイトの運営者から30万円をもらえる。

アルバイトをしないかと誘われた。」

と説明していて、ぺニオクサイトは利用したことがなく、この空気清浄機は宣伝記事作成のために無償でもらったものだったそうです。

このように、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることを、ステルスマーケティング(ステマ)と言うそうですが、ほしのさんは普段から愛用の美容品やサプリなどをブログに乗せたりしていましたので、宣伝すること自体には悪気を感じていなかったと思われます。

画像5

ただ、ほしのさんにとっては、ほんの小遣稼ぎのつもりだったにせよ、友人は選んだ方が良かったですよね。

また、両府警は軽犯罪法の適用も検討したようですが、ブログ掲載から事件が発覚するまでに軽犯罪法の1年の時効が既に成立しており、立件は見送られたと言われていますので、さすがにこのようなタレントをどこの局も使いづらいですよね。

しかし、同じようにぺニオクのステマが明るみになったタレントの小森純さんはすぐにメディアで謝罪し、激しいバッシングという制裁を受け、今では細々とタレント活動を再開していますが、ほしのさんは2013年1月8日にブログで1度謝罪したきり、メディアから完全に姿を消してしまいました。

これには、2011年に結婚した一回り年下のトップジョッキーである夫、三浦皇成さんの稼ぎがあるので、ほしのさんはわざわざ芸能活動をしなくてもお金には苦労しないのでは?と、ますます世間のイメージが悪くなってしまったようです。

今では、友人のブログでたまに登場する位になってしまったほしのさんですが、こちらは2016年5月にアップされた画像とのこと。

画像6

このように、40歳目前になっても、若くてとても綺麗ですよね。

そして、ほしのあきさんのように童顔のセクシーキャラで、器用でしかも華のあるタレントさんは後には出てきていませんので、ぜひまた芸能活動を再開できる状態になって欲しいものです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・ほしのあきの現在の劣化画像がヤバ過ぎる!?離婚の驚きの真相とは!?

このページの先頭へ