渡辺直美が嫌いと言われる理由がヤバイ!?台湾ハーフ疑惑の驚きの真相とは!?

画像1女性のお笑い芸人の中でも、独自のダンスネタで大活躍しているのが渡辺直美さんですよね。

お笑い芸人としての活躍はもちろん、自身が主演をするドラマなどにも出演をしていて活躍の場を広げています。

そんな渡辺さんなのですが、嫌いと言われていて、その理由が話題になっているそうです。

さらに、台湾とのハーフ疑惑の真相についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:渡辺 直美(わたなべ なおみ)
本名:渡辺 直美(わたなべ なおみ)
生年月日:1987年10月23日(28歳)
出身地:茨城県
血液型:A型
身長:157 cm
所属:よしもとクリエイティブエージェンシー

2008年:いいとも少女隊に就任。
2009年:ユニット「東京ワンダース」に参加。
2011年:ドラマ「デカワンコ」に出演。
2014年:ニューヨーク留学。

渡辺直美が嫌いと言われる理由がヤバイ!?

渡辺直美さんは、女芸人として多くのバラエティ番組に出演をしていて大人気ですよね。

ニューヨークに留学に行った際にも、向こうで独特な芸風が人気となり、世界でも通用するお笑いの実力を持っています。

画像2

そんな渡辺さんなのですが、嫌いと言われていて、その理由が話題になっているそうです。

どのような理由から渡辺さんは嫌いと言われているのでしょうか。

そこで調べてみると、その理由として、

・見た目が嫌い

・ダンスがムカつく

・面白くない

というものがあるのだとか。

お笑い芸人として様々な場で芸を披露したり、バラエティ番組によく出演をしているために、どうしても渡辺さんのアンチが出てきてしまうのですが、そうしたアンチの人たちにしてみるとこのような理由から渡辺さんのことが嫌いなのだそうです。

画像3

ぱっちゃりとしていてかわいらしい見た目が嫌いと言われ、渡辺さんの最大の特技であるダンスがムカつかれるななど、渡辺さんの持ち味そのものが嫌われているということになるようなのですが、こればかりは人によって感じ方が異なるので仕方がない部分はありますよね。

画像4

また、渡辺さんは2011年に日経エンタテイメントで行われたキャスティングを決めるテレビ関係者たちが選ぶ「嫌われ芸人ワースト10」というものでも8位に選ばれていたことがあるのだとか。

このランキングで渡辺さんは

・リポートができない

・空気が読めない

・リアクションができない

・しゃべれない

ということから業界内のテレビ関係者から嫌われてしまっているそうです。

同じく渡辺さんのことが嫌いといってもテレビ業界の人たちが嫌いという理由はかなり具体的なもので、一般の人たちが嫌いという理由とは少し違っていますよね。

まさにテレビマンのプロの目線から見た渡辺さんの評価とも言えるのですが、一般的に人気が高い渡辺さんであるものの、プロの目から見ると少し足りないと感じる点も多いようです。

ただ、これについては2011年のランキングということで、テレビ業界の関係者に指摘されているポイントについては、現在はいくらか改善されているのかもしれません。

スポンサーリンク

渡辺直美の台湾ハーフ疑惑の驚きの真相とは!?

芸能人は意外な人がハーフだとわかることがあって驚くことがありますよね。

特にアジア系とのハーフだと見た目はほとんど日本人と同じなのでわからないことが多いのですが、渡辺直美さんも台湾とのハーフなのではないかという疑惑があり注目されているそうです。

そこで調べてみると、渡辺さんは父親が日本人で母親が台湾人となっていて、渡辺さん自身は台湾とのハーフであるのだとか。

画像5

渡辺さんは日本人とほとんど同じ見た目をしていて、てっきり日本人だと思われているので驚きの真相ですよね。

渡辺さんは母親の故郷である台湾の板橋(ハンチャオ)というところで生まれていて、茨城県で育っているのですが、まもなく両親は離婚をしてしまって母子家庭で育ったのだとか。

なので、子供の頃はかなり貧乏だったそうなのですが、高校生の頃にバイトをしてお金を貯めて、そこからNSCに入学をして芸人になったそうです。

画像6

そして、現在のようにビヨンセのダンス芸などで大人気となっているのですが、渡辺さんは台湾の血が流れているということで、大人になってからは台湾によく旅行に行っているそうです。

画像7

さらに、台湾には渡辺さんのお姉さんが住んでいるそうなのですが、渡辺さんと違ってお姉さんはスリムな体系をしていてかなり美人なのだとか。

確かに、画像を見るとかなり美人なお姉さんですよね。

画像8

渡辺さんも顔の作りはかなりカワイイと言われているので、痩せるとお姉さんと同じくらい美人になるのではないでしょうか。

そんな渡辺さんなのですが、母親が台湾人ということもあって日本語があまりわからなかったために、かつては渡辺さん自身も日本語が少し苦手だったのだとか。

なので、芸人としてデビューをした直後はしゃべりが苦手で、自己紹介をする時などは片言の日本語になってしまうことも多かったのだそうです。

そうしたことからデビュー当初はあまり積極的にしゃべる方ではなくて、あまりにしゃべりができないために芸人を辞めることを考えたこともあったのだとか。

しかし、オリエンタルラジオの中田敦彦さんからアドバイスを受けて、体を使う芸を考えてビヨンセのダンスを行うようになり、大ブレイクをすることができたそうです。

画像9

こうしたところは逆転の発想といった感じがしますが、太っていてもキレのあるダンスができる渡辺さんにとっては、こうしたダンス芸はまさにピッタリですよね。

画像10

そして、台湾とのハーフである渡辺さんは中国語が理解できるということで、香港のドラマなどにも出演をしているそうです。

画像11

なので、アジアにも活動の場を広げているのですが、こうしたところはさすが台湾とのハーフですよね。

嫌いと言われてその理由が話題になるなどしている渡辺さんなのですが、台湾とのハーフであるとのことで少し意外であるものの、特技のダンス芸に加えてアジアでも女優として活躍しているなど、今後も渡辺さんは様々な場で大活躍していきそうです。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

渡辺直美が隠してきた驚愕の体重がついに明らかに!?服のサイズや驚きの買い方とは!?

・渡辺直美の昔イメクラで働いていた過去がヤバイ!?彼氏を作らない驚きの恋愛スタイルとは!?

このページの先頭へ