黒木瞳の宝塚での伝説がヤバイ!?若い頃と比べて劣化がヤバイ!?

画像1黒木瞳さんは若い頃から美人女優の代表的な存在ですよね。

凛とした雰囲気は女優さんの中でも特徴的で、未だに男性から高い人気を得ています。

そんな黒木さんなのですが、宝塚時代の伝説が話題になっているそうです。

さらに、若い頃に比べた時の見た目の劣化についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:黒木 瞳(くろき ひとみ)
本名:伊知地 昭子(いじち しょうこ)
生年月日:1960年10月5日(55歳)
出生地:福岡県八女市
身長:163 cm
血液型:A型
所属:ポエムカンパニーリミテッド

1981年:宝塚歌劇団入団。
1982年:「南十字星」で映画初主演。
1985年:宝塚歌劇団を退団。
1991年:伊地知俊夫と結婚。
1998年:長女の萌子を出産。
2016年:映画「嫌な女」で監督デビュー。

黒木瞳の宝塚での伝説がヤバイ!?

黒木瞳さんは宝塚出身ということもあって、これまでに舞台・ドラマ・映画と、様々な分野で大活躍してきていますよね。

現在もドラマや映画では重要な役柄を演じていて、女優として人気作品にはなくてはならない存在です。

そんな黒木さんなのですが、宝塚での伝説について話題になっているそうです。

黒木さんの宝塚での伝説とは一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、まず黒木さんの伝説として宝塚の面接時での伝説があるのだとか。

宝塚歌劇団は厳しい入団試験があり、それに向けて未来のタカラジェンヌ達は、日々、レッスンを重ねるのですが、黒木さんは受験をする前に一度だけバレエを習っただけで宝塚に合格してしまったのだとか。

画像2

さらに、面接では故郷の福岡県の筑後弁なまりで話をし、当時、宝塚とはライバル関係にあった松竹歌劇団の名前を出して、

「松竹歌劇団でもよかった」

という発言をしてしまったのだとか。

いくら才能のある人でもこうしたことを言ってしまうと落とされてしまうのが普通なのですが、黒木さんはこれで宝塚歌劇団に合格したそうです。

そして次に、黒木さんの宝塚での伝説として上げられるのが、宝塚歌劇団での異例のスピード出世があります。

黒木さんは1981年に宝塚歌劇団に入団し月組に配属されているのですが、宝塚入団からわずか2年ほどで月組トップ娘役に選ばれているそうです。

画像3

宝塚入団からわずか2年でトップ娘役に選ばれるというのはそうないことなのですが、通常は余程才能のあるタカラジェンヌでもトップ娘になるのは数年はかかるので、まさに伝説と言えますよね。

それに、この娘役トップの大抜擢には、当時、月組男役トップとして活躍していた大地真央さんの直々の指名があったと言われているのだとか。

画像4

というのも、大地さんは男役トップとして活躍するに当たり、自分と同じく細見の体格で度胸のある黒木さんをコンビとして活動させるように指名したと言われているそうです。

月組男役トップの大地さんにそこまで言わせる黒木さんはそれだけでも並外れたタカラジェンヌであったことがわかるのですが、その後、大地さんから

「人が10年かかってできるようになることを、あなたは今できなくちゃいけない」

と言われ、娘役トップとして壮絶なレッスンを行うことになったのだとか。

そして、黒木さんはそのレッスンに耐えて、見事娘役トップとして大地さんとのコンビを大成功させたそうです。

画像5

当時、二人はレッスンの合間にドライブをしたり、焼き肉を食べに行って10人前もたえらげるなどのエピソードがあるのですが、厳しいレッスンの合間をぬっての微笑ましいエピソードですよね。

そうしたレッスンの甲斐があってか、黒木さんと大地さんのコンビは80年代の宝塚では伝説となっているそうです。

画像6

そんな二人の姿は現在でも高い人気を得ているのですが、まさに伝説のタカラジェンヌと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

若い頃と比べて黒木瞳の劣化がヤバイ!?

黒木瞳さんは現在、50代であるのですが、いつまでも変わらない見た目は多くの女性からの憧れとなっていますよね。

男性芸能人でも黒木さんのファンを公言する人が多いのですが、そんな黒木さんの若い頃と現在を比べた時の劣化が話題になっているそうです。

若い頃と比べると、どんな女優もある程度は劣化してしまうものなのですが、黒木さんの劣化とはどのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、やはり黒木さんのような美人女優と言えども50代になって劣化が感じられるようになってしまったのだとか。

下の画像が最近の黒木さんなのですが、少し太ってしまったのか顔が丸くなってしまっていますよね。

画像7

以前の黒木さんはもっと顔がすっきりとしていてシャープな印象だったので、かなり顔が変化してしまったように感じられます。

画像8

二つの画像を並べてみると、その劣化具合がはっきと感じられてヤバいですよね。

画像9

また、下の画像はとあるドラマの中の黒木さんなのですが、照明などの影響であるとはいえ、まるで別人で老婆のように感じてしまいますよね。

画像10

他にも最近の黒木さんは目じりにしわなどを感じるようになってしまっていると言われているそうなのですが、以前に比べると劣化してきてしまっているのは事実のようです。

同世代の女優と比べると、それでも圧倒的に美人で見た目が変わらないと言われている黒木さんなのですが、さすがに年齢を重ねると劣化してしまうようですね。

一説には娘さんの起こしたいじめ事件でのストレスや苦労などから一気に老け込んでしまったとも言われているそうなのですが、そうしたこともうなずけてます。

ちなみに、若い頃の黒木さんは下の画像ような姿であったのですが、超がつくほどの美人女優ですよね。

画像11

また、下の画像は黒木さんの卒業アルバムだそうなのですが、まるでお人形さんのようなキレイな顔をしています。

画像12

なので、どうしてもこうした若い頃と比べると現在は劣化をしてしまったと言われるのも仕方がない感じがするのですが、それでも一般的な女優よりも美人であることは間違いないのは流石一流の女優さんです。

宝塚時代の伝説が話題になるなどしているものの、ここ数年は若い頃と比べて劣化が注目されている黒木さんなのですが、宝塚時代も含めてこれまでが異常過ぎていたということが言えそうなので、ようやく人並になってきたということなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・黒木瞳の娘の事件の真相がヤバかった!?夫との驚きの馴れ初めとは!?

このページの先頭へ