光浦靖子の手芸の作り方が暗すぎてヤバイ!?エラの驚きの正体とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91女芸人の中でも高学歴な芸人というと光浦靖子さんですよね。

東京外語大を卒業し、ブスキャラと毒舌がウリで大活躍しています。

そんな光浦さんなのですが、手芸の作り方が暗すぎると話題になっているそうです。

さらに、光浦さんのエラの正体についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:光浦 靖子(みつうら やすこ)
本名:光浦 靖子(みつうら やすこ)
生年月日:1971年5月20日(45歳)
出身地:愛知県
血液型:A型
身長:160 cm
所属:プロダクション人力舎

1992年:オアシズとしてデビュー。
1993年:「とぶくすり」にレギュラーとして出演。
1995年:「めちゃ×2モテたいッ!」にレギュラーとして出演。
1996年:「めちゃ×2イケてるッ!」にレギュラーとして出演。
2005年:脳動脈瘤の手術を受ける。
2012年:「男子がもらっても困るブローチ集」を発表。

光浦靖子の手芸の作り方が暗すぎてヤバイ!?

光浦靖子さんは、フジテレビのめちゃ×2イケてるッ!のレギュラーとして長年、活躍していますよね。

光浦さんの独特なキャラクターはめちゃイケはもちろん、その他のバラエティ番組には欠かせないもので相方の大久保佳代子さんと共に大人気です。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

そんな光浦さんなのですが、手芸の作り方が暗すぎると話題になっているそうです。

光浦さんの手芸の作り方が暗すぎるというのは、一体、どのようなことなのでしょうか。

そこで調べてみると、光浦さんが作っている手芸というのはニードルと呼ばれるもので、羊毛フェルトを針で刺して形作っていくというものだそうです。

ニードルで小物のマスコットやブローチなどを作ることができるそうなのですが、光浦さんの作るニードルマスコットはかなりレベルの高いものだと評価されているのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

光浦さんはオリジナルのマスコットなども多く作っていて、そうした手芸品を集めた展覧会まで開いているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

光浦さんのニードルマスコットやブローチは、一般の人からも高い人気を得ているそうなのですが、確かにプロといってもいいほどの出来栄えですよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

可愛らしいものから個性的なものまで様々なタイプのものが作られているのですが、そんな光浦さんがニードルでマスコットなどを作る時というのは下の画像のような姿なのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

何時間もひたすら針をもってチクチクと羊毛フェルトを刺していくそうなのですが、光浦さんのキャラもあって暗すぎる感じがしてヤバイですよね。

かなり根気のいる作業ですが、光浦さんは小学生の頃から手芸部に入っていて、こうしたフェルトを使った作品作りをしていたそうです。

当時から友達に作ったマスコットなどをあげたりしていたそうなのですが、光浦さんの作ったマスコットをもらった友達は少し迷惑していたのだとか。

そうした経験もあってか光浦さんが作った作品を集めた「男子がもらって困るブローチ集」という書籍も発売されているのですが、こちらの書籍も人気だそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

ニードルを作る光浦さんの姿は暗いものの、出来あがる作品は明るくてポップなものが多いので、今後、光浦さんの影響でニードルにハマる人が増えていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

光浦靖子のエラの驚きの正体とは!?

芸人は顔や体の特徴的な部分を自らネタにして笑いをとることがありますよね。

光浦靖子さんも、自身のエラをネタにして笑いをとることが多いのですが、そんな光浦さんのエラの正体に注目が集まっているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

光浦さんのエラの正体とは一体どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、光浦さんのエラというのは骨と思われていたものの、実は筋肉なのだとか。

「芸人!初の決起集会2016」という番組の中で、光浦さんが自身のエラについて語る場面があり、そこで歯科医師にエラが筋肉ということを告げられたことを明かしたそうです。

これは番組の中で光浦さんをネット検索した際に出て来る第二検索ワードの話になった時に明かされた話なのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

光浦さんは寝る時に歯を強く食いしばったりすることからマウスピースをはめて寝ているそうなのですが、そこから光浦さんとマウスピースというものがネットでよく検索されているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

歯磨きは上手いものの、すぐに虫歯になってしまう光浦さんはそのことを歯科医師に相談すると、

「食いしばりがすごくて、歯を自分でボロボロにしている」

と説明を受けたのだとか。

そこから歯を保護するためにマウスピースをはめているそうなのですが、同時にエラについて

「光浦さんはみんなにエラ、エラと言われているけど、これエラじゃないですよ。筋肉の塊なんですよ。」

と説明されたそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

エラというのはアゴの骨がそのまま形になったものだと思ってしまうのですが、光浦さんの場合は食いしばりは強すぎることからエラ周りの筋肉が発達してしまってエラが張るようになってしまったのだとか。

この筋肉は咬筋(こうきん)と呼ばれるもので、物を噛む時に使用される筋肉になるそうです。

ちょうどエラの上に咬筋がついているので、咬筋が発達してしまうとエラが発達しているように見えてしまうのだとか。

なので、光浦さんは、そのように咬筋が発達しているのでエラが張っているように見えるそうなのですが、まさに驚きの正体ですよね。

そして、現在、マウスピースを使っている光浦さんは、

「半年もしてないんだけど、顔がスゴくキレイになった」

と明かしているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%92

マウスピースをはめることによってアゴ周りの筋肉に負担がかからななくなって顔がすっきりしたようなのですが、そんな光浦さんの変化に世間から大きな反響があったのだとか。

確かに、以前に比べると光浦さんのエラの張りが少なくなったような感じがしますよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%93

これがこのまま続いていくと、トレードマークでもある光浦さんのエラもすっかり目立たなくなってしまうこともあるかもしれません。

趣味の手芸で針を使ってフェルトを延々と刺し続ける姿が暗すぎると言われてしまう光浦さんなのですが、骨だと思っていたエラが実は筋肉だったことが明かされるなど、意外な事実が判明していて、そんな光浦さんは今後も意外な事実が明かされて世間を驚かせそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・光浦靖子の年収の実態がヤバイ!?結婚を宣言した驚きの理由とは!?

・光浦靖子の病気の過去がヤバイ!?スタイルの驚きの実態とは!?

このページの先頭へ