宮沢りえの若い頃の活躍がヤバイ!?貴乃花との破局の驚きの真相とは!?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91若くして芸能界に入り、女優として大活躍してきたのが宮沢りえさんですよね。

宮沢さんは、デビュー直後から現在に至るまで女優業以外にもバラエティ番組にも多く出演して人気でした。

そんな宮沢さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

さらに、宮沢さんと貴乃花との破局の真相についても注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:宮沢 りえ(みやざわ りえ)
本名:宮沢 りえ(みやざわ りえ)
生年月日:1973年4月6日(43歳)
出生地:東京都
身長:167 cm
血液型:B型
所属:エムツー企画

1984年:モデルとしてデビュー。
1987年:三井のリハウスガールに選ばれる。
1988年:「ぼくらの七日間戦争」で映画初出演。
1989年:「ドラマ「青春オーロラ・スピン スワンの涙」でドラマ初主演。
1993年:関脇の貴花田(現・貴乃花親方)と婚約解消。
2001年:第23回モスクワ国際映画祭・主演女優賞受賞。
2009年:プロサーファーの中津ひろゆきと結婚。女子を出産。
2012年:離婚する。
2014年:映画「紙の月」に主演する。

宮沢りえの若い頃の活躍がヤバイ!?

宮沢りえさんは10代の頃に芸能界デビューし、アイドル顔負けの人気を得ていましたよね。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

さらに、20代以降も女優として高い評価を得るなど、女優としての成長を見せています。

そんな宮沢さんなのですが、若い頃の活躍が話題になっているそうです。

では、宮沢さんの若い頃の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、宮沢さんは11歳の頃からモデルとして活躍していて、そこから女優に転身して大成功をしたそうです。

宮沢さんは1984年にモデルになり、その後一気に「週刊セブンティーン」の表紙モデルを務めるなど、大抜擢されたのだとか。

そして、1987年には三井のリハウスのCMに出演し、初代リハウスガールとして多くの人にその存在が知られるようになりました。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

この三井のリハウスのCMに出演したことで宮沢さんの名前が全国区になったと言っても過言ではないのですが、1988年には「ぼくらの七日間戦争」で女優デビューをし、日本アカデミー賞新人賞を受賞しているのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

そして、1989年にはフジテレビのドラマ「青春オーロラ・スピン スワンの涙」でドラマ初主演をしているそうです。

宮沢さんが出演をしたことで映画もドラマも大ヒットしていたのですが、その後、宮沢さんは「ドリームラッシュ」という楽曲で歌手デビューをしてるのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

さらに、1990年にはセカントシングル「NO TITLIST」を発売し、第41回紅白歌合戦にも出場しています。

そして、宮沢さんはその後、1990年にはふんどしだけ締めたふんどしカレンダーやヘアヌード写真集「Santa Fe」を発売して大きな話題となり、社会現象を巻き起こしたのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

この時点で宮沢さんはまだ20歳だったのですが、10代から大活躍していますよね。

さらに、その後も「豪姫」、「エロテックな関係」、「蛍の光」、など約2年ごとに映画に出演しています。

また、1989年と1991年にNHKの大河ドラマにも出演していて「春日局」、「太平記」で見事な演技を見せていました。

そして、1990年にはTBSの「悪魔をやっけろ!」やフジテレビの「いつも誰かに恋してるッ!」など毎クールごとに出演をしていて、1993年には日テレの「西遊記」で三蔵法師役を演じています。

このように10代から20代前半の宮沢さんは女優としてはもちろん、歌手としても活躍し、若くしてヌード写真集を出版して社会現象を巻き起こすなど、ものすごい大活躍をしているのですが、宮沢さんの若い頃の活躍はヤバイですよね。

また、その後も1995年にドラマ「北の気にから95秘密」に出演をしたりしてドラマの中で強い存在感を示しています。

30代になってからも第23回モスクワ国際映画祭で主演女優賞を獲得したり、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得したりしているのですが、10代、20代、30代と常に女優としてトップを走り続けているようです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

なので、今後も、そんな宮沢さんは女優として大活躍していきそうですね。

スポンサーリンク

宮沢りえと貴乃花の破局の驚きの真相とは!?

宮沢りえさんは、女優として活躍するのと同時に私生活でも様々な注目を集めていますよね。

特に現貴乃花親方との破局についてはかなり大きな話題となったのですが、そんな宮沢さんと貴乃花親方との破局の真相について注目が集まっているそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

では、宮沢さんと貴乃花親方の破局の真相とは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、宮沢さんと貴乃花親方(当時・貴花田)は、宮沢さんが19歳の時の年に婚約を発表して大きく世間の話題を集めたそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%99

女優として大人気の宮沢さんと、当時の横綱だった千代の富士を破って大関昇進間近と言われていた貴乃花親方の突然の婚約発表に驚いた人も多かったのですが、ツーショット会見を開いて婚約を報告するなど仲睦まじいところを見せていたのだとか。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%90

そして、そのまま二人は結婚をして宮沢さんは女将さんになるものだと思われていたのですが、突然、二人の婚約が破棄されて破局したという報道が出たそうです。

その報道後、貴乃花親方が大関に昇進した日に自ら宮沢さんとの関係について話していて、

「連絡もとっていないし、会ってもいない」

と明かしたそうです。

さらに、貴乃花親方は宮沢さんに対して、

「愛情がなくなりました。」

とも語って破局を認めたのだとか。

宮沢さんも貴乃花親方の会見の二日後に会見を開いて破局を認めているのですが、突然の破局に世間は婚約発表以上に驚いたそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

この二人の破局についてなのですが、長年謎と言われていたものの、実は宮沢さんのお母さんが宮沢さんが貴乃花親方と結婚をしないように色々と手を尽くしていたことがわかったのだとか。

宮沢さんのお母さんはりえママとして宮沢さんのプロデューサーも務めていて、芸能界にデビューした時から常に宮沢さんの側にいて、その行動を管理していたそうなのですが、女優として人気になり、これからさらに女優として大活躍していく宮沢さんの将来を考えて貴乃花親方との結婚を潰したそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%92

そして、宮沢さんのお母さんは、宮沢さんが貴乃花親方との婚約を諦めるように、親交のあった美川憲一さんに説得するように頼み込んだのだとか。

そのように頼まれた美川さんは電話で宮沢さんに貴乃花親方との結婚を諦めるように説得したそうです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%93

美川さんはロサンゼルスから宮沢さんに電話をかけて

「本当にお嫁に行きたいの?」

と聞いたそうなのですが、その時、宮沢さんは

「行きたい。」

と即答したのだとか。

しかし、美川さんは

「でも、あなたは背負っているものが多い。

あなたは母一人子ひとり。

お母さんが凄い犠牲になってきている。

女将さんになったらどうするの?

ずっと面倒見なきゃいけないのよ。」

と結婚を辞めるように説得したそうです。

こうした美川さんの説得によって宮沢さんは泣きながら貴乃花親方との破局を認めたそうなのですが、宮沢さんと貴乃花親方の破局の驚きの真相ですよね。

ただ、このように無理やり二人の仲を裂いた宮沢さんのお母さんや、それを暴露した美川さんにはかなり大きな非難が集まっていたそうです。

また、美川さんがこうした裏話を公表したのが2014年なのですが、今更そうしたことを暴露したことで、美川さんはさらに非難されることとなったのだとか。

その後、宮沢さんは女優として活動を続け、国内外の賞を多く受賞し、まさに女優として一人前になったのですが、恋愛関係では度々話題になることが多く、その時の破局が尾を引いているとも言われているそうです。

11歳でモデルデビューし、ヌード写真集を発売して社会現象を巻き起こすなど若い頃の活躍が話題になっている宮沢さんなのですが、貴乃花親方との破局が今頃になって暴露されて注目されるなどしていて、今後もそんな宮沢さんは様々な話題を提供してくれそうですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・宮沢りえが離婚に至った経緯がヤバイ!?森田剛との熱愛のその後がヤバイ!?

・宮沢りえの刺青の画像がヤバイ!?劣化の驚きの進行度合いとは!?

このページの先頭へ