原田泰造の学歴に対するコンプレックスがヤバイ!?演技へのこだわりが経歴から明らかに!?

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%abお笑いトリオ・ネプチューンとして活躍しているのが原田泰造さんですよね。

原田さんは芸人の他にも俳優として大活躍しています。

そんな原田さんなのですが、学歴に対するコンプレックスが話題になっているそうです。

さらに、原田さんの演技に対するこだわりに注目が集まっているのだとか。

そこで、ちょっと気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:原田 泰造(はらだ たいぞう)
本名:原田 泰造(はらだ たいぞう)
生年月日:1981年1月28日(35歳)
出生地:広島県
身長:177cm
血液型:B型
所属:ワタナベエンターテイメント

・1991年:ワタナベエンターテイメントのオーディションに合格する。
・1994年:ネプチューンを結成する。
・1995年:ドラマ「ママに宿題」に出演する。一般女性と結婚する。
・2000年:ドラマ「編集王」でドラマ初主演する。
・2008年:大河ドラマ「篤姫」に出演する。
・2016年:ドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」に出演する。

原田泰造の学歴に対するコンプレックスがヤバイ!?

お笑い芸人の中でも俳優として大活躍しているのが原田泰造さんですよね。

2016-12-07_103529

原田さんは、大河ドラマにも出演するなど様々なドラマに出演しています。

そんな原田さんなのですが、学歴に対するコンプレックスが話題になっているそうです。

では、原田さんの学歴に対するコンプレックスとは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、原田さんは東京都立農芸高等学校を卒業していて、最終学歴は高卒となっているそうです。

そして、原田さんが農業高校に行ったのは、実家がお弁当屋を経営していたので、そのお弁当屋を継ぐ気で農業高校に行くことを選んだのだとか。

原田さんの実家は、東京都東村山市でお弁当屋さんを経営していて、両親とお姉さんが働いていたのですが、実家を継ぐにあたって

「何も知らないよりは何か知っていた方が良い」

ということで農業高校に入学したそうです。

原田さんが卒業した東京都立農芸高等学校は偏差値44だそうなのですが、そんな原田さんは東大卒の人に対してかなりの学歴コンプレックスがあるのだとか。

それが明らかになったのはTBSで放送された「林先生の初耳学」という番組の中のことで、その中で原田さんは

「僕は農業高校出身だから、東大卒業の人が悔しがると本当にうれしい。」

と語り、東大卒の林修さんに

「先生、漢字で葡萄って書けますか?」

と質問をしたそうです。

2016-12-07_103913

原田さんにそのように言われた林さんは、上手く葡萄という漢字を書けなかったそうなのですが、それを見て原田さんは

「やったぁ!なんだよ、この無様な姿!」

と大喜びしていたのだとか。

その時の原田さんは、かなりはしゃいでいたそうなのですが、そのように林さんの失敗を喜ぶ原田さんの学歴コンプレックスはヤバイですよね。

ただ、ネプチューンは、名倉潤さんが市川高等学校を卒業し、堀内健さんが神奈川県立逗葉高等学校を卒業していて、全員が高卒となっています。

2016-12-07_104039

なので、普段はグループ内で学歴コンプレックスを感じることなどは、ほとんどなかったようです。

ただ、今後もバラエティ番組などで高学歴タレントとの共演があったときには、原田さんの学歴コンプレックスが発揮されることがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

原田泰造の演技へのこだわりが経歴から明らかに!?

原田泰造さんは、お笑い芸人としてよりも俳優としての姿の方が露出が多くなってきている感じがしますよね。

2016-12-07_104723

原田さんの演技力も高く評価されているのですが、そんな原田さんの演技へのこだわりが経歴から明らかになったそうです。

では、原田さんの演技へのこだわりというのは、一体、どのようなものなのでしょうか。

そこで調べてみると、原田さんは、高校生の頃からジュノンスーパーボーイコンテストなどに応募をしたりして芸能界を目指していて、1991年に渡辺プロダクションのオーディションに合格したことことから芸能界入りしているそうです。

2016-12-07_104337

ちなみに、もともとはお笑いではなく、俳優志望だったそうなのですが、その後、原田さんは堀内健さんと「フローレンス」というコンビを組み、1994年にそこに名倉潤さんが加入してネプチューンとなったのだとか。

ネプチューンとして活動を開始した原田さんは「タモリのボキャブラ天国」などに出演をして人気となり、2003年には冠番組の「ネプリーグ」が放送されるようになり、現在も「ネプリーグ」は人気番組として放送されています。

2016-12-07_104424

そして、俳優としての原田さんは1995年に出演したドラマ「ママに宿題」でドラマ初出演をしたことをきっかけに、1998年にネプチューンとして映画「どつきどつかれ」に映画初主演し、2000年のドラマ「編集王」でドラマ単独初主演を務めています。

その後も様々なドラマや映画に出演をしているのですが、大河ドラマにも2008年の「篤姫」、2010年の「龍馬伝」に出演をしていて、その演技力が高く評価されています。

2016-12-07_104513

そして、そのように芸人ながらも長年俳優として活動している原田さんなのですが、俳優としての活動を始めた当初、原田さんは不安の連続で、特に分厚い台本を読むと、

「うわぁ、これだけのセリフ覚えられるかな」

とさらに不安になっていたそうです。

しかし、何本も作品に出演し、そうしたことを何度も乗り越えていく内に自信がついてきて、

「まぁ、今回も大丈夫だろう。」

と思うようなって、大きな仕事も乗り越えられるようになってきたのだとか。

そのように様々な作品に出演し、そうした経験から演技については、

「楽しくやる。自然にやる。大きく見せない。」

ということを意識するようになったそうなのですが、原田さんの演技に関するこだわりは相当なものですよね。

また、そんな原田さんは韓国人俳優のイ・ビョンホンさんと似ていると言われているそうなのですが、韓国のイケメン俳優と言われるイ・ビョンホンさんとそっくりなので、そうしたところからも原田さんの俳優としての活動が成功するというのも納得ですよね。

2016-12-07_104628

そして、そんな原田さんは在日韓国人ということも言われていて、本名は金泰造と言われているそうなのですが、これについてはあくまで噂に過ぎないようです。

最終学歴が高卒ということで東大卒の林修さんに番組の中で漢字の問題を出して絡むなど、その学歴コンプレックが話題になった原田さんなのですが、もともと俳優志望だったことに加えて、これまで様々な作品に出演した経歴から、より楽しく自然にやるようしているという演技へのこだわりも明らかになったということで、今後もそんな原田さんには注目していきたいですね。

スポンサーリンク

続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

・原田泰造が嫁と結婚に至った経緯がヤバイ!?性格と心の闇の驚きの関係性とは!?

このページの先頭へ